平成27年度 国立がん研究センター東病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 137 113 238 717 1288 3572 3320 640 16
○当院は柏市を中心とする東葛北部地区と、千葉県全域及び近接する東京・埼玉・茨城を主体として全国に及んでおり、がん診療連携拠点病院としてがん医療を専門的に行っています。がんの特性上、50歳代から患者が増加傾向にあり、特に60歳以上、70歳以上の患者さんが多く来院され、全体の約7割を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
乳腺・腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 48 8.31 9.40 0% 55.75
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 23 7.78 12.36 0% 66.48
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍 手術なし 23 8.13 15.27 9% 68.78
○1位:乳房の悪性腫瘍に対して治療した入院です。
○2位:膀胱腫瘍に対して化学療法を実施した入院です。
○3位:原発不明癌に対して治療を実施した入院です。
血液腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 140 12.66 17.69 4% 66.61
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 51 31.78 43.59 8% 58.86
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 38 26.00 36.93 16% 65.37
○1位:急性白血病に対してリツキシマブの投与を実施した入院です。
○2位:急性白血病に対して化学療法を実施した入院です。
○3位:急性白血病に対して抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置、及びリツキシマブの投与を実施した入院です。 
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 654 10.90 13.38 0% 67.36
040040xx9907xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり 163 11.14 12.92 1% 64.47
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 155 9.83 11.62 0% 63.21
○1位:肺の悪性腫瘍に対して化学療法を実施した入院です。
○2位:肺の悪性腫瘍に対してベメトレキセドナトリウム水和物の投与を実施した入院です。
○3位:肺の悪性腫瘍に対してベバシズマブの投与を実施した入院です。
小児腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070040xx99x3xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等23あり 24 5.71 19.13 0% 24.17
070040xx97x3xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) その他の手術あり 手術・処置等23あり 13 9.31 34.56 0% 20.46
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等23あり 11 4.36 10.26 0% 18.09
○1位:骨の悪性腫瘍に対して化学療法を実施した入院です。
○2位:骨の悪性腫瘍に対して手術、及び化学療法を実施した入院です。
○3位:軟部の腫瘍に対して化学療法を実施した入院です。
肝臓・胆のう・膵臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2なし 85 12.26 16.29 0% 67.06
06007xxx0110xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 46 26.15 35.79 0% 66.50
06007xxx0100xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 27 24.59 25.68 0% 67.37
○1位:肝がん、肝内胆管がん、転移性肝がんなどの悪性腫瘍に対して肝部分切除術等を実施した入院です。
○2位、3位:膵がんなど膵臓の腫瘍に対し膵頭十二指腸切除と併せて血管の合併切除・再建を実施した場合の入院です。
胃外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 118 12.81 16.02 0% 65.43
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 89 14.11 20.63 0% 66.88
060020xx03x0xx 胃の悪性腫瘍 試験開腹術等 手術・処置等2なし 23 6.30 15.54 0% 65.00
○1位:胃の悪性腫瘍に対して腹腔鏡下胃切除術等を実施した入院です。
○2位:胃の悪性腫瘍に対して胃切除術等を実施した入院です。
○3位:胃の悪性腫瘍に対して腹腔鏡下試験切除術等を実施した入院です。 
大腸外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 149 16.03 18.36 0% 61.84
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 130 12.50 17.41 0% 66.21
060040xx03x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 86 10.81 13.41 0% 62.63
○1位:直腸肛門の悪性腫瘍に対して腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術)等を実施した入院です。
○2位:結腸の悪性腫瘍に対して腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術等を実施した入院です。
○3位:直腸肛門の悪性腫瘍に対して人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う)等を実施した入院です。
食道外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx01x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2なし 144 24.89 27.54 1% 69.66
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等21あり 20 34.75 38.26 5% 68.80
060010xx99x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 11 6.82 11.98 0% 71.09
○1位:食道の悪性腫瘍手術に対して胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術等を実施した入院です。
○2位:食道の悪性腫瘍手術に対して食道悪性腫瘍手術等、及び中心静脈注射等を実施した入院です。
○3位:食道の悪性腫瘍手術に対して治療を実施した入院です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 12 6.50 6.14 0% 40.08
080007xx97xxxx 皮膚の良性新生物 その他の手術あり - - 6.31 - -
070041xx01x0xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 手術・処置等2なし - - 19.92 - -
○1位:骨軟部の良性腫瘍に対して皮膚・皮下・粘膜下血管腫摘出術を実施した入院です。
○2位:皮膚の良性新生物に対して四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等を実施した入院です。
○3位:軟部の悪性腫瘍に対して、四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術を実施した入院です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 6.60 - -
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり - - 10.59 - -
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後) 二次的に行うもの - - 18.73 - -
○1位:乳房の悪性腫瘍に対して組織拡張器による再建手術等を実施した入院です。
○2位:リンパ節・リンパ管の疾患に対して、リンパ節吻合術等を実施した入院です。
○3位:乳房の悪性腫瘍に対して動脈弁及び筋弁を用いた乳房再建術を実施した入院です。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 464 9.66 13.03 1% 67.35
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 21 8.19 10.23 0% 62.76
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 16 3.94 3.29 0% 75.56
○1位:肺の悪性腫瘍に対して胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)等を実施した入院です。
○2位:呼吸器系の良性腫瘍に対して胸腔鏡下肺切除術等を実施した入院です。
○3位:肺の悪性腫瘍に対して経気管肺生検法等を実施した入院です。
頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 224 13.81 12.32 0% 66.42
03001xxx01110x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 102 30.88 42.50 1% 64.46
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 37 13.46 9.55 0% 59.78
○1位:頭頸部悪性腫瘍に対して咽頭悪性腫瘍手術等を実施した入院です。
○2位:頭頸部悪性腫瘍に対して遊離皮弁術等、及び人工呼吸等を実施した入院です。
○3位:甲状腺の悪性腫瘍に対して甲状腺悪性腫瘍手術等を実施した入院です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 62 5.79 7.59 0% 69.66
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 43 11.42 14.03 0% 67.58
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 32 10.53 12.99 3% 67.38
○1位:膀胱がんに対して膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)を実施した入院です。
○2位:前立腺がんに対して前立腺悪性腫瘍手術等を実施した入院です。
○3位:腎腫瘍がんまたは腎盂尿管がんに対して腎(尿管)悪性腫瘍手術等を実施した入院です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 445 9.92 9.95 0% 65.83
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 140 11.27 23.57 1% 67.59
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 112 6.77 6.67 0% 60.69
○1位:食道の悪性腫瘍に対して化学療法を実施した入院です。
○2位:食道の悪性腫瘍に対して化学療法及び放射線療法を実施した入院です。
○3位:胃の悪性腫瘍に対して化学療法を実施した入院です。
内視鏡内科(消化器)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 内視鏡的食道粘膜切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 193 7.37 10.17 1% 70.91
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 161 7.48 9.20 0% 71.58
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 55 5.65 7.65 0% 68.02
○1位:食道の悪性腫瘍に対して内視鏡的食道粘膜切除術を実施した入院です。
○2位:胃の悪性腫瘍に対して内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術を実施した入院です。
○3位:結腸の悪性腫瘍に対して早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術を実施した入院です。
頭頸部内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 228 8.46 14.34 1% 55.68
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 107 13.09 41.38 11% 59.62
03001xxx97x3xx 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等23あり 57 26.28 68.26 9% 58.81
○1位:頭頸部悪性腫瘍に対して化学療法を実施した入院です。
○2位:頭頸部悪性腫瘍に対して化学療法、及び放射線療法を実施した入院です。
○3位:頭頸部悪性腫瘍に対して胃瘻造設術等、化学療法及び放射線療法を実施した入院です。
肝臓・胆のう・膵臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 233 8.70 11.98 0% 71.43
06007xxx99x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 215 7.05 10.10 3% 65.84
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 116 11.37 10.93 2% 70.05
○1位:肝内胆管の悪性腫瘍に対して血管塞栓術等を実施した入院です。
○2位:膵臓・脾臓の腫瘍に対して治療を実施した入院です。
○3位:胆管結石・胆管炎に対して、内視鏡的胆道ステント留置術等を実施した入院です。 
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 148 5.04 6.79 0% 61.59
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 85 8.85 11.63 0% 57.76
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 77 9.08 10.37 0% 56.00
○1位、3位:乳房の悪性腫瘍に対して乳腺悪性腫瘍手術の乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)を実施した入院です。
○2位:乳房の悪性腫瘍に対して乳腺悪性腫瘍手術の乳房切除術(胸筋切除を併施しない)を実施した入院です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 304 107 41 154 - 85 1 7
大腸癌 198 184 92 176 - 132 1 7
乳癌 117 178 30 19 - 75 1 7
肺癌 357 71 365 624 - 423 1 7
肝癌 48 42 28 33 - 327 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
○当院はがん診療連携拠点病院の指定を受け、千葉県東葛北部医療圏の拠点病院として、診断から治療まで幅広く行っております。また、がん相談支援センター、緩和ケアチームがあり、こころのケアに関しても相談に応じています。

※こちらの数字は治療前の情報で得られた診断の分類になります。また、疑いによる検査入院は除外してます。
※患者数は延べ患者数になります。
※初発とは、診断・診療と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合の入院を指します。
 再発とは、初回治療後の継続治療や、治癒、寛解後に再発、再燃または新たな転移があった場合の入院を指します
※DPC対象症例のみで、外来のみの症例は含みません
※以上の理由から、院内がん登録の件数とは差違があります

初発の肝細胞癌の患者数は減少傾向で、これまで治療を行ってきた患者の再発症例が大半となります。
肺癌に関しては、stageⅠ、stageⅡは主に呼吸器外科が手術を行い、stageⅢ stageⅣ、再発の癌は、
呼吸器内科が化学療法、放射線療法で治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 16 10.69 61.19
重症度 1 12 10.00 68.83
重症度 2 - 31.30 68.10
重症度 3 - 20.33 88.17
重症度 4 - 19.00 75.00
重症度 5 - 13.00 79.00
不明
○成人市中肺炎とは、医療機関以外で生活を送っている成人の方が発症した肺炎になります。
○重症度が高くなると在院日数が長くなる傾向です。また年齢が高い方ほど重症となっています。
○肺炎以外に基礎疾患がある患者さんは、入院が長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 - 9 29.05 65.8 1%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
○脳梗塞関連の患者さんについて発症日から3日以内とそれ以外で集計したものです。
○当院はがんの専門病院のため、対象の患者さんは少ないです。当院では薬物治療やリハビリテーション等を行います。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
乳腺・腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他 - - - - -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
○1位:尿を出すための管(腎瘻カテーテル)を背部より直接腎臓に挿入する手術です。
○2位:抗癌剤を腫瘍の栄養動脈から効率的に投与することによって強力な効果を期待し、さらに全身への影響を少なくして副作用を軽減させる局所療法の手術です。
○3位:利尿剤投与などの保存的療法でコントロールできない難治性腹水に対する手術です。
血液腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
○1位:抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置を実施する手術です。
○2位:CTガイド下またはエコーガイド下でリンパ節生検を実施する手術です。
○3位:非ホジキンリンパ腫の病変からの出血に対して内視鏡的消化管止血術を実施する手術です。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K510-22 光線力学療法(その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
○1位:乳頭切開術を施行した乳頭から、内瘻チューブをステントとして胆管内に留置する内視鏡的ドレナージ法による手術です。
○2位:気管支鏡レーザー治療で、腫瘍親和性光化学物質とそれを励起するレーザー光による光化学反応を利用した手術です。
○3位:消化管の出血部位を内視鏡科に確認し、鉗子孔からの操作で、電気メス、マイクロ波などで止血する手術です。 
小児腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
K800-2 経尿道的電気凝固術 - - - - -
○1位:持続カテーテルを挿入し化学療法を実施する手術です。
○2位:腎後性腎不全で腎瘻を増設する手術です。
○3位:出血性膀胱炎で電気凝固術にて止血を実施する手術です。
肝臓・胆のう・膵臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術) 53 2.81 31.28 0% 68.49
K695-21 腹腔鏡下肝切除術(部分切除) 48 2.52 6.79 0% 65.48
K6951 肝切除術(部分切除)(1歳以上) 21 2.43 11.52 0% 68.86
○1位:膵がん、遠位胆管がん、乳頭部がんなど膵頭部およびその周辺の悪性腫瘍に対し根治的な膵頭十二指腸切除を実施する手術です。
○2位:肝がん、肝内胆管がんなど肝臓の腫瘍に対し腹腔鏡下に肝部分切除を施行した手術です。
○3位:2位の手術と同様の腫瘍に対し開腹で肝部分切除を施行する手術です。
胃外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 113 2.24 9.97 0% 65.67
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 28 3.39 12.50 0% 67.11
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍手術) 20 2.05 17.00 0% 66.55
○1位:胃がんに対する腹腔鏡下の幽門側胃切除や幽門保存胃切除の手術です。根治的なリンパ節郭清も行います。開腹手術に比べて傷が小さく、患者さんの体の負担が軽減されるメリットがあります。
○2位:胃がんに対する開腹下の幽門側胃切除の手術です。高度進行胃癌や化学療法後の症例が対象となります。
○3位:胃がんに対する開腹下の胃全摘の手術です。高度進行胃癌や化学療法後の症例が対象となり、脾摘も同時に行う場合もあります。
大腸外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 155 4.01 14.28 0% 62.54
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 132 3.80 8.81 0% 66.40
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) 99 2.24 8.23 0% 62.79
○1位:腹腔鏡下にて下部直腸癌を中心に癌が見られた場合に行われる手術です。
○2位:盲腸部、直腸上部までの腸管の悪性腫瘍切除の手術です。開腹手術よりも出血量が少なく、腸管の回復も早く、術後の主な合併症である癒着が少ないことがメリットです。
○3位:人工肛門を撤去し、つけていた部位を閉鎖する手術です。
食道外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作) 110 3.90 21.11 2% 67.39
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(頸部、胸部、腹部の操作) 22 6.23 19.64 0% 68.91
K5272 食道悪性腫瘍手術(単に切除のみ)(胸部食道) 15 2.53 26.80 7% 75.93
○2位、3位:食道がんに対する標準的ながん切除の方法で、右開胸(胸を大きく開ける手術)による手術です。当院では、がんの進行度に応じて、低侵襲性手術として完全胸腔鏡(穴を開けるだけの手術)で手術を行っています。
○1位:2、3番目の手術で胸腔鏡を用いた手術です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 11 1.00 3.00 0% 53.09
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 - - - - -
K0522 骨腫瘍切除術 前腕、下腿 - - - - -
○1位、2位:四肢の良性腫瘍で、皮下より深いところの軟部組織内に位置するものの切除による手術です。
○3位:骨内に発生した良性腫瘍に対する手術です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 15 1.00 6.93 0% 51.00
K476-32 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後) 二次的に行うもの - - - - -
K628 リンパ管吻合術 - - - - -
○1位:乳房切除後にゲル充填人工乳房を用いて乳房を再建する手術です。
○2位:乳房切除後に二次的に有茎の動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いて乳房を再建する手術です。
○3位:リンパ浮腫に対する、リンパ管と静脈を吻合する手術です。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 331 1.77 7.40 1% 68.39
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 71 1.51 4.96 0% 65.30
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 30 1.60 8.43 0% 66.00
○1位:主に肺がんに対して胸腔鏡を用いて肺葉単位で切除する手術です。この術式は肺がんに対する標準外科治療です。安全性を損なわない範囲で手術創を小さくし、患者さんの体の負担軽減に努めています。
○2位:主に早期肺がんや転移性肺腫瘍に対して胸腔鏡を使用し、肺の一部を切除する手術です。
○3位:主に早期肺がんや転移性肺腫瘍に対して胸腔鏡を使用し、肺を区域の単位で切除する手術です。
頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K374 咽頭悪性腫瘍手術 81 2.69 10.36 1% 66.21
K0172 遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付き)(その他) 76 4.04 31.33 3% 64.99
K4691 頸部郭清術(片) 41 2.76 8.27 0% 63.88
○1位:咽頭悪性腫瘍に対して切除を行う手術です。
○2位:切除によって生じた欠損に対して四肢や体幹の皮弁を採取し、顕微鏡下に血管を吻合して血行再建を行って生着させる手術です。
○3位:頚部リンパ節病変に対して頚部のリンパ節とその周囲の脂肪、神経血管筋組織などを一塊として摘出する手術です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 62 1.19 3.60 0% 69.71
K843 前立腺悪性腫瘍手術 43 1.95 8.47 0% 67.58
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 29 2.34 7.28 0% 67.76
○1位:膀胱がんに対して尿道から膀胱に内視鏡を入れ、腫瘍を取り除く手術です。浸潤度の低い表在性のがんは、この術式で完治が可能ですが、再発が多く術後に定期的な検査が必要です。
○2位:前立腺がんに対する前立腺全摘出手術です。ロボット支援手術も実施しています。患者さんの負担が軽減されるメリットがあるとされています。
○3位:腎癌または腎盂尿管がんに対する根治的腎摘または腎尿管全摘手術になります。腹腔鏡下手術も実施しています。患者さんの負担が軽減されるメリットがあるとされています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 53 5.98 11.11 2% 63.36
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 38 2.76 10.84 8% 59.18
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 22 12.82 20.64 9% 67.05
○1位:主に消化管の悪性腫瘍に対しての化学療法目的や栄養目的に実施した手術です。
○2位:主に消化管の悪性腫瘍における胆道狭窄に対して実施した手術です。
○3位:主に消化管の悪性腫瘍における通過障害に対して実施した手術です。
内視鏡内科(消化器)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 163 1.15 5.35 0% 71.37
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 139 1.09 5.40 0% 70.27
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 112 1.13 3.47 0% 68.04
○病変の周辺をマーキングして粘膜下に高張食塩水やヒアルロン酸を注入して病変を挙上した後、ITナイフやフレックスナイフなどを用いて粘膜下層を切除剥離していく内視鏡的手術です。
頭頸部内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 71 1.41 20.90 8% 59.27
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 - - - - -
○1位:口から充分に栄養が 取れない患者様のために、内視鏡を用いて胃に栄養を送るための小さな穴を作り、その 穴にチューブを入れる手術です。そのチューブを通して栄養を摂取します。
○2位:抗癌剤を主要の栄養動脈から効率的に投与することで強力な効果を期待し、全身への影響を軽減させる局所療法を目的とした手術です。
○3位:入院治療の必要はないが、主要なエネルギー源を高カロリー輸液に依存せざるをえない患者さんに対して、在宅での栄養・水分補給を自宅でも行えるようにし、療養生活の継続を可能にするための手術です。
肝臓・胆のう・膵臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 271 1.95 11.04 4% 68.44
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 188 1.83 6.01 0% 71.40
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートル以内のもの その他のもの 54 1.44 4.93 0% 71.74
○1位:膵癌、胆道癌に合併する閉塞性黄疸に対して、内視鏡を用いて、胆管ステントを留置する手術です。閉塞するたびに再挿入が必要となります。
○2位:切除やラジオ波焼灼療法の適応のない肝細胞癌患者に対して肝動脈塞栓術(血管塞栓術)を施行しています。再発するたびに、繰り返し治療します。
○3位:腫瘍数が1-3個と限局した肝細胞癌患者に対して、ラジオ波焼灼術を施行しています。切除と匹敵する治療効果があり、切除と比べて簡便であることが特徴です。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 148 1.82 2.22 0% 61.59
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 69 1.90 6.06 0% 56.67
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 54 1.41 6.15 0% 58.17
○1位:乳癌に対して乳房を部分的に切除(乳房を温存)し、かつセンチネルリンパ節生検のみを行い。腋窩リンパ節郭清を行わない手術です。腫瘍が小さく術前の診断でリンパ節に転移を認めない乳癌は、この術式で完治が可能です。ただし、術後には残乳房に対して放射線治療を行います。また、数パーセントに残乳房や腋窩リンパ節に再発を認めることがありますので定期的な検査を行います。
○2位:乳癌に対して乳房切除(乳房全摘)を行い、かつセンチネルリンパ節生検のみを行い。腋窩リンパ節郭清を行わない手術です。腫瘍の範囲が広いが術前の診断でリンパ節に転移を認めない乳癌は、この術式で完治が可能です。ただし、数パーセントに腋窩リンパ節に再発を認めることがありますので定期的な検査を行います。
○3位:乳癌に対して乳房切除(乳房全摘)を行い、かつ腋窩リンパ節郭清を行う手術です。腫瘍の範囲が広く術前の診断でリンパ節に転移を認め、遠隔転移を認めない乳癌に対して行います。術後に再発を認めることがあるため、手術の前あるいは後に薬物療法や手術後に放射線治療を行うことがあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 11 0.00%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 0.00%
異なる - -
○入院中は免疫力が低下している場合があり、ウイルスや細菌による感染症を発症するリスクが高くなります。また、手術に伴い発症しやすくなる合併症があります。
発生率をゼロにすることは臨床上難しいですが、ゼロに近づけるべく日々取組をおこなっています。
◯発生率の高い、『180040手術・処置等の合併症』は、合併症が原因で再入院した患者さんの数です。入院契機が同一ということは、入院時、既に合併症が発症しており主な治療の中心となった症例です。33件ですが、全体の0.005%未満のため、四捨五入し0.00%と表示しています。
更新履歴
2016.9.30
初版掲載