コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 情報提供 > 医療関係者向け セミナー・イベントのお知らせ > レジデントプログラム > レジデントプログラム詳細 > 呼吸器内科

呼吸器内科

レジデント1日体験プログラム 呼吸器内科

東病院 呼吸器内科のPRポイント

特徴

呼吸器内科が診療する主な疾患は、肺がん、縦隔腫瘍、胸膜腫瘍です。年間400名以上の患者さんに新たに治療を行っており、豊富な診療経験を得ることができます。

胸部レントゲンやCTの読影、気管支鏡(EBUS-GS、EBUS-TBNA、Cryoprobe)やCTガイド下生検などによる診断から始まり、抗がん剤や放射線治療、緩和ケアなどの治療を幅広く行っており、肺がん診療に必要不可欠な診療技術のすべてを習得することができます。カンファレンスでは患者さんの治療についての活発なディスカッションが行われています。カンファレンスを通じて、EBMの日常臨床への応用、抗がん剤治療の有害事象への対応を学ぶことができます。多くの臨床試験・治験が行われており、最先端の治療にかかわることで、現在の標準治療だけでなく、これからの肺がん治療を体感できます。

教育体制

当科ではレジデントの教育に力を入れており、当科での臨床研究や、先端医療開発センター ・臨床腫瘍病理部でのトランスレーショナル・リサーチや基礎研究を積極的にサポートしているため、レジデント全員が国際・国内学会での発表、英文論文作成をしています。

メッセージ

1日体験プログラムでは、当科での研修を、実際に肌で感じていただければと思います。肺がん診療の腕をさらに磨きたいという方だけでなく、肺がん診療はほとんど経験がないけど興味があるという方も大歓迎です。1日で物足りなければ、ぜひ呼吸器内科のレジデントになって、一緒に診療を行いましょう!

1日体験プログラム情報

複数日程の体験

お勧めの曜日・プラン

水曜日(半日も可:要相談)

対応の難しい日

第2火曜日、6月2日から9日(ASCO)、7月27日、28日(JSMO)

1週間のスケジュール

 
8:30 外来または病棟業務
12:00 昼休み
13:00 気管支鏡 CTガイド下
生検
気管支鏡 気管支鏡 病棟業務
16:00     内科
カンファレンス
 
17:00   手術症例
カンファレンス
   

先輩レジデントからのメッセージ

太田 登博(レジデント2年目)

まだ1年間ではありますが、多くの患者さんの診療を通じて、がん 診療を一から学ぶことができ、充実した研修生活を過ごしています。私は、市中病院から来たため、がん診療の経験は少なかったのですが、指導医のサポートにより、安心して診療ができています。私も実際に臨床研究を立案・実施しており、専門医や学位(連携大学院)の取得も目指しています。皆さん、是非見学に来てください!

各長からのメッセージ

Coming Soon...