コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 脳脊髄腫瘍科 > 研究について

研究について

  1. 悪性脳腫瘍に対する多施設臨床試験 JCOG脳腫瘍グループ代表 渋井壮一郎 事務局 成田善孝
  2. 脳腫瘍全国統計疫学調査(臓器がん登録) 脳腫瘍全国統計委員会委員長 渋井壮一郎 事務局 成田善孝
  3. 次世代がんゲノムプロジェクト 分子プロファイリングによる新規標的同定を通じた難治がん治療法開発 東京大学医学部脳神経外科・東京大学先端科学技術研究センター・国立がん研究センター研究所などとの共同研究 神経膠腫や小児に多い胚細胞腫のゲノム解析などを行い、新しい診断法や、治療薬の開発を目指しています。
  4. 神経膠腫における遺伝子発現解析 研究所脳腫瘍連携研究室 市村幸一分野長との共同研究 神経膠腫をはじめとして悪性脳腫瘍の遺伝子解析と診断・治療への実用化を目指した基礎研究
  5. 初代培養膠芽腫幹細胞を用いた新規治療薬の開発研究 山形大学医学部腫瘍分子医科学北中千史教授との共同研究
  6. 術中MRIを用いた新規外科治療法の開発 術中MRIをはじめとした新規医用器械の開発と手術への応用 東京大学工学部や企業などとも共同開発研究
  7. 青少年の日常生活と脳腫瘍の疫学に関する調査 総務省・東京女子医科大学衛生学公衆衛生学教室との共同研究(世界16ヵ国が参加)
  8. 症候性脳放射線壊死に対する核医学的診断とベバシズマブの静脈内投与による治療 大阪医科大学脳神経外科宮武伸一先生等との先進医療制度を用いた共同研究
  9. 標準治療抵抗性神経膠芽腫に対するペプチドワクチンの第III相臨床研究 久留米大学伊東恭悟先生等との共同研究・医師主導試験