呼吸器外科 << 国立がん研究センター中央病院

呼吸器外科

1.呼吸器外科について
2.診療について
3.研究について

1.呼吸器外科について

 科長
渡辺 俊一 (わたなべ しゅんいち)   渡辺 俊一 (わたなべ しゅんいち) 外来診療日:火・木・金(午前)
  専門医・認定医資格など:
外科専門医・指導医
呼吸器外科専門医
日本胸部外科学会 指導医
日本呼吸器外科学会 指導医
気管支鏡専門医・指導医
がん治療認定医
当科の肺がん切除数は本邦では最多であり、豊富な経験があります。胸腔鏡を併用し、7〜8cm程度の小開胸下に低侵襲かつ質の高い手術を心がけています。当センターは呼吸器外科専門医のほか腫瘍内科医、放射線治療専門医もそろっており、進行肺がんに対する集学的治療も可能です。
 医長
診療科研究担当
中川 加寿夫 (なかがわ かずお)   中川 加寿夫 (なかがわ かずお) 外来診療日:水・金
  専門医・認定医資格など:
外科専門医
呼吸器外科専門医
がん治療認定医
がんの根治性を損なうことなく、迅速かつ安全な低侵襲手術を施行することを常に心がけております。また、胸部グループの一員としてチーム医療を実践していくことを心がけております。
 医員
吉田 幸弘 (よしだ ゆきひろ)   吉田 幸弘 (よしだ ゆきひろ) 外来診療日:月(午前)・火(午前)
  専門医・認定医資格など:
外科専門医
呼吸器外科専門医
がん治療認定医
協調的なチーム医療を実践し、安全な手術の実施に努めております。
 医員
櫻井 裕幸 (さくらい ひろゆき)   朝倉 啓介 (あさくら けいすけ) 外来診療日:月・水・木(午前)
  専門医・認定医資格など:
外科専門医
呼吸器外科専門医
気管支鏡専門医・指導医
がん治療認定医
安全で確実な手術を行うことと、患者さんやご家族への丁寧な説明を心がけています。
 がん専門修練医
内田 真介 (うちだ しんすけ)   内田 真介 (うちだ しんすけ)
  専門医・認定医資格など:
外科専門医
個々の患者さんに寄り添った丁寧な医療を実践いたします。安全かつ質の高い手術を行い、患者さんが安心して退院できるよう努めます。

国立がん研究センター中央病院、呼吸器外科では、肺がんを中心として、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫、その他の胸部悪性疾患の外科治療を、4人のスタッフとレジデントで行っています。手術数は2016年度の手術総数が676件、そのうち原発性肺がんが493件とわが国で最多となっています。

手術症例(2016年)
腫瘍の種類 症例数
肺がん 493
転移性肺腫瘍 94
縦隔腫瘍 28
その他 61
合計 676

2.診療について

治療・検査待ち期間一覧はこちら

切除術式の大半を占める肺葉切除では、約8〜10cmの小開胸で、低侵襲の手術を行っています。術者はヘッドライトを装着し、胸腔鏡補助下に主として直視 下で手術を行います。この開胸法は、ひと昔前の開胸法と比較すると術後疼痛も少なく、回復も速やかで、入院期間も術後4〜5日(入院期間の合計は6〜7日)です。肺がんの根治性と安全性、短時間手術による低侵襲性に重点を置いているため、胸腔鏡だけに頼る手術は行っておりません。

肺がんに対する手術術式
手術の種類 症例数
2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
肺葉切除 332 321 340 331 324
肺全摘 7 14 12 8 5
区域切除 55 55 63 82 105
広範囲楔状切除 86 52 51 51 54
合計 480 442 466 472 488

一方、より進行した肺がんに対する拡大切除も従来より積極的に行ってきました。また、術前・術後化学療法(+放射線療法)などの集学的治療にも取り組んでいます。手術死亡率では、2007年〜2016年の10年間で術後30日以内の死亡率は 6,125例中12例のみ(0.2%)、世界的にみてもトップレベルの成績を保っています。

手術死亡率(2007〜2016年)
手術死亡率
術後30日以内の死亡 0.2%(12/6,125)

呼吸器外科 診療実績(疾患別)
  手術症例数
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
原発性肺がん 486 451 485 492 493
転移性肺腫瘍 89 96 80 82 94
縦隔腫瘍 17 29 18 24 28
その他 95 93 84 66 61
687 669 667 664 676

呼吸器外科 診療実績(術式別)
    症例数
    2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
年間総手術件数   687 669 667 664 676
肺切除 肺葉切除 356 349 363 347 341
肺全摘 12 18 16 11 10
区域切除 68 78 74 101 137
部分切除 170 133 135 128 134
606 578 588 587 622
縦隔腫瘍切除 17 29 18 28 26
その他 64 62 61 49 28

呼吸器外科 治療成績(病理病期別)
(2000年1月〜2004年12月に切除された非小細胞肺がん1,520例)
病理病期 5年生存率(%)
IA 93
IB 84
IIA 68
IIB 71
IIIA 41
IIIB 35
IV 23

3.研究について

以上の診療活動に加えて、よりよい治療法を開発するために以下の研究を行っています。
  1. 肺がんに対する標準的外科治療に関する研究
  2. 肺がんのリンパ節転移経路とリンパ節マップに関する研究
  3. 肺がんに対する集学的治療の研究
  4. 大細胞神経内分泌癌に関する研究