コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 臨床検査部 > 臨床検査部の紹介

臨床検査部の紹介

当院の臨床検査部門は、公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)の国際標準規格「ISO15189 (臨床検査室-品質と能力に関する特定要求事項)に基づき認定された臨床検査室(2013年11月13日認定取得 認定番号:RML00780)で、精度の高い良質な臨床検査(検体検査・生理機能検査・病理検査など)を行い、高度ながん医療に迅速に対応できる品質の高い検査データを診療部門に提供しています。
職員は、医師(科長・医長など)、臨床検査技師、事務助手で構成されています。

基本方針

  1. 常に迅速で精度の高い検査データを提供するように努める
  2. 新しい知識・技術の取得と専門性を高め、学術・研究活動を積極的に行なう
  3. 5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)の徹底に努める

部門構成

  1. 検体検査(生化学・免疫・血液・一般・細菌など)
  2. 生理機能検査(心電図・呼吸機能・脳波・聴力・超音波など)
  3. 病理検査(細胞診・組織診・遺伝子など)
  4. 輸血検査(血液型・不規則抗体・フローサイト・輸血用製剤管理など)
  5. 細菌検査(菌名同定・薬剤感受性・抗酸菌PCRなど)
  6. 治験検査(企業主導・医師主導など)
  7. 診療支援(外来採血・臨床研究など)
  8. 管理部門(ISO15189システム管理・事務など)

精度保証体制

  1. 当臨床検査科は、臨床検査室の国際標準規格である「ISO15189:2012(英和対訳版)」の認定を取得しています。ISO規格もマネージメントシステムの要求事項及び技術的能力の要求事項から逸脱しないように、内部監査制度により検査室業務の継続的改善に努めています。
  • 認定された臨床検査室:公益財団法人 日本適合性認定協会(関連リンクをご覧ください)

ISO15189:2012(英和対訳版)臨床検査室

  • ISO15189:2012(英和対訳版)臨床検査室画像1
  • ISO15189:2012(英和対訳版)臨床検査室画像2
  1. 臨床検査データの精度管理は、日常の内部精度管理及び各種団体等が定期的に行なう 外部精度管理調査(検査室間比較プログラム)に参加し、第三者評価を受審しています。

参加している外部精度評価調査

  • 日本医師会臨床検査精度管理調査
  • 一般社団法人日本臨床衛生検査技師会臨床検査精度管理調査
  • 一般社団法人千葉県臨床検査技師会精度管理調査
  1. 各種専門学会に参加し、知識・技術の習得及び専門分野の資格取得に努めています。

参加している学会など

  • 日本臨床衛生検査技師会
  • 国立病院臨床検査技師協会
  • 日本臨床細胞学会 
  • 日本超音波医学会
  • 日本超音波検査学会
  • 日本臨床微生物学会
  • 日本輸血細胞治療学会
  • 日本医学検査学会
  • 日本染色体遺伝子学会
  • 日本臨床検査自動化学会
  • 国立病院総合医学会

在籍する認定資格者

  • 細胞検査士 6名 
  • 超音波検査士(消化器、体表領域) 3名
  • 認定輸血検査技師 1名
  • 認定血液検査技師 1名