コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 中央病院について > 理念と基本方針

理念と基本方針

国立がん研究センター中央病院の理念・基本方針

理念

    社会と協働し、全ての国民に最適ながん医療を提供する

基本方針

  1. 患者さんの権利を尊重し、最善のがん医療を実践する
  2. がん克服に向けて新しい医療の研究開発と普及を行う
  3. 教育、研修を通じてがんの最新医療の普及に努める
  4. がんに関する医療情報を国内外に向けて積極的に提供する

患者のみなさんの権利

当院では、すべての患者さんの権利として以下の項目を保証します

  1. 個人の人格を尊重した診療を受ける権利
  2. 信頼に基づく医療を受ける権利
  3. 個人情報保護の権利
  4. 納得いく説明と情報提供を受ける権利
  5. 自らの診療録の開示を求める権利
  6. 自らの意志で検査・治療法などを選択あるいは拒否する権利

患者のみなさんへのお願い

  1. 病気に関する正確な情報を医療者にお伝えください
  2. よりよい療養環境を維持するため病院職員の指示をお守りください
  3. あらゆる危険を回避するため職員との連携にご協力ください
  4. 新しいがんの診断・治療を開発するために、当院での臨床研究・基礎研究にご協力ください

職業倫理指針

  1. 職員は自らの責任と義務を自覚し、品位を保ち、人格の向上に努める
  2. 職員は最善・最良の医療が提供できるよう自己研鑽し、医療水準の向上に努める
  3. 職員は院内外の各職種の専門性を尊重し、チーム医療に参画し適切な医療連携に努める
  4. 職員は個人情報を保護し、守秘義務を遵守する
  5. 職員は医療の公共性を自覚し、医療を通して社会に貢献する

臨床倫理指針

  1. 患者さんの権利を尊重し、公正かつ公平な医療を提供する
  2. 患者さんの人格・信仰・意思を尊重し、説明と同意による患者さんの自己決定を大切にする
  3. 患者さんのプライバシーを尊重し、守秘義務を順守し、個人情報を保護する
  4. 患者さんの倫理的課題には各種委員会における審議結果に基づいた医療を提供する