コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 臨床検査部 > 各検査部門の紹介

各検査部門の紹介

検体検査室(生化学・血清・血液・一般)

患者から尿、血液、痰、組織などの検体(材料)を採取し、それらを化学的あるいは形態学的に検査を行い、各種臓器の異常やがん細胞の有無を調べます。

生化学/免疫血清検査

生化学/免疫血清検査画像

肝・腎など臓器の機能検査や、蛋白、唐、脂質などの代謝関連検査などを行っています。 また、がんの診断や経過観察に必要とされる腫瘍マーカー検査やがん治療に係わる感染症検査(ウイルスなど)を行なっています。

血液検査

血液検査画像

血算

多項目自動血球分析装置を用いて、血液の成分である赤血球、白血球、血小板の数やヘモグロビン(Hb)、ヘマトクリット(Ht)、平均赤血球容積(MCV)、網状赤血球数(Ret)などの検査を行っています。貧血や白血球減少の程度などを調べ、各疾患の急性期や回復期の評価やがん治療による臨床的効果の評価を行います。

血液像

塗抹標本作成装置を用いて抹消血液をスライドガラスに塗抹し染色を行い、顕微鏡を用いて観察することで、赤血球や白血球及び血小板などの形態異常やがん細胞などの異常細胞の出現率などの検査を行います。

骨髄検査

骨髄穿刺によって採取された骨髄液について、有核細胞数・巨核球数を算定し、染色、鏡検を行なって個々の細胞分布(比率)と形態の観察を行ないます。造血機能とそれに関する疾患(白血病や骨髄腫、がんの転移など)の診断に不可欠な検査です。

凝固検査

止血に必要な物質(因子)を測定し、凝固因子能と線溶能の異常の有無を検査します。血栓予防薬を服用している患者さんの薬物(例:ワルファルン)モニターリングや血友病(AorB)の診断などに利用されます。

一般検査

尿、便、脳脊髄液、胸水・腹水などの、排泄液・排泄物・分泌液あるいは穿刺液などを対象とする検査である。

輸血検査室

輸血検査室

輸血は、血液疾患(白血病など)や出血リスクを伴う手術や外傷など様々な理由によって失われた血液やその機能を他人の血液(同種血)によって補う医療行為です。輸血を行う際は、輸血前に採血された血液を用いて、血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験などを行います。

血液型検査

ABO血液型とRh血液型(D因子)の2項目の検査を行っています。輸血をする際は、原則としてABO式血液型が一致した血液を輸血する必要があり、異なった血液型の血液を輸血すると重篤な溶血性副作用(Hemolytic transfusion reactions:HTR)を起こします。

不規則抗体検査

不規則抗体は、輸血や妊娠、移植などによって産生され、輸血予定、待機的手術予定患者などは、予め不規則抗体の有無を調べておくことで、抗体が検出された場合に抗体の特異性に適合した輸血用血液製剤を、時間的余裕を持って準備することができます。また、頻回に輸血療法を行なう患者の場合は、二度目以降の輸血により感作(輸血された赤血球の膜上の抗原に対して免疫反応が起こること)され増加したIgG 同種抗体が原因でおこる遅発性輸血副作(Delayed hemolytic transfusion  reaction)を回避することができます。

交差適合試験

輸血用血用血液製剤と患者血液との間に血液型抗体に起因する抗原抗体反応が起こるかをあらかじめ試験管内で検査し、血液型不適合による副作用を未然に防止する手段が交差適合試験です。

その他
  1. 直接クームス検査
    IgG抗体および補体成分が赤血球に結合しているか否かを検査します
  2. 間接クームス検査
    血清中のIgG抗体や不規則抗体を検出するための検査です。
  3. その他の血液型(ABO式血液亜型など)
    ABO式、Rho(D)式以外の血液型の検査とABO式血液型が確定できない場合の検査です。

病理検査室

主な業務は、病理組織検査、細胞診検査、病理解剖です。患者さんから採取した組織、細胞を臨床検査技師が染色標本の作製を行い、病理医が顕微鏡で観察し、最終診断をしています。またレジデント医師およびがん専門修練医の研修を積極的に受け入れており、病理医とのディスカッション、カンファランスでの発表が頻繁に行われています。

  • 病理検査室

    多人数によるディスカッション

  • 病理検査室

    乳腺カンファランスの模様

病理組織検査

内視鏡検査、針生検などで採取された組織(生検材料)や手術で摘出された臓器(手術材料)をホルマリン溶液で固定します。手術材料の場合は、摘出した臓器の肉眼観察を行い、診断に必要な部分を切り出します。それぞれの材料はパラフィンで固めて約3/1,000ミリメートルの薄さに切ります。その切片をスライドグラスに貼り付け、通常はヘマトキシリン・エオジン染色(以下:HE染色)を実施し標本を作製します。この標本を病理医が顕微鏡で観察し、組織構造および個々の細胞形態を評価し、病変の診断を行います。がんの摘出材料の場合は、がん病変の大きさ、広がり、リンパ節転移の有無などを確認し、がんの最終的な病理組織診断を行います。

  • 左肺上葉切除標本画像

    左肺上葉切除標本

  • 肺腺癌組織画像

    肺腺癌組織

  • B細胞性悪性リンパ腫画像

    B細胞性悪性リンパ腫
    (免疫組織化学標本)

免疫組織化学検査

がんには多くの種類(組織型)があるため、HE染色標本だけではがんの組織型が決定できないことがあります。このような場合に免疫組織化学検査を行います。未染色の切片に対し、さまざまな種類の抗体を反応させ、がん細胞の由来、性質を特定することで、がんの組織型を決定します。病理検査室では約100種類の抗体が備えてあります。

細胞診検査

喀痰、尿、胸水、腹水、乳腺、子宮などから採取された細胞をスライドグラスに塗布後、エタノール溶液で固定を行い、通常はパパニコロウ染色(以下:Pap染色)を実施し標本を作製します。この標本を細胞検査士の資格を有する臨床検査技師が顕微鏡で詳細に観察し、異常な細胞を探し出しマークをつけ、病理医が異常細胞を診断します。細胞診検査は組織検査に比べて身体への浸襲が少ない検査であり、検体採取が比較的容易なことから繰り返し検査を行いやすく、組織検査よりも早く結果がでる利点があります。

  • 胸水中の腺癌細胞画像

    胸水中の腺癌細胞

  • 肺小細胞癌画像

    肺小細胞癌

  • 大腸腺癌細胞画像

    大腸腺癌細胞

術中迅速検査

手術中に病理組織学的判断が必要になる場合に行います。がんの手術の場合は切除断端およびリンパ節のがん細胞の有無を診断することが、追加切除や手術の終了を決定するのに役立っています。摘出された病変は瞬間凍結し10分程度でHE染色標本を作製します。この標本を病理医が顕微鏡で観察し、速やかに診断結果を手術室に報告します。腹水などの細胞診検体も術中迅速検査として提出されます。10分程度でPap染色標本を作製し、細胞検査士2人と病理医が顕微鏡で観察し、速やかに診断結果を手術室に報告します。

病理解剖

不幸にも患者さんが亡くなられた場合、ご遺族の理解と承諾を得て、病理解剖を行っています。直接死因を解明し、病気の進行状況や治療効果の判定、臨床上の疑問点を明らかにすることを目的としています。「剖検症例検討会」を開催し、今後の治療と診断に役立たせていただいております。

細菌検査

細菌検査画像

細菌検査室の紹介

細菌検査室では人から由来する排泄物や体液・血液などから病気の原因となる細菌を検査しています。院内感染対策・ICT委員会にも積極的に参加し、院内の感染防止に重要な役割を果たしています。

検査項目

細菌検査・薬剤感受性検査

生体材料から検出された細菌を検査し、菌種を同定します。細菌感染症に有効な薬剤を選択し、臨床に報告します。

血液培養検査

血液を培養することによって、敗血症(体の中に細菌感染巣があり、そこから血液中に細菌が侵入する病態)などの重篤な感染症の原因微生物を検査します。

結核菌培養検査

呼吸器感染による結核菌を培養する検査です。
細菌検査室では液体培養法を導入し迅速に結核菌を検出しています。また遺伝子検査(PCR法)を用いることによって確実な検査を行っています。

生理検査

生理検査室の紹介

心電図検査、呼吸機能検査、超音波検査、脳波検査、聴力検査を行っています。

検査項目

心電図検査

心臓の活動により生じる電気的活動を記録するもので、不整脈や虚血性心疾患など心臓に異常がないか調べる検査です。検査時には、手首、足首、胸部が出るようにして、ベッド上に仰向けで寝て検査を行います。
また、運動をして心臓への負担がないかどうか調べる運動負荷心電図や、24時間の心電図を記録・解析するホルター心電図があります。これらの検査は電極が少し冷たく感じることはありますが、痛みなどはありません。

肺機能検

肺の大きさや働き、呼吸とガス交換がスムーズに行われているかどうかを調べる検査です。検査は口だけで大きく息を吸い込んだり、吐き出したりしていただきます。検査を受けられる方の努力と協力が必要ですので、スタッフの説明をよく聞いて行なってください。

超音波(エコー)検査

超音波(音)を用いて、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱・子宮・卵巣・前立腺などの内臓や、乳腺・甲状腺・血管、さらに心臓の動きなどに異常がないかを調べる検査です。
腹部超音波検査は空腹時に行い、婦人科・泌尿器超音波検査は膀胱に尿が十分にたまってからの検査となりますのでご注意ください。痛みや放射線被爆の心配がなく、無侵襲な検査ですので安心して検査を受けて頂くことができます。

脳波検査

脳が活動するときに発生する僅かな電圧の変化を記録する検査です。そのため頭皮に電極を20個ほど装着します。電極から電気が流れたりすることはありませんのでご安心ください。検査時間は約1時間かかります。

治験検査

厚生労働省から新薬としての承認を得ることを目的とし、未承認薬・適応外薬を用いて安全性や有効性を調べます。当院は、早期・探索的臨床試験拠点として厚生労働省に指定され、がん領域で数多くの治験・臨床研究を実施しています。そのなかで治験検査室は臨床検査に特化した業務を責任医師やCRC等と連携しながら行っています。