コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 受診・相談案内 > 外来・受診 > 外来受診のご案内

外来受診のご案内

外来受診の流れ

受診の流れ 図

初診のご案内

当院では、原則として予約の取得をお願いしております。予約がお済みでない患者さんは、初診予約をお取りください。当日は、カルテの準備や画像取込などのため、予約時間の1時間前までにご来院ください。

初診当日に必要なもの

  1. 保険証
  2. 紹介状(診療情報提供書)
  3. 画像検査結果(CD・DVD・レントゲンフィルム)などの資料
  4. お薬手帳

初診受付の手順

  1. 1階初診受付の整理券を取り、診療申込書(PDF:648KB)に必要事項を記入してお待ちください。
  2. 番号を呼ばれましたら、上記の整理券・診療申込書と「初診当日に必要なもの」一式をご提出ください。過去に当院もしくは当院検診センター、国立がん研究センター東病院を受診されたことがある方は、お申し出ください。
  3. 外来予診カードをお渡ししますので、ご記入ください。
  4. カルテの用意ができましたら、診療券と計算カードの入ったファイルをお渡しします。
  5. バイオバンク窓口で、当センターでの研究協力のご説明をいたします。
  6. 画像検査結果をお持ちの場合、4階放射線診断科で受付をし、画像取込を行います。

外来診療

  1. 初診受付の手続きが終わりましたら、受診される外来エリアで受付を行います。診察場所は、計算カードに印字されています。
  2. 当院では、患者さんが外来エリア(診察室前)に到着したことを、医師が迅速に把握するために、外来チェックインシステムを導入しております。計算カードのバーコードでチェックインを済ませてお待ちください。
  3. 順番が来ましたら、診察を行います。その後は、医師・看護師などの指示に従ってください。

お会計

  1. 全ての診察や検査が終わりましたら、1階計算受付の整理券を取り、番号を呼ばれるまでお待ちください。
  2. 番号を呼ばれましたら、整理券と計算カードをファイルごとお出しください。会計番号の書かれた紙をお渡しします。
  3. お会計の計算が済みましたら、記載されている番号が画面に表示されますので、自動精算機にてお支払いください。

注:下記のクレジットカード、デビットカードがご利用頂けます。ご利用できる金額をご確認ください。
カード画像

お薬について

  1. 当院では、院外処方せんの発行を原則としております。
  2. 計算受付で処方せんに受付印をもらってから、院外の保険薬局でお薬をお受け取りください。受付印がないとお薬がもらえない場合があります。また、処方せんの有効期限は、交付の日を含めて4日間ですので、ご注意ください。
  3. 院内でお薬を受け取るよう指示のあった場合は、領収書に印字されている引換券を院内の薬局に提出し、お薬をお受け取りください。

再診のご案内

再診の際も原則として予約が必要です。毎回の診察の際に、次回の診察の予約を取ることをおすすめしています。予約がお済みでない患者さんは、下記までお電話ください。

電話番号:03-3547-5200(予約センター・再診受付)
受付時間:8時30分から17時(土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く)

再診時に必要なもの

  1. 診療券
  2. 保険証
  3. お薬手帳

再診受付の手順

  1. 病院入口から入って正面にある再来受付機に診療券を入れてください。受付と計算カードの発行を行います。再来受付機は、7時25分より稼働します。
  2. 毎月最初の受診の際は、再来受付機右横の保険証確認カウンターにて保険証をご提示ください。提示がないと、正しい負担割合での医療費の計算ができません。
  3. それ以降は、「初診のご案内」「外来診療」からと同じです。

緊急再診

必ずあらかじめ担当医に連絡して診察の了解を得てください。担当医に指示された来院時間に、1階再診受付にお越しください。

外来フロアのご案内

詳細は、外来フロア案内図をご覧ください。受診当日は、計算カードの裏面にも簡単な案内図を印刷しています。

診断書等の発行について

  1. 診断書・証明書などの文書が必要な方は、診療券をお持ちのうえ、1階文書受付(受付時間:8時30分から17時)にお申し込みください。
  2. 土曜日・日曜日・祝日、年末年始は診断書受付業務を行っておりません。
  3. 書類の完成には約1カ月かかります。ただし、担当医師の出張などのため長くかかる場合があります。
  4. 代理人の方は、委任状(PDF:45KB)と身分証明書(保険証・運転免許証等)が必要となります。
  5. 郵送での受取りを希望される方は、切手をご用意ください。当院売店でも販売しています。
  6. 代金は、先払いとなります。金額は下記のとおりです。
書名金額(税込)
生命保険診断書(保険会社) 10,800円 
特殊診断書(英文等) 10,800円 
普通診断書・証明書(当院様式) 4,320円 
身体障害者診断書(手帳) 8,640円 
障害年金診断書 5,400円 
険適用文書名診療点数保険負担1割保険負担2割保険負担3割
診療情報提供書 250点  250円  500円  750円 
傷病手当金意見書 100点  100円  200円  300円 

受診される方へのお知らせ

リスクマネージャーについて

当院では各診療科および看護単位をはじめ、各部署にリスクマネージャーを配置しています。リスクマネージャーは、安全かつ適切な医療、看護の提供ができるような体制づくりの役割を担っていて、外来や入院生活では各職場における医療事故の原因・防止方法ならびに医療体制の改善方法について、検討および提言を行っています。該当者は、ネームカードにリスクマネージャーと表示しています。

介助、車いすなどを必要とする方へ

1階案内カウンターにご相談ください。

患者・家族の皆様へ

職員への謝礼は固くお断りいたします。

感染防止について

当院では、院内での感染を防ぐために医師・看護師などで構成される感染対策チームを設置し、監視と指導を行っています。がん治療で免疫力の低下した患者さんが多数いらっしゃいますので、風邪や感染症の疑いのある方や小さいお子様の病棟への立ち入り、感染症の原因となる恐れのある“お見舞いのお花の持ち込み”はご遠慮ください。また、病室への入退室の際には、入口に設置した消毒剤で手指の消毒をお願いします。

栄養サポートチームについて

当院では、栄養サポートチーム(医師・看護師・管理栄養士・薬剤師などで構成)が患者さんの病状に応じて栄養管理を援助しています。

緩和ケアチームについて

当院では、担当医からの依頼に基づいて緩和ケアチーム(緩和ケア医、精神腫瘍科医、看護師、ソーシャルワーカー、薬剤師などで構成)が身体的な苦痛(痛み、息苦しさなど)や精神的な苦痛(不安、不眠、抑うつなど)を和らげる治療にあたっています。

レジデント、研修生、学生の受け入れについて

当院には、がん専門医育成のための教育制度があり、一定の経験を積んだ医師がスタッフ医師の指導のもと診療に従事しております。また、国内外の医師、看護師、薬剤師、放射線・臨床検査技師の研修や医学生、看護学生などの学生実習も受け入れています。高度ながん医療を担う医療従事者の育成は、当院の重要な使命の1つですのでご理解いただきますようお願い申し上げます。

がん情報プラザ「つきじ」について

病院玄関を入ってすぐ右にあります。がんやがんに関連したことについてのさまざまな情報を得るための場所です。医学辞典やわかりやすい書籍などを用意しています。患者さん、ご家族、ご面会の方々、地域の方々、どうぞご利用ください。ご利用は無料です。

診療情報の提供(診療録の開示等)について

当院では、厚生労働省の定める「国立病院等における診療情報の提供に関する指針」に則り、平成13年4月1日より、診療情報の提供(診療録の開示等)を行っております。情報提供をご希望の方は、1階文書受付にご相談ください。

ご要望・ご意見窓口について

中央病院に対するご要望・苦情などがありましたら、8階の相談支援センターにお寄せください。お電話でも承っております。

電話番号:03-3547-5293
受付時間:10時から16時(土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く)