コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 放射線技術部 > 放射線治療技術室

放射線治療技術室

集合写真

当技術室は放射線治療に携わる診療放射線技師からなる部門です。放射線治療医師をはじめ、医学物理士、看護師と連携して放射線治療・放射線治療機器の品質管理・研究に取り組んでおります。

放射線治療技術室 風景

当技術室の取り組みとして

Attending Therapist(受け持ち放射線技師)の体制を目指しております。 診療放射線技師が計画CT撮影から、治療計画、放射線の照射など治療期間を通して最初から最後まで、患者さん一人一人の治療をサポート致します。

治療計画CTシミュレーション

一般的に放射線治療で用いられる線量は、診断領域と比べて非常に大きく、同じ照射範囲への再照射は許されません。さらに正常組織の線量を可能な限り小さくし、がん病巣へ照射するため、緻密な治療計画を立案する必要があります。治療計画用CTは、放射線治療中の姿勢が決まるため照射精度を左右する重要な過程になります。患者様の困難な体位は避けますが、固定具を使って両腕を挙上させたり、頭頸部固定用の専用の枕や型(お面)を作成したりします。呼吸によって位置が変化する部位は、呼吸性移動量を測定し、治療に反映させています。治療する際の目印として、治療部位周辺にマーカーで線を付けさせて頂きます。(部位により型に描く場合と直接皮膚面に線を描く場合があります。)

注:頭頸部用固定具シェルの作成から治療計画CT撮影までの様子

高精度放射線治療

中釜 斉 理事長写真

当技術室では診療放射線技師が高精度放射線治療である強度変調放射線治療Intensity Modulation RadioTherapy (IMRT)と定位体幹部放射線治療Stereotactic Body RadioTherapy (SBRT)の治療計画に積極的に関わっております。治療計画を行う際、患者さんの病変について把握することはもちろんですが、患者さんのお体の状態、お住まいから病院までの距離、家族構成等の今後の生活を踏まえた包括的治療計画を目指しています。 そして治療計画装置によって作成した線量分布を放射線治療医に提案します。 治療前にその線量分布を専用のファントムを使用して検証し、精度を担保しています。

強度変調放射線治療Intensity Modulation RadioTherapy (IMRT)

IMRTは標的(がん)とリスク臓器(守る必要がある臓器)が近接している症例に対し、標的への線量を担保しながらリスク臓器への線量を低減することを可能にし、強度変調(放射線の強度分布を調節)放射線を多方向から照射する方法です。

当院では診療放射線技師が放射線治療医とともにIMRTの治療計画を行っております。治療計画を行う上で、標的である癌腫それぞれの広がる様子、その所属リンパ節への転移の様子、リスク臓器の耐用線量等の知識が必要となります。これらを確認した上で線量分布を表現するため高精度かつ安全に治療を行っております。

また治療中は副作用による症状があります。これらの症状は主に看護師がケアをし、さらにはご家族を交えて説明も行っております。我々放射線技師は治療完遂まで毎日お会いしますので、看護師とともにケアのサポートを致します。

定位体幹部放射線治療Stereotactic Body RadioTherapy (SBRT)

SBRTは体幹部に限局した比較的小さな腫瘍に対して、周囲臓器の副作用低減を目的とし、多方向から放射線を照射する技術と標的に正確に照準する技術の両方が必要となります。

この治療計画は医学物理士と診療放射線技師が共同で作成しています。この治療法は患者さんの呼吸と病変の移動量の相関を確認し、必要ならば呼吸同期にて治療を行います。

照射時間が長い治療になりますので治療計画CT撮影時に、患者さんができるだけ楽に寝られるように固定具を作成します。

治療前の検証作業

治療前の検証作業治療前の検証作業

治療計画装置で計算した線量分布が、実際に治療計画通りに再現できているかどうか専用の放射線測定器を使って測定を行います。

実際の放射線治療の過程

初回(所要時間15分)

治療用CTを撮影した時と同じ姿勢になり、専用の固定具で固定をします。お体に書いた線に合わせて、治療計画装置により決定された照射位置へ移動します。

そこで照合用CTを治療寝台上で撮影し、0.1ミリメートル単位で移動します。次にリニアックグラフィと呼ばれる位置確認写真を撮影し、最終的な照射位置を確認します。

その後、放射線を照射していきます。(Image Guided RadioTherapy:IGRT)照射後、再度マーキングをします。(このマークは2日目以降も使用しますので、消えないように注意してください)

注:画像誘導放射線治療Image Guided RadioTherapy:IGRT
治療時に三次元照合画像(CT等)を用いて、治療計画時の基準位置からの患者位置のずれを補正する技術。
当院における位置精度は0.1ミリメートル単位で行っております。

  • 注:照射室内へご案内する様子

    注:照射室内へご案内する様子

  • 注:頭頸部患者セットアップの様子

    注:頭頸部患者セットアップの様子

  • 注:頭頸部患者セットアップの様子

    注:頭頸部患者セットアップの様子

2回目以降(所要時間約10分)

初回と同じ姿勢・固定をします。初回に書いた線に合わせて放射線を照射します。照射部位に応じてIGRTを行い寝台位置を補正します。

  • 注:照射室内へご案内する様子

    注:IGRTによる位置照合の様子:治療計画時の位置と、現在治療寝台上の患者位置を0.1ミリメートル単位で補正
  • 注:頭頸部患者セットアップの様子

    注:照射条件と患者さんの状態を確認しながら照射する様子

陽子線治療

陽子線治療について

陽子線治療はある一定の深さでエネルギーが最大になる現象(ブラックピーク)を利用した治療であり、正常細胞へのダメージを抑えた治療が可能となります。陽子線治療は、計画用CT撮影から治療開始まで約2週間の治療準備期間を設けております。それは治療で使用するボーラス・コリメータ作成と、その検証といった幾つかのプロセスを踏んでから治療開始となるためです。

陽子線治療の流れ

診察

まず放射線治療医が問診・診察を行います。これまでの画像診断や病理診断等の結果から陽子線治療の適応があるかどうかを判断し、照射する範囲、照射線量、照射回数等の治療方針を決定します。

診察の様子

陽子線治療計画用CT撮影

診察の結果で陽子線治療と決定した際は、治療計画に必要なCT撮影を行います。過程は、前述したエックス線治療と同じです。

陽子線治療計画

治療計画用CTで撮影した画像から、最適な照射方向、門数等の照射条件を決定します。その照射条件から、病気の形状や、体表面からの深さに合わせて陽子線の広がりを調整するボーラス・コリメータを作成します。
  • ?陽子線治療計画
  • ?陽子線治療計画

注:番号は患者さんと関係ありません

治療計画の検証作業

治療計画で作成した照射条件、ボーラス・コリメータが問題ないかどうかを専用の測定器を用いて、実際に測定して確認します。

陽子線治療開始

照射部位によって異なりますが、1回の治療終了までおおよそ20分程度かかります。 治療計画用CT撮影時に作成した専用の固定具を使用し、お体を固定します。そこで位置照合のためのエックス線写真撮影を行い、治療部位の位置確認を行います。その後、陽子線の照射を行います。

  • 陽子線治療

  • 陽子線治療