message

がん看護の発展のために。日々邁進しています。

がんの最先端医療を担う当院は、各分野のスペシャリスト達がそれぞれ使命感を持ってがん看護に向かい、「患者さんに安心していただける看護」「より質の高い看護」の提供を目指し、日々実践しています。

がん看護専門看護師

小林 尚子/こばやし なおこ

患者さんへの支援を充実させたい

私が、がん看護専門看護師を目指したきっかけは、がんに罹患し手術を受けたあと、術後の身体機能の変化に伴う困難や再発の脅威に向き合いながら自宅で生活をする患者さんへの支援を充実させたい…と考えたことでした。現在は院内外での教育の役割も増え、これまでよりも多くの方と看護を深められる喜びを感じています。多くの方の支えと成長の機会があることにとても感謝しています。

精神看護専門看護師(リエゾン)

寺田 千幸/てらだ ちゆき

患者さんの不安を、少しでもなくしたい

私は病院内での実践・コンサルテーションを通常業務としています。患者さんと接するにあたり、どうしても強い不安を感じられる方がいて、少しでもその不安を取り除ければと精神看護を深く学びたいと考えました。資格取得へ向け学んだことにより気持ちにゆとりを持てるようになり、立ち止まって考えることができるようになりました。

がん性疼痛看護認定看護師

關本 翌子/せきもと あすこ

痛みのなかで生抜く患者さんに貢献する

患者さん・ご家族の抱える痛みを身体的苦痛だけでないトータルペインとしてアセスメントしています。私の入職時、がん性疼痛に対する認識は薄く、『治療』にばかり関心が注がれていました。そんな中、痛みに耐え必死に生抜く患者さんに貢献したいと思い、この道を選びました。専門的スキルはもちろんのことコミュニケーションスキルも必要となり、やりがいをもって職務にあたっています。

がん化学療法看護認定看護師

内山 由美子/うちやま ゆみこ

エビデンスに基づいた看護を提供する

院内の化学療法に関するコンサルテーションと教育に携っています。認定資格取得前から化学療法に長く携っておりましたが、より系統だてた知識を身につけ、エビデンスに基づいた看護をし、かつ副作用に対する援助技術を身につけ少しでもその副作用をコントロールしたいと考え資格取得に踏み出しました。がん看護の面白みも深くなり、自信にも繋がっています。

緩和ケア認定看護師

寺田 喜美子/てらだ きみこ

どのような場面でも、逃げ出さず受けとめられる

看護部長より学ぶチャンスを与えられたのがきっかけで緩和医療の専門知識や技術を習得し、よりよい医療を提供したいと考え、資格取得することを決心しました。現在は緩和ケア病棟で役割モデルとして看護実践をしています。患者さんやご家族に対してだけでなく、チームメンバーを思う姿勢や相手に向き合う姿勢が変わり、看護師として、人間として成長につながっています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

北澤 和香奈/きたざわ わかな

病棟単位ではない、病院全体を見渡す力がつく

ストーマ造設の多い病棟へ入職し日々の職務を通して、患者さんの生活を大きく左右するのが入院中のストーマケア指導と感じ、より専門的な知識・技術を習得し自信をもって対応するため資格取得を志しました。取得後、病棟単位だけでなく病院を横断的に動くようになり、スタッフ間の連携や教育、経営まで意識しつつ、常に看護の質の向上を目指しています。

乳がん看護認定看護師

源 典子/みなもと のりこ

患者さんの思いにより添いながら支援を行う

看護師になって2年目、ある乳がん患者さんのプライマリーナースになりました。出産後1〜2ヶ月の彼女は母乳を満足にあげられず、母として子に、妻として夫に申し訳ないという思いと、なにより乳がんと診断された恐怖がありました。看護師としてその方をどう支えていいのか悩みぬき、学び、それが資格取得につながり、現在、自信を持って看護にあたっています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

岡田 教子/おかだ きょうこ

「学びたい!」という動機を実現する

「学びたい!」という動機でこの資格を取得し、根拠をもち説明できる知識を得たことは大きな自信につながっています。専門性の高い分野のなか、視野が狭くなるのではと不安になることもありますが、嚥下障害や口腔ケア、栄養管理は全ての患者さんに共通するケア。この技術を磨くことで患者さんにも病院にも貢献でき、自身のスキルアップにもつながっていくと考えています。

▲上に戻る