コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 情報提供 > 医療関係者向け セミナー・イベントのお知らせ > レジデントプログラム > レジデントプログラム詳細 > 肝胆膵外科

肝胆膵外科

レジデント1日体験プログラム 肝胆膵外科

東病院 肝胆膵外科のPRポイント

特徴

当科は、肝臓がん、胆道がん、膵臓がんなど肝胆膵領域の悪性腫瘍に対する手術を担当しています。特徴は、低侵襲な腹腔鏡手術から他院で切除不能と判断された患者さんへの集学的治療後の手術まで、一人一人の患者さんにとって最適なタイミングで最適な治療を心掛けて診療している事です。そのために、科の垣根を取り払い肝胆膵内科とは週3回全ての入院患者さんのレビューを合同で行い、さらには肝胆膵内科放射線診断科放射線治療科とともに毎週1回カンファレンスを行い、正確な進行度診断と治療方針を検討し、チーム肝胆膵として治療に取り組んでいます。

研修システム

基本的には、一人の患者さんをスタッフ医師とレジデント医師(がん専門修練医)が組になって担当します。レジデント医師は、スタッフ医師の指導のもと担当患者さんの手術適応、術式、手術手技、術後管理などについて学び、グループ全体を把握することでより多くの経験を得ることが出来ます。さらに、肝胆膵内科、放射線診断科、病理診断科などをローテート研修することで、肝胆膵領域癌に対する診断から治療までを包括的に学びます。 また、いわゆる「屋根瓦式」研修で、レジデント医師同士は先輩医師が後輩医師を教えサポートし、時には後輩医師が先輩医師を刺激し、互いに切磋琢磨して研修を行っています。研修卒業後は全国の中核病院に各々赴任し活躍の場を広げており、そのような仲間が全国に得られる事も当科での研修の醍醐味と言えると自負しています。

手術

一般的に肝胆膵領域癌に対する手術症例は比較的少なく、高度な手術手技が要求されることからも、若手外科医が執刀あるいは目の当たりにする機会は限られています。しかし、当科では専門施設として手術症例数が豊富であり、レジデント医師にとっても経験する機会が多く、日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医および内視鏡外科学会 技術認定制度の資格取得を目指した修練も可能となっています(ただし、取得を約束するものではありません)。

研究

各種学会のみならず非公式の研究会などが数多く開催されており、最新の知見や動向を肌身で感じ学ぶことが出来ます。レジデント医師も学会活動を積極的に行っており、豊富な症例数から統計処理やデータ解析を学び、その成果を大きな舞台で発表することも出来ます。実際に、ガイドラインに引用される論文を執筆したレジデント医師もいます。そうした研究活動から新たな治療戦略や周術期管理の新しい知見が得られ、最終的にはそれらを患者さんに還元することを目標としています。また、連携大学院との協力のもと、そのような研究活動を通じて学位を取得することも可能です。

メッセージ

現在は、がん専門修練医と合わせて計9名のレジデント医師が所属しています。当科では、全国各地から集まった志高いライバルと日々切磋琢磨しながらがん医療を学び、貴重な経験を得ることが出来ます。皆さんのやる気に応えられる環境がここにはあります。ぜひ一度見学にお越しください。

1日体験プログラム情報

複数日程の体験

対応の難しい日

特になし

備考

希望の日程に合わせて、手術予定を参考に体験プログラムの予定を組みます。 1日でも複数日程でも対応可能ですので、ご連絡ください。

1週間のスケジュール

 
7:40 病棟回診
7:50 病棟カンファレンス
(肝胆膵内科合同)
抄読会 病棟カンファレンス
(肝胆膵内科合同)
研究発表会 病棟カンファレンス
(肝胆膵内科合同)
8:45 手術 (手術が無い日もあります。お問い合わせください。)
16:00 病棟回診
17:00   カンファレンス
(肝胆膵内科、
放射線診断科、
放射線治療科合同)
  勉強会  

先輩レジデントからのメッセージ

相澤栄俊(レジデント3年目)

当科では手術症例が豊富で多くの手術に参加できます。また内科・病理科・放射線科等のローテ―トが可能で、総合的にがん治療を学ぶことが可能です。がん治療を学ぶ上で非常に充実した環境にあり、向上心のあるレジデントが切磋琢磨しながら日々学んでいます。興味のある方はぜひ見学にお越しください。期待を上回る環境がここにはあります。一緒にSurgical Oncologistを目指しましょう。

各長からのメッセージ

肝胆膵外科長 後藤田直人

肝胆膵外科手術症例を豊富に経験しながら、様々な研究や学会発表も行う事が出来ます。High qualityな技術と知識が習得できる意欲的な外科研修を用意してお待ちしています。