コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 薬剤部 > 部署・業務紹介 > 調剤室

調剤室

調剤

調剤

調剤室では主に入院患者さんへの内服・外用薬の調剤を行います。オーダリングシステムで医師が処方を入力し、薬剤部で処方箋と薬袋を発行し調剤します。必要量の薬を在庫するように発注も行います。

麻薬調剤・指導

麻薬調剤・指導

麻薬は処方ごとに払い出し量を入力し在庫量を確認します。服薬指導を行っている入院患者さんで始めて医療用麻薬が処方された方にはやさしく書いた「痛み止めの薬」のやさしい知識 をお渡ししています。疑問や不安のある方は薬剤師にご相談ください。

経口抗がん剤調剤

投与量や投与スケジュールが適切であることを電子カルテから確認し、患者さん毎に作成したレジメンチェック表へ確認事項を記録後に、調剤します。

  • 経口抗がん剤調剤

持参薬確認

学生教育

患者さんが入院時に持参した薬 (OTC、健康食品含む) について、実物を確認しながら名称や用法及び用量などを電子カルテへ記載します。
抗凝固薬やビグアナイド系製剤を持参され、入院後に手術やヨード系造影剤使用の予定がある場合は、適切な休薬がなされているか確認します。