コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 東病院について > 医療安全管理部門 > 感染制御室について

感染制御室について

感染制御室は、本院における医療関連感染防止のために活動することを目的として設置されています。患者さんに安全でよりよい医療を受けていただくために、院内・院外の関連する部署と組織横断的な活動を行っています。

スタッフ

  • 室長(医師)
  • 感染管理専従看護師
  • 専任薬剤師
  • 専任検査技師
おもな業務内容は以下の通りです。

  1. 感染対策に関連する各種指標の監視および問題点に対する対策の策定・実施
  2. 検出菌週報や感染制御支援システムを用いたアウトブレイクの監視
  3. 感染対策に関するコンサルテーションへの対応
  4. 感染対策マニュアルの整備
  5. 環境の衛生と安全に関する指導と監視
  6. 職業感染防止対策に関する院内の現状把握と対策
  7. 職員への感染対策に関する啓蒙・教育
  8. 地域の医療機関との感染対策に関する連携
  9. 抗菌薬の適正使用の推進

感染対策チーム

感染制御室で取り組んでいる感染防止対策推進業務を、病院内の各部署において実施するためのチームです。チームの構成員は医師、看護師、薬剤師、検査技師、放射線技師、栄養士、労務専門職、医事管理職などです。

代表的な活動としては、週1回の病院内の巡回や、抗菌薬の適正使用の評価・指導、問題となる病原体の検出動向の確認を実施しています。また、各部署における感染防止対策の遵守状況の評価および向上のための活動なども実施しています。