コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 受診・相談案内 > 相談のご案内

相談のご案内

サポーティブケアセンター/がん相談支援センターのご案内

こんなご心配はありませんか?

  • 退院することになったけれど、自宅でどうしたらいいのか
  • がんに関する情報について調べたい。
  • 先生から病気のことを説明されましたが、難しくてよくわかりません。
  • 治療や手術にかかる費用が心配。
  • 家族や仕事のことで悩んでいる。
  • がんと言われ頭の中が真っ白です。これからのことを考えると不安でいっぱいです。
  • 治療の副作用の対処方法について教えてほしい。
  • 体調に合わせた過ごし方について相談したい。
  • 治験や臨床試験のことについて教えてほしい。

病気になると、体のこと、気持ちのこと、生活のことなど、さまざまな心配事が出てきます。
サポーティブケアセンター/がん相談支援センターでは、患者さんやご家族が、入院、外来、地域など、どこでも安心して過ごせるように、ソーシャルワーカー・医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ等が、皆さまの困りごとを伺い、一緒に考え、課題解決のお手伝いをいたします。
相談内容の秘密は厳守いたしますので、安心してご相談ください。

図1:チームの構成

図1

図2:サポーティブケアセンター/がん相談支援センターの機能

図2

ご相談はサポーティブケアセンター/がん相談支援センターに直接お越しいただく方法と、電話でお話を伺う方法があります。

対面相談

相談案内写真

  • 受付時間:8時30分から17時15分(土曜日、日曜日、祝日を除く)
  • 場所:新外来棟2F
  • 電話番号:04-7133-1111

電話相談(緩和ケア科 外来予約もこちらをご利用ください)

  • 受付時間:8時30分から17時15分(土曜日、日曜日、祝日を除く)
  • 直通電話番号:04-7134-6932

治験・臨床試験に関するご相談・参加についてのお問い合わせ

  • 受付時間:9時から17時(土曜日、日曜日、祝日を除く)
  • 直通電話番号:04-7133-1111(内線2010)
  • Eメールでのお問い合わせは関連リンクをご覧ください

注:ソーシャルワーカーとは、病気や障害によって患者さんやご家族に生じるいろいろな課題に対して相談援助を行う専門職です。当センターの相談員は社会福祉士などの国家資格を有しております。

がん関連情報コーナー

患者さんやご家族、また地域の住民の方々にもご利用いただける、がん関連の情報コーナーを設置しております。

こんな時ご利用ください。

  • 自分の病気や治療について知りたい。
  • 抗がん剤の副作用による脱毛に備えてかつらを準備したい。
  • 緩和ケアについて知っておきたい。
  • 同じ体験をした患者さんの話を聞きたい。患者会の場所を知りたい。

設置内容

図書

図書室写真

がん治療に関連するもの、薬剤・食事・社会保障制度など、療養生活に役立つ情報を中心に設置しています。
貸出をご希望の場合は、採血室前の「サポーティブケアセンター/がん相談支援センター」まで、お声かけください。

パンフレット

 内訳資料数
図書   400冊
リーフレット・冊子 早期発見と予防 10種類
全国のがん診療連携拠点病院・ 相談支援センター一覧ほか 5種類

診断と治療
がん部位別・小児がん・副作用・検査・緩和ケア

70種類
こころ・家族 15種類
ケア用品
かつらレンタル・補正下着ほか
33種類
生活支援
食事・社会保障制度ほか
27種類
患者会・サポートグループほか 13種類


がんの部位別の診断と治療に関する資料や、副作用との付き合い方・緩和ケアについて・かつらや補正下着に関する資料をそろえています。ご自由にお取りください。

がん関連情報コーナーにおいて配布している冊子の一部がご覧いただけます。
がんの冊子(がん情報サービスへリンクします。)

  • 開室時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分
  • 場所:2階エレベーターホール横

患者教室のご案内

国立がん研究センター東病院では、当院でがん治療を受ける患者さん・ご家族を対象にさまざまな教室を開催しています。

「治療の流れについて知りたい」
「抗がん剤治療中の食事の工夫について知りたい」
「治療中の皮膚の変化を上手にカバーしたい」

患者さん・ご家族のみなさんが抱く疑問に、多職種でサポートいたしますので、お気軽にご参加ください。
詳しくは「患者教室」のご案内ページをご覧ください。