コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内視鏡科 消化管内視鏡 > 研究実績

研究実績

2016年(平成28年)

英文

イメージ
  1. Matsumoto M, Nakajima T, Kakugawa Y, Sakamoto T, Kuribayashi S, Otake Y, Matsuda T, Kanemitsu Y, Taniguchi H, Saito Y.Surveillance using capsule endoscopy is safe in post-colectomy patients with familial adenomatous polyposis: a prospective Japanese study. Fam Cancer. 2016 Jan;15(1):75-83.
  2. Suzuki H, Oda I, Abe S, Sekiguchi M, Mori G, Nonaka S, Yoshinaga S, Saito Y. High rate of 5-year survival among patients with early gastric cancer undergoing curative endoscopic submucosal dissection.Gastric Cancer. 2016 Jan;19(1):198-205.
  3. Pioche M, Matsumoto M, Takamaru H, Sakamoto T, Nakajima T, Matsuda T, Abe S, Kakugawa Y, Otake Y, Saito Y. Endocuff®-assisted colonoscopy increases polyp detection rate: a simulated randomized study involving an anatomic colorectal model and 32 international endoscopists.Surg Endosc. 2016 Jan;30(1):288-95.
  4. Tsuruki ES, Saito Y, Abe S, Takamaru H, Yamada M, Sakamoto T, Nakajima T, Matsuda T, Sekine S, Taniguchi H. Evaluating the efficacy and safety of a novel endoscopic fluorescence imaging modality using oral 5-aminolevulinic acid for colorectal tumors. Endosc Int Open. 2016 Jan;4(1):E30-5.
  5. Sekiguchi M, Igarashi A, Matsuda T, Matsumoto M, Sakamoto T, Nakajima T, Kakugawa Y, Yamamoto S, Saito H, Saito Y. Optimal use of colonoscopy and fecal immunochemical test for population-based colorectal cancer screening: a cost-effectiveness analysis using Japanese data. Jpn J Clin Oncol. 2016 Feb;46(2):116-25. doi: 10.1093/jjco/hyv186. Epub 2015 Dec 18
  6. Iacopini F, Saito Y, Gotoda T, Grossi C, Costamagna G. Endoscopic submucosal dissection of a nonpolypoid superficial neoplasm of the terminal ileum.Endoscopy. 2016;48 Suppl 1:E57-8. Epub 2016 Feb 18.
  7. Yamada M, Saito Y, Sakamoto T, Nakajima T, Kushima R, Parra-Blanco A, Matsuda T. Endoscopic predictors of deep submucosal invasion in colorectal laterally spreading tumors. Endoscopy. 2016 May;48(5):456-464.
  8. Pérez-Cuadrado Robles E, Yamada M, Saito Y.Successful balloon overtube-guided colorectal endoscopic submucosal dissection by a gastroscope. Rev Esp Enferm Dig. 2016 May;108(5):280-281.
  9. Mori Y, Kudo SE, Ogawa Y, Wakamura K, Kudo T, Misawa M, Hayashi T, Katagiri A, Miyachi H, Inoue H, Oka S, Matsuda T. Diagnosis of sessile serrated adenomas/polyps using endocytoscopy (with videos). Dig Endosc. 2016 Apr;28 Suppl 1:43-8.
  10. Matsuda T, Oka S, Ikematsu H, Matsushita H, Mori Y, Takeuchi Y, Tamai N, Kawamura T, Chino A, Keum B, Khomvilai S, Uraoka T. Endoscopic diagnosis of colorectal serrated lesions: Current status and future perspective based on the results of questionnaire survey. Dig Endosc. 2016 Apr;28 Suppl 1:35-42.
  11. Matsuda T, Chiu HM, Sano Y, Fujii T, Ono A, Saito Y. Surveillance colonoscopy after endoscopic treatment for colorectal neoplasia: From the standpoint of the Asia-Pacific region. Dig Endosc. 2016 Apr;28(3):342-7.
  12. Yamada M, Saito Y, Sakamoto T, Nakajima T, Kushima R, Parra-Blanco A, Matsuda T. Endoscopic predictors of deep submucosal invasion in colorectal laterally spreading tumors. Endoscopy. 2016 May;48(5):456-64.
  13. Chiu HM, Ching JY, Wu KC, Rerknimitr R, Li J, Wu DC, Goh KL, Matsuda T, Kim HS, Leong R, Yeoh KG, Chong VH, Sollano JD, Ahmed F, Menon J, Sung JJ; Asia-Pacific Working Group on Colorectal Cancer. A Risk-Scoring System Combined With a Fecal Immunochemical Test Is Effective in Screening High-Risk Subjects for Early Colonoscopy to Detect Advanced Colorectal Neoplasms. 2016 Mar;150(3):617-625.
  14. Sano Y, Tanaka S, Kudo SE, Saito S, Matsuda T, Wada Y, Fujii T, Ikematsu H, Uraoka T, Kobayashi N, Nakamura H, Hotta K, Horimatsu T, Sakamoto N, Fu KI, Tsuruta O, Kawano H, Kashida H, Takeuchi Y, Machida H, Kusaka T, Yoshida N, Hirata I, Terai T, Yamano HO, Kaneko K, Nakajima T, Sakamoto T, Yamaguchi Y, Tamai N, Nakano N, Hayashi N, Oka S, Iwatate M, Ishikawa H, Murakami Y, Yoshida S, Saito Y. NBI magnifying endoscopic classification of colorectal tumors proposed by the Japan NBI Expert Team (JNET). Dig Endosc. 2016 Jul;28(5):526-33.
  15. De Ceglie A, Hassan C, Mangiavillano B, Matsuda T, Saito Y, Ridola L, Bhandari P, Boeri F, Conio M. Endoscopic mucosal resection and endoscopic submucosal dissection for colorectal lesions: A systematic review. Crit Rev Oncol Hematol. 2016 Aug;104:138-55.
  16. Bhatt A, Abe S, Kumaravel A, Parsi MA, Stevens T, Jang S, Lopez R, Oda I, Vargo JJ, Saito Y. Video-based supervision for training of endoscopic submucosal dissection. Endoscopy. 2016 Aug;48(8):711-6.
  17. Iacopini F, Gotoda T, Elisei W, Rigato P, Montagnese F, Saito Y, Costamagna G, Iacopini G.Heterotopic gastric mucosa in the anus and rectum: first case report of endoscopic submucosal dissection and systematic review.Gastroenterol Rep (Oxf).2016Aug;4(3):196-205.
  18. Takamaru H, Saito Y, Yamada M, Tsuruki ES, Kinjo Y, Otake Y, Sakamoto T, Nakajima T, Matsuda T.Clinical impact of endoscopic clip closure of perforations during endoscopic submucosal dissection for colorectal tumors.Gastrointest Endosc. 2016 Sep;84(3):494-502.
  19. Sasaki A, Nakajima T, Egashira H, Takeda K, Tokoro S, Ichita C, Masuda S, Uojima H, Koizumi K, Kinbara T, Sakamoto T, Saito Y, Kako M. Condyloma acuminatum of the anal canal, treated with endoscopic submucosal dissection. World J Gastroenterol. 2016 Feb 28;22(8):2636-41.
  20. Tokuda T, Arai Y, Sone M, Sugawara S, Morita S, Saito Y.: Coil Embolization for the Treatment of Esophageal Perforation after Endoscopic Submucosal Dissection.J Vasc Interv Radiol. 2016 Sep;27(9):1461-3.
  21. Inoki K, Sakamoto T, Sekiguchi M, Yamada M, Nakajima T, Matsuda T, Saito Y.Successful endoscopic closure of a colonic perforation one day after endoscopic mucosal resection of a lesion in the transverse colon. World J Clin Cases. 2016 Aug 16;4(8):238-42.
  22. Inoki K, Nakajima T, Sekine S, Sugano K, Tsukamoto S, Yamada M, Mutoh M, Sakamoto T, Matsuda T, Sekiguchi M, Ushiama M, Yoshida T, Sakamoto H, Kanemitsu Y, Saito Y.Depressed-type submucosal invasive colorectal cancer in a patient with Lynch syndrome diagnosed using short-interval colonoscopy. Dig Endosc. 2016 Nov;28(7):749-754.
  23. Wong MC, Ching JY, Chiu HM, Wu KC, Rerknimitr R, Li J, Wu DC, Goh KL, Matsuda T, Kim HS, Leong R, Yeoh KG, Chong VH, Sollano JD, Ahmed F, Menon J, Ng SC, Wu JC, Chan FK, Sung JJ. Risk of Colorectal Neoplasia in Individuals With Self-Reported Family History: A Prospective Colonoscopy Study from 16 Asia-Pacific Regions. Am J Gastroenterol. 2016 Nov;111(11):1621-1629. doi: 10.1038/ajg.2016.52. Epub 2016 Mar 15.
  24. Abe S, Sakamoto T, Takamaru H, Yamada M, Nakajima T, Matsuda T, Saito Y. Stenosis rates after endoscopic submucosal dissection of large rectal tumors involving greater than three quarters of the luminal circumference.Surg Endosc. 2016 Dec; 30(12):5459-5464. Epub 2016 Apr 28.
  25. Sekiguchi M, Kakugawa Y, Terauchi T, Matsumoto M, Saito H, Muramatsu Y, Saito Y, Matsuda T. Sensitivity of 2-[18F]fluoro-2-deoxyglucose positron emission tomography for advanced colorectal neoplasms: a large-scale analysis of 7505 asymptomatic screening individuals. J Gastroenterol.  2016 Dec;51(12):1122-1132.
  26. Saito Y:La resezione en bloc delle neoplasia colorettali superficiali:quando e come.Giornale Italiano Di Endoscopia Digestive.2016 Dec;no.4:14-18

邦文(成書)

  1. 斎藤豊、松田尚久、山田真善、中島健、高丸博之、坂本琢、阿部清一郎、大竹陽介、関口 正宇「斎藤豊(編集者)」:失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:3-91、/p>
  2. 斎藤豊:序、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:3、斎藤豊(編集者)
  3. 斎藤豊:基本編 第1章 大腸ESDの適応とガイドライン、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:14-16、斎藤豊(編集者)
  4. 松田尚久:基本編 第2章 大腸ESDの術前診断、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:17-22、斎藤豊(編集者)
  5. 山田真善:基本編 第3章 大腸ESD困難例とは?、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:23-24、斎藤豊(編集者)
  6. 中島健、斎藤豊:基本編第4章 大腸ESD─偶発症に対する事前準備 大腸ESD施行前に考慮すること、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:25-28、斎藤豊(編集者)
  7. 高丸博之、斎藤豊:基本編第5章 大腸ESD─偶発症が生じた場合の対応、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:29-36、斎藤豊(編集者)
  8. 中島健:実技編 第6章 大腸ESD How to標準(反転→順方向→反転)、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:38-42、斎藤豊(編集者)
  9. 坂本琢:実技編 第7章 大腸ESD How to 標準(ポケット法/トンネル法)、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:43-47、、斎藤豊(編集者)
  10. 阿部清一郎:実技編 第8章 大腸ESD困難症例─盲腸LST、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:48-51、斎藤豊(編集者)
  11. 阿部清一郎:実技編 第9章 大腸ESD困難症例─線維化症例(中等度~高度)、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:52-24、斎藤豊(編集者)
  12. 斎藤豊:実技編 第11章 大腸ESD困難症例─遺残再発例、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:61-64、斎藤豊(編集者)
  13. 阿部清一郎:実技編 第12章 大腸ESD困難症例─亜全周あるいは全周性病変、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:65-68、斎藤豊(編集者)
  14. 山田真善:実技編 第13章 大腸ESD困難症例─大きなIs-villous腫瘍、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:69-72、斎藤豊(編集者)
  15. 山田真善:実技編 第14章 大腸ESD困難症例─Anastomosisにかかる症例、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:73-75、斎藤豊(編集者)
  16. 斎藤豊:実技編第15章 大腸ESD─Don’t do this!(再発例からの教訓)、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:76-80、斎藤豊(編集者)
  17. 斎藤豊:コラム撤退する勇気、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:60、斎藤豊(編集者)
  18. 斎藤豊:コラム 全層切除 Full Thickness Resection(FTR)、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:72、斎藤豊(編集者)
  19. 斎藤豊:コラム Underwater EMR、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:80、斎藤豊(編集者)
  20. 坂本琢:コラム Precutting EMR/Hybrid ESD、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:86、斎藤豊(編集者)
  21. 関口正宇:コラム 直腸カルチノイドに対するESMR-L, EMR-C、失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック、株式会社医学と看護社2016.9.10:88、斎藤豊(編集者)
  22. 堅田親利 他【監修】 田尻 久雄 【編集】 加藤 元嗣/井上 晴洋/田中 信治/斎藤 豊:新しい診断基準・分類に基づいたNBI/BLI/LCI内視鏡アトラス、日本メディカルセンター、2016.10.20:【ページ数】 296ページ)
  23. 内海貴裕、佐野寧、斎藤豊:大 腸「総論」NBIによる大腸観察のコツと基本事項(NICE分類,JNET分類-、新しい診断基準・分類に基づいたNBI/BLI/LCI内視鏡アトラス、日本メディカルセンター、2016.10.20:194-200 【編集】 斎藤 豊
  24. 田中優作、阿部清一郎、斎藤豊:大腸【症例アトラス】20.Confocal laser endomicroscopy表面陥凹型(IIc):(NBI/Confocal)、 新しい診断基準・分類に基づいたNBI/BLI/LCI内視鏡アトラス、日本メディカルセンター、2016.10.20:250-253【編集】 斎藤 豊
  25. 桑原洋紀、松田尚久、斎藤豊、大腸【症例アトラス】26. LST由来進行癌(NBI)(NBI/Confocal) 、新しい診断基準・分類に基づいたNBI/BLI/LCI内視鏡アトラス、日本メディカルセンター、2016.10.20:266-267【編集】 斎藤 豊
  26. 田尻久雄他、田尻久雄/監修、 斎藤豊,炭山和毅/編集:見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10. ページ数285ページ、羊土社
  27. 斎藤豊,炭山和毅:編集の序、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  28. 斎藤豊:序章 IEEの臓器別活用法と分類 2.臓器別活用法3 大腸の用語・分類、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:28-31、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤豊,炭山和毅/編集
  29. 高丸博之,斎藤豊:第3章 大腸のIEE観察 3.深達度診断 1 診断ロジックとプロセス 、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:226-232、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤豊,炭山和毅/編集
  30. 田中優作、斎藤豊、関根茂樹:第3章 大腸のIEE観察 3.深達度診断2 症例-Case1、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:233-236、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤豊,炭山和毅/編集
  31. 高丸博之,斎藤豊:第3章 大腸のIEE観察 3.深達度診断2 症例-Case3、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:241-244、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  32. 居軒和也、斎藤豊:第3章 大腸のIEE観察 3.深達度診断2 症例-Case4、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:245-247、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  33. 蓑田洋介、松田尚久、斎藤豊:第3章 大腸のIEE観察 3.深達度診断2 症例-Case6、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:255-258、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  34. 吉永繁高、田中優作、関根茂樹:第1章 食道のIEE観察 2.腫瘍・非腫瘍の鑑別と深達度診断 2 症例Case4扁平上皮癌(SM2以深)、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:70-75、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  35. 桑原洋紀、野中哲:第1章 食道のIEE観察 2.腫瘍・非腫瘍の鑑別と深達度診断 2 症例Case5扁平上皮癌(進行癌)、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:76-79、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  36. 小田一郎:第2章 胃のIEE観察 1.ここがポイント!観察の仕方 1 病変発見まで、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:96-101、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  37. 阿部清一郎:第2章 胃のIEE観察 1.ここがポイント!観察の仕方2 病変発見後、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:102-105、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  38. 阿部清一郎:第2章 胃のIEE観察 2.腫瘍・非腫瘍の鑑別と範囲診断 2 症例 Case9範囲診断困難例(0-2C+2b.M)、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:152-156、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  39. 野中 哲:第2章 胃のIEE観察 4.検査レポートの書き方、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:183-189、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  40. 山田真善:第3章 大腸のIEE観察 2.腫瘍・非腫瘍の鑑別診断 1 診断ロジックとプロセス、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:197-208、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  41. 関口雅則、山田真善:第3章 大腸のIEE観察 2.腫瘍・非腫瘍の鑑別診断 2 症例 Case2 SSA/P、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:212-217、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  42. 紺田健一、坂本琢:第3章 大腸のIEE観察 2.腫瘍・非腫瘍の鑑別診断 2 症例 Case3 TSA、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:218-221、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  43. 小林俊介、坂本琢、中島健:第3章 大腸のIEE観察 3.深達度診断2 症例 Case8 TSA、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:264-268、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  44. 関口正宇:第3章 大腸のIEE観察 4.これだけははずさない!外科手術前の精査法、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:269-273、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集
  45. 坂本 琢:第3章 大腸のIEE観察 5.検査レポートの書き方、見えないものが観えてくる!画像強調内視鏡の診断ロジック、2016.10:274-279、羊土社、田尻久雄/監修、 斎藤 豊,炭山和毅/編集

邦文(雑誌)

  1. 高丸博之、坂本琢、山田真善、中島健、松田尚久、斎藤豊:使用する側から見た運用上のポイント(3)大腸EMR/precutting EMR/hybrid ESD/ESD -手技の定義と実際、臨床消化器内科2016;31(1):35-43
  2. 斎藤豊、山田真善、高丸博之、田中寛人、居軒和也、坂本琢、中島健、松田尚久:(腫瘍分野)大腸における内視鏡治療-将来展望も含めて、INTESTINE2016;20(1):73-80
  3. 桑原洋紀、松田尚久、関根茂樹、斎藤豊:画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス 有茎性頭部浸潤と茎浸潤/pT1癌の浸潤距離、大腸がんperspective2016;2(4):248-251
  4. 阿部清一郎、斎藤豊、田中優作、居軒和也、小田一郎、松田尚久:confocal laser endomicroscopy:臨牀消化器内科2016;31(4):475-478
  5. 角川康夫、松本美野里、居軒和也、高丸博之、松田尚久、斎藤豊:大腸病変検出における大腸カプセル内視鏡の臨床的有用性-本邦における多施設共同前向き研究(治験)の結果から、 INTESTINE2016;20(2):207-210
  6. 山田真善、坂本琢、中島健、松田尚久、斎藤豊:SSA/Pに特徴的なNBI拡大観察所見の検索、INTESTINE2016;20(2):211-213
  7. 坂本琢、高丸博之、関口正宇、山田真善、中島健、角川康夫、松田尚久、斎藤豊:早期大腸癌:IEE拡大観察(色素を含めて)-どこまで診断可能か?-消化器内視鏡2016;28(3):453-459
  8. 斎藤豊、編集後記、消化器内視鏡2016; 28(3):508
  9. 斎藤豊、高丸博之、松田尚久:大腸ESDのコツとピットフォール、J.ColoExam2016;32(2):35-43
  10. 坂本琢、斎藤豊、関口正宇、山田真善、中島健、松田尚久:視野角330°の広角大腸内視鏡(FuseR)、臨牀消化器内科2016;31(6):733-736
  11. 斎藤豊:コラム 超広角内視鏡やフューズシステムでは挿入法が変わるか?、消化器内視鏡2016;28(4):652-653
  12. 斎藤豊、山田真善、関口正宇、坂本琢、中島健、松田尚久、関口雅則、高丸博之、居軒和也、田中寛人、谷口浩和、関根茂樹、池松弘朗、浦岡俊夫:画像強調内視鏡(NBI,BLI,AFI)、胃と腸2016;51(7):931-936
  13. 山田真善、斎藤豊、坂本琢、中島健、松田尚久:State of the art Resected and discardは患者さんの治療に貢献するか・慎重に(内視鏡医の立場から)、大腸がんperspective2016;3(1):25-31
  14. 坂本琢、関口正宇、山田真善、中島健、松田尚久、落合大樹、塚本俊輔、志田大、高島淳生、濱口哲弥、金光幸秀、朴成和、斎藤豊:〔狭窄における内視鏡治療:下部消化管〕癌性狭窄;コレクタルチューブ、消化器内視鏡2016;28(5):732-739
  15. 斎藤豊:コラム ESD trend in the world!、消化器内視鏡2016;28(7):953
  16. 坂本琢、松田尚久、高丸博之、関口正宇、山田真善、阿部清一郎、中島健、角川康夫、斎藤豊:(中級編)2cm前後の大腸病変に対する再発させないEMR、消化器内視鏡2016;28(7):1004-1013
  17. 浦岡 俊夫、田中信治、松木主之、斎藤豊、斎藤彰一、松田尚久、岡志郎、森山智彦、田尻久雄、緒方晴彦、矢作直久、石川秀樹:ノート 新しい小腸・大腸画像診断のトピックス―広角内視鏡(extra-wide-angle-view colonoscope)の開発と有用性、胃と腸2016;51(7):944-948
  18. 斎藤豊:編集後記、消化器内視鏡2016;28(9):1516
  19. 斎藤 豊 、 松田尚久 、中島健 、 坂本琢 、山田真善 、斎藤彰一 、 池松弘朗 、和田祥城 、 岡志郎 、河野弘志、佐野寧 、田中信治 、藤井隆広 、工藤進英 、浦岡俊夫、小林望 、中村尚志 、堀田欣一 、堀松高博 、坂本直人、傅光義 、鶴田修 、樫田博史 、竹内洋司 、町田浩久、日下利広 、吉田直久 、平田一郎 、寺井 毅 、山野泰穂 、金子和弘 、山口裕一郎 、玉井尚人 、中野(丸山)尚子 、林 奈那 、岩館峰雄 、石川秀樹 、吉田茂昭.  The Japan NBI Expert Team(JNET):The Japan NBI Expert Team(JNET)大腸拡大Narrow Band Imaging(NBI)分類の紹介、Gastroenterological Endoscopy2016;58( 11):2314-2322
  20. 野中哲、吉永繁高、谷口浩和、桑原洋紀、宮本康雄、阿部清一郎、鈴木晴久、小田一郎、斎藤豊:十二指腸非乳頭部NETの診断と内視鏡治療、消化器内視鏡2016;28(11):1768-1775