多がん種(4) << 国立がん研究センター東病院

多がん種(4)



(1) 対象となるがん:
  食道がん・胃がんの治療後

(2) 使用される新薬(治験薬):
  生分解性ステント(BD-stent)

(3) 実施方法(治験のデザイン):
  医療機器臨床試験

(4) 治験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準):
  以下のすべてに該当する方が対象となります。
  1. 食道がんまたは胃がんの治療後で治癒している方
  2. 難治性良性食道狭窄が認められ、固形食の嚥下が困難な方
  3. 食道狭窄に対して標準的な治療であるEBD(内視鏡的バルーン拡張術)やブジーでは改善しない方
  4. 20歳以上の方
  5. 文書による同意が得られる方
  上記の患者選択基準は概要であり、上記に該当していてもこの治験に参加できないことがありますので、ご了承ください。

(5) 治験責任医師
  矢野 友規

○この治験に関する問い合わせ先:
国立がん研究センター東病院 サポーティブケアセンター
治験問い合わせ担当(病院代表:04-7133-1111/内線2010)

Eメールからのお問い合わせはこちら