コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 形成外科 > 各種治療 > 頭頸部再建について

頭頸部再建について

概説

頭頸部は食事、会話、呼吸といった生活に重要な組織があります。そのため、切除によって大きな欠損を生じた場合、そのままでは食事、会話、呼吸に重大な障害がもたらされるため、欠損部を修復する必要があります。この欠損部に体の他の部分から皮膚、皮下組織、筋肉、骨などを移植して修復することを再建といいます。

再建方法

  1. 舌の切除後:腹部や大腿部から組織の移植を行い、舌の形を再建します。
  2. 喉・食道の切除後:腹部、大腿部からの移植や、空腸の移植を行い、食物の通り道を再建します。
  3. 顔の骨の切除後:金属プレートや骨を移植し、顔の形や機能の再建を行います。
  4. 神経の切除後:神経の移植を行い、神経の再生を促します。
  5. その他:口唇、鼻、顔面皮膚、鼻の再建を行います。