コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 受診・相談案内 > 外来・受診 > 受診される方へのお知らせ

受診される方へのお知らせ

リスクマネージャーについて

当院では各診療科・各看護単位・各部門にリスクマネージャーを配置しております。リスクマネージャーは安全かつ適切な医療、看護の提供が出来るような体制作りの役割を担っております。外来や入院生活ではリスクマネージャーが各職場に於ける医療事故の原因および防止方法ならびに医療体制の改善方法についての検討および提言を行っております。

盲導犬、介助犬、聴導犬の介助を必要とする方へ

ご利用の際には、医事室受付にご相談ください。

患者・家族の皆様へ

職員への謝礼は固くお断りいたします。

ご面会の方へ

当院には、免疫力の低下した患者さんが多くいらっしゃいます。感染予防のため、風邪をひいている方およびお子様の面会は、ご遠慮ください。やむを得ず面会が必要な場合は、看護師にお申し出ください。

栄養サポートチームについて

当院では、栄養サポートチーム(医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師などで構成)が患者さんの病状に応じて栄養管理を援助しています。

緩和ケアチームについて

当院では、担当医からの依頼に基づいて緩和ケアチーム(緩和ケア医、精神科医、看護師、ソーシャルワーカー、薬剤師等で構成)が身体的な苦痛(痛み、息苦しさ、など)や精神的な苦痛(不安、不眠、抑うつなど)を和らげる治療に当っています。

レジデント・がん専門修練医(チーフレジデント)制度について

当院にはがん診療の専門家を養成するためのレジデント・がん専門修練医制度があり、若手医師の多くはこの制度のもとで診療に従事しております。大学病院や一般の病院における初期研修制度とは異なり、既に一定の臨床経験を積んだ医師がさらに専門性を高めるための特別な制度です。皆様のご理解をお願い申し上げます。

「サポーティブケアセンター/がん相談支援センター」について

患者さんがより安心して療養されるために、障害となる看護および生活上の諸問題や心配事の相談を、看護師・ソーシャルワーカー・薬剤師・管理栄養士がお受けしています。ご家族からの相談にも対応しています。

敷地内全面禁煙について

当院は、がんに対する先駆的な医療・研究・検診等を行う立場にあり、患者さんへの治療効果や社会的な影響を考慮し、禁煙対策に取り組んでまいりました。加えてがん研究センターは「喫煙と健康」WHO指定研究協力センターでもあり、平成18年1月1日より敷地内における喫煙を全面的に禁止いたしました。敷地内全面禁煙について、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。