コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 放射線治療科 > 診療について

診療について

診療内容

放射線治療は悪性腫瘍の治療の根幹となる治療法のひとつであり、当科では当院の全科を受診される患者さんを対象にして、疾患の種類や状態に応じた様々な放射線治療を行っています。当科の特徴は、放射線治療医が一人の患者さんの治療にかかわる他の外科医、内科医、精神科医、緩和治療グループ、ソーシャル・ワーカーらからなる医療チームとの緊密な連携の中で治療の計画・実施・経過観察をおこなっていることです。色々な治療法の中から放射線治療を適確に選択し、患者さんに応じて他の方法(手術、化学療法、ホルモン療法など)を適切に組み合わせて治療することを目指しています。

臓器や機能の温存を目指した、放射線治療と化学療法を組み合わせた治療法を、患者さんの状態に応じて積極的に取り入れています。機能的・整容的に重要な頭頸部、食道、直腸などの骨盤臓器、乳腺などに発生した進行がんに対して、化学放射線治療を用いた臓器・機能温存治療をチーム医療の形で実施しています。血液腫瘍に対する同種造血幹細胞移植の前処置としてとして、全身照射も開始予定です。
また、I/II期肺がん、5センチメートル以下の肝細胞がんに対して、高線量を数回に分けて照射する定位体幹部放射線治療(SBRT)も実施しており、より高精度な治療も行っております。今後、脳転移に対する定位手術的放射線治療(SRS)も導入予定です。

肺がん、膵臓がんでも標準治療として、あるいは新しい治療法の開発に向けた臨床研究の一部として化学放射線治療を取り入れています。

新しい技術の導入と評価、品質管理に力を入れています。陽子線治療(関連リンクをご覧ください)は先進医療として行っています。頭蓋底腫瘍、鼻・副鼻腔腫瘍、上咽頭腫瘍の一部、前立腺がん、肝細胞がん、肺がん、食道がん、小児がんを対象にしていますが、今後適応の拡大に向けて研究をすすめています。2015年10月より、複雑な形状の腫瘍に対応できる「陽子線ラインスキャニング照射法」による治療を開始しており、世界最先端の治療を行う事も可能です。
前立腺がんや進行した頭頸部がんに対して、より確実に、より少ない副作用で治癒を目指す方法として強度変調放射線治療(IMRT)を積極的に取り入れています。その他の通常の放射線治療に加えて、これらの先進医療技術を安全かつ有効に行うために、品質管理の実施とさらに高い品質の獲得を目指した研究に力を注いでいます。
治療期間や回数にかかわらず定額で、先進医療(陽子線)(関連リンクをご覧ください)には2,883,000円が全額自己負担の形で必要です。強度変調放射線治療、及び小児がん(限局性の固形悪性腫瘍)に対する陽子線治療は保険適応となりました。

骨や脳などへの転移に伴う疼痛や神経症状を緩和するための放射線治療を行っています。多発性骨転移で疼痛を伴う患者さんには、状態に応じて非密封β線源(ストロンチウム89)製剤を用いた疼痛緩和治療が選択される場合があります。

診療実績

放射線治療患者数の年次推移