肝胆膵内科 << 国立がん研究センター中央病院

肝胆膵内科

1.肝胆膵内科について
2.診療について
3.研究について

1.肝胆膵内科について

 肝胆膵内科長 
奥坂 拓志 (おくさか たくじ)   奥坂 拓志 (おくさか たくじ) 外来診療日:月・火・木・金
  専門医・認定医資格など:
医学博士
日本内科学会指導医 ・認定内科医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本胆道学会指導医
肝臓がん・胆道(胆嚢・胆管)がん・膵臓がんの抗がん剤治療を専門とし、放射線治療・ラジオ波治療・動脈治療なども他科と連携して積極的に行っています。
 医員 (希少がんセンター 併任)
診療科研究担当
森実 千種 (もりざね ちぐさ)   森実 千種 (もりざね ちぐさ) 外来診療日:火・水・木
  専門医・認定医資格など:
医学博士
日本内科学会認定内科医
がん薬物療法がん治療認定医
肝胆膵領域の内科治療を専門として行っています。個々人の価値観に合わせて最善の治療を提供するよう努力いたします。
 医員
近藤 俊輔 (こんどう しゅんすけ)   近藤 俊輔 (こんどう しゅんすけ) 外来診療日:月・水・金
  専門医・認定医資格など:
医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本臨床腫瘍学会 認定がん薬物療法専門医
がん薬物療法指導医
がん治療認定医
日本医師会認定産業医
化学療法を専門とし、肝胆膵腫瘍グループで新規治療法の開発を積極的に行っています。
 病棟・内視鏡担当医員
坂本 康成 (さかもと やすなり)   坂本 康成 (さかもと やすなり)  
  専門医・認定医資格など:
医学博士
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
がん治療認定医
日本医師会認定産業医
肝胆膵領域がんの内科治療、胆膵領域の内視鏡処置を行っております。わかりやすいご説明、より良き治療のご提供に努めます。
 がん専門修練医
大場 彬博 (おおばあきひろ)   大場 彬博 (おおばあきひろ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:





肝胆膵内科では、肝臓がん、胆道がん、膵臓がんに対する内科治療を、経験豊富なスタッフのもとで積極的に行っています。標準治療だけでなく、新規治療の提供や開発を積極的に行っているのが当科の特徴です。以下にその主な活動内容を示します。

1)肝臓がん

肝臓がんの多くは、肝細胞がんと呼ばれるタイプの腫瘍です。肝細胞がんに対する治療は、外科治療の他に、ラジオ波焼灼療法(RFA)、エタノール注入療法(PEI)、肝動脈塞栓療法(TAE)、肝動注化学療法(TAI)、全身化学療法、放射線療法など多岐にわたっています。個々の患者さんのがんの状況や肝臓の状態(肝の予備能力)に応じて、適切な治療方針を選択し、実施いたします。また、肝内胆管がんと呼ばれる比較的まれな肝臓がんに対しては、外科で切除することが難しい場合に、化学療法を中心とした内科治療を行っています。

2)胆道がん

胆嚢がんや肝外胆管がん、ファーター乳頭部がんなどの胆汁の通り道にできるがんを総称して、胆道がんと呼びます。これらのがんに対しては外科による切除が第一選択となりますが、がんの進展のために切除が難しい場合や切除後に再発した場合は、化学療法を中心とした内科治療を当科で行っています。

3)膵がん

膵がんの大半は浸潤性膵管がんと呼ばれるがんであり、外科切除が第一選択ですが、早期発見が難しいことから多くの方が切除困難な進行がんの状態で発見されています。これらの進行膵がんや再発膵がんに対して当科では、化学療法や化学放射線療法を積極的に行っています。また、切除後の再発抑制を目的とした術後補助化学療法も肝胆膵外科と連携を取りながら行っています。

4)その他の肝胆膵領域のがん

肝胆膵領域を原発とするまれながん(神経内分泌がんなど)の患者さんも当科には多く受診しておられ、これらの疾患に対する内科治療にも取り組んでいます。

2.診療について

疾患別検査・治療待ち時間一覧はこちら

当科の特徴として以下の点があげられます。

1)他科との良好なコミュニケーション

肝胆膵領域のがんを適切に治療するためには、外科と内科の連携はもちろん、放射線診断科、放射線治療科、内視鏡科、緩和ケアチームなどとの良好なコミュニケーションが必要不可欠です。当科はこれらの他科とコミュニケーションを大切にしており、適切かつ迅速な治療方針の決定と実施に役立っています。

2)新しい治療への積極的な取り組み

日常治療として広く行われている標準治療に加え、新しい治療の開発も積極的に取り組んでいます。現在膵がんや胆道がんで広く使用されているゲムシタビンや ティーエスワンは当科を含むいくつかの施設で行われた治験を経て保険適応が承認されたものです。現在も、より優れた治療を目指して治験や研究者主導の臨床 試験を多数行っており、ご希望の患者さんにこれらの治療を提供しています。

3)地域病院との連携や緩和治療のサポート

現在当科で行っている化学療法のほとんどは外来通院で実施することが可能です。患者さんが安心して治療を受けられるように、自宅に近い病院や診療所との連携に積極的に取り組んでいます。また、相談支援センターと連携しながら適切な緩和治療が受けられるようにサポートを行っています。膵がん・胆道がんの患者さんに対しては入院している方を対象に、医師やケースワーカーが定期的に「膵がん・胆道がん教室」を開催しており、より良い環境で治療が受けられるように支援しています。

以下に、当科で治療を受けた新規患者さんの年度別の総数を示します。

肝胆膵内科 診療実績
  2013 2014 2015 2016
肝細胞がん 初診患者数 184 136 146 140
治療開始患者数 78 35 37 32
治療件数 PEI 12 5 8 2
RFA 48 55 50 31
TAE 159 146 143 139
TAI - - 15 20
全身化学療法 - - 28 24
膵がん  初診患者数 431 466 450 185
治療開始患者数 局所進行 50 37 39 54
遠隔転移 75 83 92 95
術後再発 13 19 28 22
術前後補助療法     30 14
治療処置等件数 化学療法等 253 238 301 311
胆道がん 初診患者数 116 172 188 56
治療開始患者数 肝内胆管がん 6 17 30 22
肝外胆管がん 7 13 11 17
胆嚢がん 10 14 13 16
乳頭部がん 2 2 2 1
治療件数 化学療法等 46 69 99 102
神経内分泌がん
(肝胆膵領域)
初診患者数 16 26 28 36
治療開始患者数 8 21 16 11
治療処置等件数 化学療法等 13 35 41 37

肝胆膵内科 治療実績
  生存期間中央値 生存割合
切除不能肝がん(RFA適応) 調査期間の関係で算出不能 5年生存割合 63.9%
切除不能肝がん(TAE適応) 1,283日 3年生存割合 56.6%
切除不能肝がん(全身療法適応) 260日 1年生存割合 40.9%
切除不能膵がん 311日 1年生存割合 42.4%
切除不能胆道がん 353日 1年生存割合 47.7%

3.研究について

2017年現在、当科のスタッフが班長もしくは班員となっている研究を以下に示します。

<日本医療研究開発機構研究費>
  • 胆道がんに対する治療法の確立に関する研究
  • 消化器神経内分泌癌に対する標準治療の確立に関する研究
  • 切除不能膵癌に対する標準治療の確立に関する研究
  • C型肝炎ウイルスに起因する肝硬変に対する抗線維化治療薬の開発に関する研究
  • ゲノム創薬・医療を指向した全国規模の進行固形がん、及び、遺伝性腫瘍臨床ゲノムデータストレージの構築
  • 産学連携全国がんゲノムスクリーニング(SCRUM-Japan)を利用したがん新薬開発に資する疾患登録システムの構築
  • がん領域Clinical Innovation Network事業による超希少がんの臨床開発と基盤整備を行う総合研究
  • タンパク質・ペプチド修飾解析による早期がん・リスク疾患診断のための血液バイオマーカーの開発
  • 産学連携全国がんゲノムスクリーニング(SCRUM-Japan)患者レジストリを活用した HER2陽性の切除不能または再発胆道癌に対する医師主導治験
  • 急速進行性がん患者・家族と医師の共感的コミュニケーション促進のための統合支援プログラムの有効性を検証する無作為化比較試験
<国立がん研究センター研究開発費>
  • 成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究
  • 進行・再発がん患者の治療方針決定における意思決定支援モデルの確立に関する研究
  • 全国のがんの遺伝カウンセリング実施施設の連携による遺伝性腫瘍の登録と追跡、解析拠点構築等に関する実証的研究
  • 診療実態に基づいた希少がん診療体制の確立に関する研究
<厚生労働科学研究>
  • アンメットメディカルニーズにおける抗がん剤のPK/PDに基づく最適化医療の実施
  • 将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究
<文部科学省研究>
  • KRAS変異陰性膵がんの治療標的となる遺伝子異常の同定
<日本対がん協会 リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFLJ)「プロジェクト未来」>
  • がん患者における労働生産性変化の実態調査(プレゼンティズム/アブセンティズムの解析から)