コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 精神腫瘍科

精神腫瘍科

精神腫瘍科トップイメージ

お知らせ

精神腫瘍科について

「精神腫瘍科」という部門名は、あまり聞きなれないことと思われます。この部門はがんの告知が一般的になった1970年代ごろから発展してきた比較的新しいものです。精神腫瘍科は、がんの治療においてあらゆる時期のがん患者さん、ご家族の方々に最適の心のケアを提供し、最適ながんの治療が実施できるよう手伝いすることを目的とした部門です。

2人の常勤スタッフ医師(先端医療開発センターと兼任)を中心に、非常勤医師、がん専門修練医、レジデントの精神科医、心療内科医など心の支援を専門とする医師と心理士がチームを組んで診療を行っています。特に当院においては、高齢の方が多いことから、認知症や介護保険、家族支援など高齢者の方への支援を意識した取り組みをすすめています。