コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 情報提供 > 医療関係者向け セミナー・イベントのお知らせ > レジデントプログラム > レジデントプログラム詳細 > 放射線治療科

放射線治療科

レジデント1日体験プログラム 放射線治療科

東病院 放射線治療科のPRポイント

特徴

放射線治療は手術・化学療法と並ぶがん治療の3本柱の1つであり、全身のがんに対する放射線治療を一手に担っているのが放射線治療科です。

東病院の放射線治療科には高精度放射線治療機器が整備されており、強度変調放射線治療(IMRT)や画像誘導放射線治療、体幹部定位放射線治療(肺、肝臓)などの高精度放射線治療を行っています。なかでも頭頸部がんに対するIMRTは年間100例以上施行しており、短期間に数多くの症例を経験しその技術を習得することができます。

また、当院の特徴の1つである陽子線治療は病院設置型陽子線治療施設の国内第1号であり、全ての医師が光子線治療・陽子線治療の双方に携わっているため、光子線治療との適応の比較や効果・副作用の相違、化学療法を併用した陽子線治療など、陽子線治療施設のなかでも限られた施設でしか得られない貴重な経験ができます。さらに、2015年10月より、複雑な形状の腫瘍に対応できる「陽子線ラインスキャニング照射法」による治療を開始しており、世界最先端の治療を行う事も可能です。

これらの特殊治療のみならず、緩和的な放射線治療を含めた年間新規治療件数は1,800件以上と国内でも屈指の件数であり、一般的な治療も多く経験することができます。

教育体制

また、他科へのローテーションや中央病院での短期研修等も可能ですので、放射線腫瘍医として必要な幅広い技能と知識を習得する環境が整っています。各領域の他科とのカンファレンスも充実しており、各臓器のがんに関する数多くの臨床試験にも参加していますので、臨床試験の考え方や臨床試験を通した標準治療の知識も習得することが可能です。

欧米ではがんと診断された患者さんの6割以上が治療の過程で何らかの形で放射線治療を受けており、日本でも放射線治療を必要とされる患者さんが、年々増えてきています。また、近年、コンピュータや機械工学の発達による技術革新が著しく、放射線治療はがん治療のなかでも発展性が期待できる非常にやりがいのある分野の1つであり、当科でも粒子線医学開発分野として、研究・開発にも携わっています。

実際の治療画像

  • 陽子線治療

    陽子線治療

  • IMRT

    IMRT

メッセージ

今回の1日体験プログラムでは、放射線腫瘍医の日常診療を見ていただき、多くの方に放射線治療の魅力を実感していただければと考えております。ぜひ見学にいらしてください。

注: 放射線治療を行うためには、医学物理士、診療放射線技師、看護師などとの密接な連携が必要となります。当院は医師以外のスタッフも充実しており、高い専門性をもって診療を行っています。当プログラム期間に限らず、幅広い職種の見学・研修を受け入れておりますので、お気軽にお問い合わせください。

1日体験プログラム情報

複数日程の体験

お勧めの曜日・プラン

特に興味のある領域によっても変わりますので、お問い合わせください。

対応の難しい日

特にございません。

備考

放射線治療科での診療の全体(治療方針決定→治療→経過観察)を時間の許す範囲で体験していただければと考えています。また、放射線治療全般についてのミニレクチャーなども予定しております。

下記はあくまで研修の1例で、1週間連続の場合のモデルケースです。研修期間などにより内容は適宜変更いたしますので、希望などがあればお申し出ください。

1週間のスケジュール

 
8:00
から
8:30
新患・治療計画前カンファ
8:30
から
12:00
治療計画
診察見学
治療計画
診察見学
治療計画
実習
診察見学 治療計画
総括
12:00
から
13:00
昼食
各科合同
カンファ
    16:00 呼吸器    
17:00 肝胆膵  
17:30 頭頸部
18:00 泌尿器   18:00 乳腺
(第1、3)
  18:30 食道  

先輩レジデントからのメッセージ

平野 靖弘(平成28年度がん専門修練医卒業)

症例数が大変豊富で、十分な症例を経験できます。科内および他科とのカンファレンスは充実しており、疾患に対する治療方針について誰でも自由に発言する場となっています。放射線治療科のスタッフの人数は多く、日々疑問点に対していろいろな意見を聞くことができます。医学論文の読み方についても十分に学ぶ機会があり、勉強になりました。当院での研修で放射線腫瘍学の基礎をしっかり学べると思います。

各長からのメッセージ

放射線治療科長 秋元 哲夫

強度変調放射線治療を始めとする高精度放射線治療、患者さんの視点に立った緩和的放射線治療および陽子線治療の技術を研修する最適な環境が整っています。患者さんに優しい精度の高い低侵襲の治療を学びましょう。