コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 看護部 > 看護部について > 看護部長メッセージ

看護部長メッセージ

看護部長 市橋 富子

看護師は患者さんに最も近い存在にあり、24時間継続して看護しています。看護師は豊かな感性で、患者さん一人ひとりの思いを受けとめ、患者さん自らの生活や生き方を大切にした安らぎのある看護を提供できるよう努めています。

当院には緩和ケア病棟がありますが、緩和ケア病棟だけでなく全ての病棟で緩和ケアを行っています。また、多職種との協働によるチーム医療を重視し、急性期から終末期のあらゆる段階にある患者さんが、自ら意思決定ができるよう患者さんと共に歩いています。

看護師は、時には患者さんに手をさしのべることに戸惑いを感じる場面に遭遇したり、かける言葉が見つからず、そっと肩に手を置き寄り添う時をすごしたり、苦痛の和らいだ患者さんの笑顔に助けられたりしながら、寄り添い、看護する喜びや看護への思いを深めています。

がんの治療は外来に移行し、在宅でご家族と共に療養生活を送られている患者さんも多くなっています。在宅での生活を支援する看護師の役割も大きく、患者さんやご家族に対する指導力も求められます。

当院には、専門看護師や認定看護師をはじめとして専門性を極めた看護師がたくさんいます。
「がん」と告げられた患者さんの思いに近づき、がんと共に生活していくための支援を共に考えながら行っています。

私たち看護師は、より安全で安楽な看護技術はもちろんのこと、医療チームの一員としてコミュニケーションスキルを高め、常に患者中心の看護実践が求められています。
看護部では「学ぶ組織」を目指し、あらゆる機会を「学びの場」とし、しなやかな思考と行動のもとに「学んで輝き生き生きと動く」をモットーに魅力ある職場づくりに取り組んでいます。「育てる」ことを第一に、「見守る教育」を行っています。