コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 中央病院について > 病院指標 > 平成28年度 国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 病院指標

平成28年度 国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 病院指標

目次

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

年齢階級別退院患者数(TSV:0KB)

年齢区分0歳以上10から20から30から40から50から60から70から80から90から
患者数 523 284 377 792 1,572 2,310 4,233 3,487 1,069 42

年齢階級別にみていくと、40歳台からの入院が多くなっています。0から30歳代も少なくありません。特に、小児患者では、繰り返し入院して治療を行う場合や通常の検査でも鎮静が必要となり、退院患者数が増えております。
また、本集計全体の注意点として、治験、先進医療、自費診療等の患者が集計からは除外されております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード(TSV:14KB)

乳腺・腫瘍内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 112 6.11 5.12 0.89% 58.84  
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 73 7.93 14.13 0.00% 46.97  
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍 手術なし 61 5.34 15.45 3.28% 62.59  
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 53 2.57 6.11 0.00% 54.43  
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 47 8.72 10.19 0.00% 45.64  

乳がんのみならず、婦人科がん(卵巣がん、子宮がん)の術後化学療法や再発時の薬物治療に加えて、胚細胞腫瘍、原発不明がんや軟部肉腫など、稀ながんであるために治療法がなかなか定まらない悪性腫瘍の治療に力を入れています。頭頚部悪性腫瘍が2位になっているのは、頭頚部原発の悪性軟部肉腫の患者さんが多かったためです。

血液内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし 117 7.54 16.83 0.00% 62.49  
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2なし 副傷病なし 70 3.04 10.71 1.43% 62.83  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 その他の手術 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし 34 52.74 34.90 0.00% 59.32  
130010xx97x2xx 急性白血病 その他の手術 処置2:化学療法(2) 11 70.55 41.96 9.09% 54.18  
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 その他の手術 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 8 56.88 36.08 0.00% 59.25  

造血器悪性腫瘍の診断・検査・治療は主に外来で行っていますが、リツキシマブを含む一部の治療の導入(初回投与)や、リンパ腫に対する強力な救援療法や急性白血病の治療など骨髄抑制が高度な治療を行う場合、合併症(感染症など)を生じた場合に入院治療となります。治療導入の場合には、治療開始から1から数日の経過観察を行った後、早期に退院となります。

血液内科(骨髄移植)

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2なし 副傷病なし 10 2.70 10.71 0.00% 56.00  
130010xx97x2xx 急性白血病 その他の手術 処置2:化学療法(2) - - - - -  
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし - - - - -  
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 その他の手術 処置2:ビダーザ(4) 副傷病なし - - - - -  
130030xx97x00x 非ホジキンリンパ腫 その他の手術 処置2なし 副傷病なし - - - - -  

造血幹細胞移植はDPC対象外です。移植前または移植後の治療入院患者が集計されています。移植後の肺炎など合併症に対する入院治療を行うこともあります。

呼吸器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 393 9.01 12.35 0.00% 66.98  
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:アリムタ(8) 166 9.67 12.01 0.00% 60.73  
040040xx9903xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法あり(3) 83 31.95 31.17 0.00% 65.25  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 74 10.84 14.83 6.76% 67.05  
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:イレッサ等(6) 65 19.06 19.34 0.00% 63.14  

IV期もしくは術後再発には化学療法や分子標的治療、III期の切除不能症例には化学放射線療法など、患者さんの病状にとって最善の治療を選択しています。オプジーボ、キイトルーダなどの一部の高額薬剤を使用した症例はDPC対象外となるため除外されています。

消化器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 357 8.84 9.82 0.00% 64.86  
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法あり(3) 副傷病なし 222 11.47 20.92 0.00% 67.21  
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 副傷病なし 104 7.19 6.88 0.00% 61.26  
060020xx99x6xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置2:ハーセプチン(6) 41 6.32 6.41 0.00% 63.78  
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 37 9.62 14.13 0.00% 58.16  

食道癌に対して、食道外科、消化器内視鏡科、放射線治療科と共同のカンファレンスにて個々の患者様の病態に合わせて治療方針を決定し、早期食道癌に対する内視鏡治療後の化学放射線療法、切除可能症例に対する周術期の化学(放射線)療法、局所進行症例や局所再発例に対する化学放射線療法および遠隔転移症例に対する化学療法などを行っています。また、治療成績向上を目指した臨床試験も行っております。

胃癌に対して、同様に胃外科、消化器内視鏡科と共同でカンファレンスを開催し、個々の患者様の病態に合わせて治療方針を決定しています。術前後の補助化学療法だけでなく、切除不能・再発例については、分子標的薬を含めた標準的化学療法を1次から3次治療として行うだけでなく、様々な工夫をこらした治療を行っています。また、治療成績向上を目指した臨床試験も行っております。

内視鏡内科(消化器)

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 処置2なし 391 7.35 9.02 0.00% 71.37  
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍 内視鏡的食道粘膜切除術等 処置2なし 副傷病なし 199 6.44 9.91 0.00% 69.35  
060035xx03xxxx 結腸の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 100 5.37 7.53 0.00% 68.38  
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 77 5.26 7.38 0.00% 65.60  
060035xx99x00x 結腸の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし 56 3.02 7.20 0.00% 81.84  

日本消化器内視鏡学会および日本消化器病学会の指導医および専門医である常勤の消化管内視鏡スタッフ医師11名および検診センターの内視鏡医2名を中心に、年間で約12,000件の通常上部消化管内視鏡検査(食道、胃十二指腸)、4,500件の通常下部消化管内視鏡検査(直腸、結腸)を行うと同時に、内視鏡切除を211件の表在食道がん、388件の早期胃がん、2,320件(内ESD214件)の大腸腫瘍に対して行っています。なおESDでは他の大学病院などで治療困難例の紹介も多くなっており、遺残再発例や腫瘍径が大きく通常内視鏡治療が困難な症例に対しても積極的かつ慎重に内視鏡治療の適応を検討しています。

大腸では拡大内視鏡診断に基づいて、ESDとEMR(内視鏡的粘膜切除術)の適応を見極め、最適な治療法を選択を選択するよう心がけており、2cmまでの大腸ポリープや早期癌であれば日帰り治療も可能です。

肝臓・胆のう・膵臓内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 158 8.03 11.74 0.00% 70.65  
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 133 6.14 10,41 3.01% 62.90  
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし 72 4.15 10.33 1.39% 68.96  
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 60 12.87 11.06 1.67% 65.22  
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 54 14.56 14.75 5.56% 65.76  

肝臓がん、胆道がん、膵臓がんの患者さんに対して、抗がん剤治療や分子標的治療、ラジオ波焼灼療法、内視鏡的胆道ドレナージなどの治療や生検などの検査を行い、患者さんの病状にとって最善の医療を提供しています。ザノサーなど、一部の高額薬剤を使用した化学療法の症例についてはDPC対象外となるため、今回の集計には入っていません。

小児腫瘍内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020040xx99x1xx 網膜芽細胞腫 手術なし 処置2:化学療法等 51 4.86 9.12 0.00% 1.61  
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 32 8.41 17.48 0.00% 14.94  
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 31 6.94 10.19 0.00% 12.00  
130010xx97x2xx 急性白血病 その他の手術 処置2:化学療法(2) 22 23.23 41.96 0.00% 9.05  
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 20 5.90 14.13 0.00% 13.50  

小児のすべての悪性腫瘍(小児がん)に対しての治療を行っています。小児にはめずらしい腫瘍であっても、生検から病理診断までを迅速に行うことが可能です。

骨肉腫、ユーイング肉腫、横紋筋肉腫をはじめとする骨や軟部組織にできる腫瘍は骨軟部腫瘍科、網膜芽細胞腫は眼腫瘍科、神経芽腫などの小児固形腫瘍は小児腫瘍外科、また、放射線治療科や院内各科と連携し、化学療法、手術、放射線治療などの集学的治療を行っています。再発後などの難治の患者さんには臨床試験や治験参加による未承認薬での治療なども可能であり、患者さんの病状に合わせての治療選択が可能です。院内には高等部まである墨東特別支援学校分教室もありますので、高校生でも治療しながらの学習が可能です。

なお、上記のDPCの集計では、対象外の薬剤を使用した患者さんは含まれておりません。

乳腺外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置2なし 247 10.72 10.30 0.00% 55.89  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 192 4.42 6.59 0.00% 53.30  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術等 処置2なし 172 10.38 11.57 0.00% 52.81  
070041xx97x0xx 軟部の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 12 8.50 11.90 0.00% 56.92  
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 その他の手術 - - - - -  

患者数1位から3位まで、いずれも乳癌の悪性腫瘍手術を行うDPC分類となっています。1位は全乳房の切除で腋窩リンパ節郭清を行わずセンチネルリンパ節生検を行う分類で、形成外科と協力して同時に乳房再建を行う症例が多いため平均在院日数が全国平均より長くなっています。2位は全乳房切除または乳房部分切除で腋窩リンパ節郭清を行う分類で、手術の低侵襲化により手術後の回復が早いため平均在院日数が全国平均より短くなっています。3位は乳房部分切除で腋窩リンパ節郭清を行わずセンチネルリンパ節生検を行う分類で、手術の低侵襲化により手術後の回復が早いため平均在院日数が全国平均より短くなっています。4位は腋窩リンパ節の悪性腫瘍や胸部の軟部悪性腫瘍です。5位は良性腫瘍で外来で実施するためデータがありません。

食道外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍 食道悪性腫瘍手術等 処置2:人工腎臓等(1) 92 27.21 38.19 1.09% 65.68  
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術 処置2なし 18 8.94 15.58 0.00% 69.89  
060010xx99x0xx 食道の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 14 13.00 11.87 7.14% 73.64  
060010xx97x1xx 食道の悪性腫瘍 その他の手術 処置2:人工腎臓等(1) - - - - -  
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍 内視鏡的食道粘膜切除術等 処置2なし 副傷病なし - - - - -  
  • 1位:食道悪性腫瘍手術:扁平上皮癌のStage I症例は根治的化学放射線療法、内視鏡切除+補助化学放射線療法による臓器温存治療を積極的に勧めており、Stage Iの手術例は他施設に比べ少なくなっています。非手術の根治的化学放射線療法後の遺残再発に対する救済手術が20%と多く、術後在院日数が長くなっています。
  • 2位:吻合部狭窄等の術後後遺症に対する、狭窄部拡張、胃瘻造設等:食道癌手術後の吻合部狭窄、食思不振については一般病院での対応が難しいことが多く、当院で対応することも多いです。
  • 3位:症状緩和:術後外来での状態悪化については、食道外科で入院対応し、再発が確認され緩和医療の適応となった場合は、他施設での緩和医療を勧めています。

胃外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 処置2なし 210 17.73 17.65 0.00% 67.17  
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 処置2なし 81 18.42 20.58 0.00% 64.38  
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし 50 5.06 11.20 0.00% 61.86  
060020xx02x1xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 処置2:中心静脈注射等(1) 13 34.00 36.21 0.00% 77.54  
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1:イレウス用ロングチューブ挿入法 処置2なし 11 26.00 13.77 9.09% 69.73  

いずれも胃がんに対する手術・検査です。当院の特徴として術前化学療法を行う局所進行がんが多く、第3位の手術なしの多くは、実際は審査腹腔鏡検査で化学療法を行う前のstagingです。

大腸外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 175 13.30 15.92 0.00% 66.87  
060040xx02x00x 直腸肛門の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 処置2なし 副傷病なし 108 14.86 17.98 0.93% 63.49  
060040xx03x00x 直腸肛門の悪性腫瘍 直腸腫瘍摘出術等 処置2なし 副傷病なし 39 10.97 12.88 0.00% 60.90  
060040xx01x0xx 直腸肛門の悪性腫瘍 骨盤内臓全摘術等 処置2なし 19 26.37 29.30 0.00% 64.00  
060035xx01001x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 処置1なし 処置2なし 副傷病:肺炎等 17 21.06 24.24 0.00% 68.53  

最近の大腸癌患者さん、中でも結腸癌患者さんの罹患数増加を反映して、結腸癌手術が非常に多くなっています。また、ERASの導入で術後の回復が早くなっています。直腸癌も結腸癌と同様に多く、通常の開腹術、腹腔鏡手術、ロボット支援手術などのアプローチを、癌の部位と進行度に応じて的確に使い分け、合併症を最小限に抑えています。更に、巨大な直腸癌患者さんの御紹介が多く、そのため骨盤内臓全摘術が多くなっています。

肝臓・胆のう・膵臓外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 肝切除術 部分切除等 処置2なし 52 14.88 15.85 0.00% 67.15  
06007xxx0100xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 処置1なし 処置2なし 43 25.93 24.96 0.00% 61.42  
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 30 10.57 11.06 3.33% 70.03  
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし 27 3.52 10.33 0.00% 68.07  
06007xxx01110x 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 処置1:限局性腹腔膿瘍手術等 処置2:人工腎臓等(1) 副傷病なし 23 26.26 42.46 4.35% 67.09  
  • 1位:肝切除術(部分切除から1区域切除)を行うもので、肝臓癌は減少傾向であり、転移性肝癌や胆管癌に対する肝切除が増加しています。
  • 2位:膵切除術(部分切除・全摘)を行うもので、膵頭十二指腸切除の症例が多いため在院期間が長くなっています。
  • 3位:閉塞性黄疸・胆管狭窄に対してPTCD, ENBD等を行う症例であり、多くが黄疸や胆管炎、門脈塞栓術に対する術前処置でした。一部術後胆管炎、再発に対する黄疸による処置が含まれます。
  • 4位:急性胆管炎で入院を要しましたが、保存的に短期間で経過しました。
  • 5位:膵頭部癌で膵液瘻、あるいは腹腔内膿瘍を併発し、ドレーンの留置期間が遷延した例が含まれていました。

胆管癌、胆嚢癌、乳頭部癌、十二指腸癌も膵頭十二指腸切除、あるいは胆嚢癌悪性手術、拡大肝葉切除尾状葉切除を施行していますが疾患ごとの頻度は多くありません。

整形外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 127 6.19 10.19 0.00% 55.02  
070041xx01x0xx 軟部の悪性腫瘍 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 処置2なし 74 19.20 19.53 0.00% 52.47  
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 処置1なし 副傷病なし 55 7.29 5.94 0.00% 41.31  
060030xx99x3xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 45 4.27 7.86 0.00% 56.09  
070041xx97x0xx 軟部の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 38 18.58 11.90 2.63% 54.97  

整形外科では、四肢および体幹の悪性骨軟部腫瘍(肉腫)の診断と治療を主に行っていますが、骨巨細胞腫、デスモイドなど良性であっても再発しやすいもの、機能障害を生じやすいものなど、一般の病院では治療の難しい良性骨軟部腫瘍も積極的に受け入れて治療を行っています。良性腫瘍に対しては、周囲の正常組織をできるだけ傷つけない辺縁切除術や掻爬術を、悪性腫瘍に対しては、再発を生じさせないような広範切除術を行っています。骨肉腫やユーイング肉腫などの高悪性度腫瘍に対しては手術前後の化学療法(補助化学療法)や放射線治療を併用して、再発や転移のリスクを下げるとともに、より良い機能が得られるようにしています。再発や転移のため腫瘍の切除が困難な場合には、化学療法剤や分子標的薬を用いた薬物療法によって、患者さんがより良いQOLを保った状態で腫瘍コントロールが得られるよう小児腫瘍科や乳腺・腫瘍内科、放射線治療科等と協力して集学的治療を行っています。

形成外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術 処置2なし 112 7.43 15.58 0.00% 49.28  
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 処置1なし - - - - -  
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 その他の手術 - - - - -  
180060xx97xxxx その他の新生物 その他の手術 - - - - -  
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 処置2なし - - - - -  

手術・処置の合併症に対する再建術等が多いですが、DPC対象外と指定された手術等は集計対象外となっています。

脳神経外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 処置2なし 副傷病なし 52 14.44 22.47 0.00% 54.08  
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法なしかつ放射線療法あり(3) 副傷病なし 20 11.85 9.60 10.00% 59.40  
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 20 9.65 11.54 20.00% 51.20  
010010xx9907xx 脳腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:テモダール等(7) 15 16.73 33.24 0.00% 47.13  
010010xx01x3xx 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 処置2:化学療法なしかつ放射線療法あり(3) 14 25.71 53.03 7.14% 57.07  

当科は、覚醒下手術・術中MRI・電気生理学的モニタリングを併用した悪性脳腫摘出術や悪性脳腫瘍に対する放射線・化学療法が特徴です。悪性脳腫瘍の患者さんが、早く社会復帰するように、可能な限り手術後には早期に退院し、外来で放射線や化学療法を行っています。DPCではこのような元気に外来治療できる患者さんは、「脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 処置2なし 副傷病なし」と表示されます。また再発した患者さんに対して、様々な化学療法・臨床試験(治験)を行っています。また本集計では、悪性神経膠腫(グリオーマ)に対するアバスチン、アラベル等DPC対象外となる薬剤を使用する患者が非常に多く、これらの高額薬剤を使用した患者は集計対象外となっています。

呼吸器外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 572 8.15 12.73 0.70% 66.42  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支鏡検査、気管支カメラ等 処置2なし 26 4.92 3.68 0.00% 70.38  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 10.68 14.83 21.05% 70.79  
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 17 12.41 21.29 0.00% 64.76  
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 処置2なし 16 6.88 11.61 0.00% 51.63  

病院の性質上、他院に比べて肺悪性腫瘍(原発性肺がんおよび転移性肺腫瘍)手術の比率が非常に高く、これに特化した診療科であることが第1の特長です。第2の特長として平均在院日数が他院のそれと比べて大幅に短いことが挙げられます。これは、われわれが標準としている胸腔鏡を併用しながら7-8cmの小開胸下に行う低侵襲手術法の最大の利点であります。すなわち胸腔鏡だけに頼らず直視も併用することで精密な手術(徹底したなリンパ節郭清および肺からの空気漏れの修復や止血を確実に行うことなど)が可能であり、かつ小さい開胸で筋肉や肋骨も温存されることから早期帰宅、社会復帰が可能となっています。

眼科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020040xx97x0xx 網膜芽細胞腫 その他の手術 処置2なし 256 3.75 4.27 0.00% 1.54  
020040xx99x0xx 網膜芽細胞腫 手術なし 処置2なし 41 3.73 3.13 0.00% 2.32  
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし - - - - -  
020040xx99x1xx 網膜芽細胞腫 手術なし 処置2:化学療法等 - - - - -  
180060xx97xxxx その他の新生物 その他の手術 - - - - -  
  • 1位:網膜芽細胞腫 眼球温存治療(網膜光凝固術など)もしくは眼球摘出
  • 2位:網膜芽細胞腫 全身麻酔眼底検査など
  • 3位:結膜、眼瞼、眼窩などの悪性腫瘍に対する切除手術
  • 4位:網膜芽細胞腫 化学療法など
  • 5位:その他の新生物

網膜芽細胞腫が大部分を占め、その中でも全身麻酔で行う眼球温存治療(網膜光凝固など)が大半を占めています。詳細な眼底検査のためには乳幼児の場合全身麻酔下に行う必要があり、この件数も多くなっています。

頭頸部外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 164 11.81 14.06 0.00% 64.59  
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法あり(3) 66 9.29 37.93 0.00% 63.15  
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 処置1:分層植皮術等 処置2なし 56 28.39 29.43 3.57% 64.88  
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 処置2なし 27 10.07 9.27 0.00% 59.48  
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 22 6.77 10.28 0.00% 69.59  

1位については、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌などの疾患で、原発手術や頸部郭清術を行った患者群が対象になっていますので、1週間から10日間程度の在院日数になりますが、中には喉頭全摘などで在院日数が少し長くなる患者が含まれるため、全体では約12日間の在院日数となり、全国平均並みになっています。

2位については、当院で行う化学放射線療法は、シスプラチンの観察が終わったところで退院し、次回のシスプラチン投与までは外来通院で放射線治療を行うために、大幅に平均在院日数が短縮されています。

3位については、原発切除に再建手術が加わるような患者群が対象になっていますが、当院では拡大切除に伴い複雑な再建を行う症例や、放射線治療後の救済手術の症例の割合が他院と比較して高いため、術後の合併症の頻度も高くなり、結果として平均在院日数が全国平均より高くなっていると考えられます。

放射線診断科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 処置2なし 57 6.93 12.52 0.00% 66.61  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 10 6.30 11.74 0.00% 55.00  
060370xx97000x 腹膜炎、腹腔内膿瘍 その他の手術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし - - - - -  
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法等 処置1なし 処置2なし - - - - -  
110050xx99x00x 後腹膜疾患 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - - - -  

主に、他科で入院している患者さんの治療を依頼される診療科であるため、当科での入院患者さんは当科で治療を完結する疾患ならびに他院からの直接紹介などに限られています。

結療法であり、DPC上同区分の治療である腎摘出術よりも侵襲が少ないため平均在院日数が大幅に短くなっています。また、症例数は多くありませんが、肝腫瘍に対する経皮的ラジオ波焼灼療法が2位となっています。

放射線治療科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法あり(3) 73 7.58 37.93 0.00% 58.48  
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 処置2:I131内用療法(2) 24 5.08 6.56 0.00% 58.83  
12002xxx99x2xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法なしかつ放射線療法あり(2) 19 7.58 20.33 15.79% 60.32  
03001xxx97x3xx 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術 処置2:化学療法ありかつ放射線療法あり(3) 16 16.69 66.08 6.25% 62.94  
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法なしかつ放射線療法あり(2) 15 7.27 33.71 6.67% 69.20  

頭頸部癌(上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌、喉頭癌など)に対して根治を目的とした化学療法+放射線治療が最多となっています。管状の放射性同位元素を放射線源として、がんに直接挿入したり埋め込んだりして治療する小線源治療や、放射性同位元素を注射で体内に入れ病巣に集中的に取り込ませ放射線を出させることにより治療するアイソトープ治療の件数も多くなっています。できる限り外来治療ができるように配慮していますので入院日数は少なくなっております。

皮膚科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 53 11.77 8.78 0.00% 67.66  
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 39 15.49 14.87 0.00% 58.54  
080005xx99x2xx 黒色腫 手術なし 処置2:オプジーボ(2) 30 4.00 3.95 0.00% 65.70  
080005xx99x1xx 黒色腫 手術なし 処置2:インターフェロン等(1) 27 11.52 9.98 0.00% 63.67  
070041xx97x0xx 軟部の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 13 16.31 11.90 0.00% 68.62  

皮膚腫瘍科ではDPC対象外となるオプジーボ、キイトルーダ、ヤーボイなど高額薬剤を使用した患者が非常に多いのですが、本集計では対象外であるためカウントされておりません。
2位の黒色腫の切除につきまして、当科は進行例や多施設で初回切除を受けた上での再発や転移例が多いため、侵襲の大きい手術や複雑な手術が必要となり、平均在院日数がやや長くなる傾向にあります。
5位の軟部の悪性腫瘍は皮膚腫瘍科で手術するのは、皮下脂肪や体表に近い筋肉内発生の肉腫がほとんどで非常に希少ながんです。

泌尿器科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 106 7.72 7.44 0.94% 69.62  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 処置2:化学療法(2) 副傷病なし 90 9.42 11.72 0.00% 70.33  
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 処置2なし 86 12.29 13.39 0.00% 66.00  
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法(2) 副傷病なし 69 10.38 11.71 1.45% 67.51  
060030xx01x1xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 小腸切除術等 処置2:中心静脈注射等(1) 33 18.33 31.67 0.00% 51.12  

膀胱癌に対する化学療法は、全身状態や腎機能に応じて数種類のレジメンを使い分けている。通院での化学療法も取り入れています。
前立腺癌に対する手術は8割近くがロボット支援前立腺全摘術となっています
5番目の項目は後腹膜腫瘍手術や後腹膜リンパ節郭清です。

婦人科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 処置2なし 132 15.51 13.29 0.00% 52.89  
120010xx01x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)等 処置2なし 51 14.86 13.58 0.00% 53.22  
12002xxx99x30x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法あり(3) 副傷病なし 18 42.00 20.81 0.00% 57.39  
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 開腹によるもの等 17 16.06 10.36 0.00% 54.76  
120010xx99x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 15 3.27 9.77 0.00% 58.93  
  • 1位:子宮頸がんや子宮体がんの患者さんが手術を受けるための入院例です。
  • 2位:卵巣・卵管・腹膜がんの患者さんが手術治療を受けるための入院例です。
  • 3位:子宮頸癌の標準治療の一つである放射線療法と週1回の抗がん剤治療を受ける患者さんの入院例です。
  • 4位:卵巣の良性腫瘍の患者さんが手術を受けるための入院例です。
  • 5位:卵巣・卵管・腹膜がんの患者さんの手術治療を受けない入院例です

子宮頸部高度異形成や子宮頸部上皮内癌の患者さんについて子宮頸部円錐切除術を実施した場合などがDPC対象外のため集計対象外となっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数(TSV:0KB)

 初発再発病期分類
基準(注:)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 561 65 89 249 22 123 1 7
大腸癌 171 114 166 148 46 160 1 7
乳癌 288 247 54 14 6 95 1 7
肺癌 411 112 300 369 12 365 1 7
肝癌 27 33 38 36 7 216 1 7

注: 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

五大がんに関する特徴として、胃癌は早期がんが半数以上を占め、次にStageIVが多くなっています。大腸癌関しては、Stageのばらつきが少ない状況となっております。乳癌は、StageI、IIが全体の大半を占めています。肺癌は、StageI、III、IVが多くなっており、再発の患者数も多くなっています。肝癌は、全体的なばらつきは少ないですが、再発件数が多くなっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

成人市中肺炎の重症度別患者数等(TSV:0KB)

 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 11.00 49.50
中等症 35 20.31 62.51
重症 3 4.00 74.67
超重症 3 9.33 73.33
不明 - - -

当院の場合は、がんの治療中に発症した肺炎で入院される患者数がほとんどを占めています。がん治療中の場合には、重症度が軽症であっても入院加療となる場合が多くなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等

脳梗塞のICD10別患者数等(TSV:1KB)

ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$脳梗塞3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679脳血管疾患,詳細不明3日以内 - - - -
その他 - - - -

年間患者数が10件未満のため、各集計値の表示を-としています。
意識消失等の症状がありがんの脳転移を疑う場合に入院し診断した結果脳梗塞であった場合や、入院中に脳梗塞を発症する場合がありますが、当院は脳梗塞の治療の専門施設ではありませんので、転院して治療いただく場合が多くなっています。がんが末期の場合、そのまま亡くなる患者さんも少なくありません。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

診療科別主要手術別患者数等(TSV:10KB)

乳腺・腫瘍内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 127 2.17 7.32 0.02% 50.87  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 13 8.54 18.92 0.15% 48.08  
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -  
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -  

年間10件未満の患者数であった手術については、各集計値をーとしています。
抗がん剤を注入するための中心静脈ポートの造設が多く、その他高カロリー輸液注入のための中心静脈ポートの設置、術後の腎瘻ための造設、術後の出血の際の止血術、当科で入院中に発見された大腸ポリープの切除を行ったものがあがっております。

呼吸器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 14 10.64 10.36 0.00% 63.86  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -  
K508-22 気管・気管支ステント留置術(軟性鏡) - - - - -  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
K682-2 経皮的胆管ドレナージ術 - - - - -  

年間10件未満の患者数であった手術については、各集計値をーとしています。
1位については、抗がん剤の中心静脈投与のためのポート造設を行っています。2位については、当科入院中に転移性の脳腫瘍に対して手術を施行した件数があがっています。3位については、肺がん等により気管や気管支などに狭窄を来した際に狭窄の解除のために行ったものとなっています。

消化器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 171 1.07 8.64 0.01% 62.65  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 31 11.00 22.97 0.10% 65.10  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 22 6.82 11.23 0.05% 58.32  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 8.88 15.19 0.00% 64.94  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 15 3.73 9.27 0.00% 63.13  
  • 第1位:外来にて患者による自己管理ができるように、抗がん剤の中心静脈投与のためのポート造設を行っています。
  • 第2位:経口摂取不能な患者に対して高カロリー輸液注入のための中心静脈ポートの設置を行っています。
  • 第3位:癌性胸膜炎や腹膜炎に伴う胸水および腹水のコントロール、症状緩和を目的として、胸水・腹水濾過濃縮再静注療法を行っています。
  • 第4位:頭頸部癌や食道癌のために経口摂取不良な患者さんに経管栄養目的に胃瘻を造設するものです。
  • 第5位:肝転移などに対する経動脈的な抗がん剤投与目的に動脈内持続注入用植込型カテーテルを設置しています。

内視鏡内科(消化器)

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 382 1.04 5.36 0.00% 71.46  
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 218 1.02 3.30 0.00% 67.17  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 118 0.97 1.49 0.00% 73.01  
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 117 1.02 5.19 0.00% 69.74  
K526-21 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜切除術) 75 0.99 3.20 0.00% 69.05  

日本消化器内視鏡学会および日本消化器病学会の指導医および専門医である常勤の消化管内視鏡スタッフ医師11名および検診センターの内視鏡医2名を中心に、年間で約12,000件の通常上部消化管内視鏡検査(食道、胃十二指腸)、4,500件の通常下部消化管内視鏡検査(直腸、結腸)を行うと同時に、内視鏡切除を211件の表在食道がん、388件の早期胃がん、2,320件(内ESD214件)の大腸腫瘍に対して行っています。なおESDでは他の大学病院などで治療困難例の紹介も多くなっており、遺残再発例や腫瘍径が大きく通常内視鏡治療が困難な症例に対しても積極的かつ慎重に内視鏡治療の適応を検討しています。

大腸では拡大内視鏡診断に基づいて、ESDとEMR(内視鏡的粘膜切除術)の適応を見極め、最適な治療法を選択を選択するよう心がけており、2cmまでの大腸ポリープや早期癌であれば日帰り治療も可能です。

肝臓・胆のう・膵臓内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 159 1.64 5.81 0.00% 70.94  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 72 1.11 7.89 0.00% 63.01  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 63 1.56 9.35 0.02% 66.62  
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 33 1.61 3.67 0.00% 74.82  
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 21 0.33 12.29 0.00% 64.24  
  • 1位:主に肝がんに対する治療として肝動脈塞栓療法等を行うために入院する患者さんです。
  • 2位:主に抗がん剤治療用の埋め込み型カテーテルを設置するために入院する患者さんです。
  • 3位:主に膵がんや胆道がんに対する治療として内視鏡的に胆道にステントを挿入するために入院する患者さんです。
  • 4位:肝がんに対して超音波ガイド下に穿刺し、モニターしながら焼灼していく治療を行うために入院する患者さんです。
  • 5位:胆管が閉塞してしまい胆管炎を来した場合に、感染した胆汁を早急に排出させる治療を行うために入院する患者さんです。

小児腫瘍内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 32 1.03 12.84 0.00% 7.56  
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -  
K9222ロ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(自家移植) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
  • 1位:主に抗がん剤治療用の埋め込み型カテーテルを設置するために入院する患者さんです。
  • 2、3位:骨髄移植を行う際に、必要量の骨髄液を採取、または、移植するために入院する患者さんです。

乳腺外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 226 1.30 8.16 0.00% 57.27  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 192 1.13 2.30 0.00% 53.43  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 100 1.14 8.37 0.00% 54.00  
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 37 1.30 7.76 0.00% 48.59  
K4766 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施する) 30 1.20 8.17 0.00% 53.43  

1位は全乳房切除術+センチネルリンパ節生検、2位は乳房部分切除+センチネルリンパ節生検、3位は全乳房切除術+腋窩郭清となっており、腋窩郭清を行わなくてよい症例が多数を占めています。また、全乳房切除例では一次乳房再建を積極的に行っています。

食道外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(頸部、胸部、腹部の操作) 40 3.43 25.58 0.03% 64.68  
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作) 38 2.74 21.05 0.00% 64.95  
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) 18 1.72 8.28 0.00% 70.22  
K5292 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(胸部、腹部の操作) 10 7.70 19.70 0.00% 69.00  
K5222 食道狭窄拡張術(食道ブジー法) - - - - -  

年間10件未満の患者数であった手術については、各集計値をーとしています。狭窄例のほかに、糖尿病合併例の術前コントロールや抗凝固療法の術前コントロールの症例が増えており、術前日数は長くなっています。食道悪性腫瘍:開胸手術は進行例や根治的化学放射線療法後の救済手術が適応となるため、術後在院日数が長くなっています。胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術:術前治療なしでのStageI症例のほか、特殊組織型や進行例の術前治療後にも胸腔鏡下手術を行っており、術後在院日数も長くなっています。

胃外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 111 3.13 16.84 0.00% 67.87  
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍手術) 75 2.87 16.59 0.00% 65.09  
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 72 2.60 11.89 0.00% 67.51  
K655-42 噴門側胃切除術(悪性腫瘍切除術) 25 2.16 17.52 0.00% 67.96  
K654-2 胃局所切除術 13 2.46 9.69 0.00% 65.23  

進行がんの患者が多いので、標準治療である開腹手術の割合が高くなっています。日本人の胃がんは、胃中下部に多いので全摘の割合が少ないです。早期胃がんに対しては積極的に腹腔鏡手術を行っております。

大腸外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 123 2.80 9.05 0.00% 66.89  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 75 5.41 13.29 0.00% 67.05  
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) 58 1.71 9.78 0.00% 59.62  
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 51 2.98 9.20 0.00% 60.59  
K7402 直腸切除・切断術(低位前方切除術) 42 3.17 16.90 0.02% 62.79  

低侵襲手術の普及で、腹腔鏡下手術が近年増加しています。また、結腸癌患者さんの罹患数増加を反映して、結腸癌手術が非常に多くなっています。その場合、腸閉塞状態で入院することも少なくなく、術前の入院日数が少し長くなっています。当院で手術を受ける直腸癌患者さんは、下部直腸癌の方が多く、それでも80%以上の患者さんが肛門温存手術を受けられています。必然的に一時的人工肛門を造設し、その数ヶ月後に行う人工肛門閉鎖術が多くなっています。

肝臓・胆のう・膵臓外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術) 55 4.65 27.33 0.00% 67.42  
K6951 肝切除術(部分切除) 38 3.03 10.92 0.00% 65.39  
K6955 肝切除術(2区域切除) 30 3.97 12.23 0.00% 69.33  
K682-2 経皮的胆管ドレナージ術 21 1.00 16.90 0.00% 69.67  
K7201イ 膵体尾部腫瘍切除術(膵尾部切除術)(脾同時切除) 20 3.45 25.35 0.00% 61.85  

膵頭部領域癌症例が当院では近年増加し第一位を占めました。肝細胞がんが減少していますが、大腸がんの転移性肝がん症例、胆管がんに対する肝切除が増加し2,3位に肝切除が占めました。術前黄疸症例が多く、肝機能改善のために減黄処置をした症例が4位となりました。第5は膵体尾部切除で、他医療機関に比べ当院では比較的頻度が高く、切除可能な膵体部がん増加したこと、検診で低悪性度の膵腫瘍が発見されたためと思われます。
胆管癌、胆嚢癌、乳頭部癌、十二指腸癌も膵頭十二指腸切除、あるいは胆嚢癌悪性手術、拡大肝葉切除尾状葉切除を施行していますが疾患ごとの頻度は多くありません

整形外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 47 1.04 9.96 0.02% 52.72  
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(大腿) 43 1.95 18.91 0.02% 52.86  
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(躯幹) 23 2.30 14.57 0.00% 47.22  
K0531 骨悪性腫瘍手術(大腿) 19 6.95 23.32 0.16% 63.05  
K0521 骨腫瘍切除術(大腿) 17 2.53 8.29 0.00% 28.59  

整形外科では、四肢および体幹の悪性骨軟部腫瘍(肉腫)の診断と治療を行っています。高悪性度腫瘍に対する薬物療法は、骨肉腫やユーイング肉腫に対する補助化学療法のように約1年間の長期に及ぶもの、入院あるいは外来で点滴を繰り返すものが多く、植込型カテーテル(ポート)を設置して、患者さんが少しでも快適に薬物治療を受けられるよう努めています。良性骨軟部腫瘍あるいは悪性軟部腫瘍の手術では、術後2週間程で多くの方が退院されますが、遊離筋皮弁などの複合組織移植を併用した場合には、これよりも少し入院期間が長くなります。また、悪性骨腫瘍の手術では人工関節置換術や遊離複合組織移植術が行われることが多く、術後のリハビリテーションもあわせて1ヵ月前後の入院となります。

形成外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 90 1.10 4.83 0.00% 49.97  
K0221 組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術)) 14 1.00 6.57 0.00% 46.50  
K0171 遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付き)(乳房再建術) - - - - -  
K628 リンパ管吻合術 - - - - -  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -  

1位:乳房全摘後、エキスパンダーでの拡張後にシリコンインプラントへ入れ替える手術の件数です。本術式の保険適用により、本術式による再建を希望される患者さんが著増しております。

脳神経外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 78 5.41 14.81 2.56% 55.99  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -  
K154-3 定位脳腫瘍生検術 - - - - -  
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) - - - - -  

1位:脳原発腫瘍・転移性脳腫瘍 腫瘍摘出術の件数です。術中MRI・覚醒下手術(認定施設)や術中脳波モニタリングを併称して、機能を温存した安全かつ最大限の摘出を行う手術を行っています。

呼吸器外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 322 2.37 5.42 0.93% 67.85  
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 117 2.29 5.29 0.085% 66.34  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 107 2.05 3.73 0.00% 62.11  
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 20 2.40 7.60 0.00% 68.00  
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 16 2.56 3.56 0.00% 57.56  

原発性肺がんに対する標準治療は肺葉切除であることから、肺葉切除が最多であります。われわれは胸腔鏡を併用しながら7-8cmの小開胸下に行う低侵襲肺葉切除を行っており、これによって精密な手術、すなわち徹底したなリンパ節郭清および肺からの空気漏れの修復や止血の確実な施行と、早期社会復帰(短い術後在院日数と低い転院率)を可能としております。また、近年では高性能CTの普及により小型早期肺がんの発見も増えており、これに対する縮小手術(区域切除、部分切除)の積極的な試みも患者への十分な説明の下でなされています。

眼科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2761 網膜光凝固術(通常) 173 1.25 1.61 0.00% 1.35  
K277 網膜冷凍凝固術 45 1.04 1.16 0.00% 1.76  
K278 硝子体注入・吸引術 25 1.28 1.92 0.00% 2.40  
K241 眼球摘出術 19 1.16 1.58 0.00% 16.53  
K220 結膜縫合術 - - - - -  

網膜芽細胞腫の眼球温存のため、腫瘍の状態により網膜光凝固術、網膜冷凍凝固術、硝子体注入・吸引術、を複数回行うため、短期間の入院を繰り返すことになります。眼球摘出は難治性の網膜芽細胞腫、悪性黒色腫で行っており、平均年齢がやや高くなっています。

頭頸部外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K374 咽頭悪性腫瘍手術 88 1.58 8.84 0.00% 66.00  
K395 下咽頭悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部等の操作による再建を含む) 21 2.67 30.81 0.10% 74.76  
K4691 頸部郭清術(片) 19 1.58 6.89 0.00% 62.26  
K4151 舌悪性腫瘍手術(切除) 14 1.43 7.50 0.00% 54.57  
K4392 下顎骨悪性腫瘍手術(切断) 14 2.43 29.79 0.00% 59.14  

近年当院では食道癌患者に重複する可能性の高い下咽頭癌の積極的スクリーニングにより、下咽頭癌の患者が多く存在していましたが、最近はHPV関連の中咽頭癌の患者数がかなり増加し、結果として咽頭悪性腫瘍手術の全体数が増加しました。
頚部郭清術については、患者数は多くはありませんが、これは頚部郭清術を単独で行った数であり、原発切除と伴に行った場合は含まれておりません。

また舌悪性腫瘍手術は当院では進行癌も多く、「切除」に加えて「亜全摘」を加えると、実際の患者数はもっと多くなります。進行口腔癌に伴い下顎骨切除を必要とする患者数が多いのも当院の特徴です。

放射線診断科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K773-4 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固) 54 2.26 3.72 0.00% 66.93  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 10 0.90 4.00 0.00% 58.30  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -  
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 - - - - -  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -  

他科の入院症例に対する治療が多いため、当科での入院症例は多くありません。1位は、悪性腫瘍や出血等に対する血管塞栓術、2位小径腎がんに対する経皮的凍結療法となっており、ともに低侵襲治療であるため術後日数は3日台と短くなっています。3位は腫瘍により生じた血管狭窄に対する血管拡張術ですが、症例数はごく僅かです。

放射線治療科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 25 4.36 9.56 4.00% 63.80  
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 - - - - -  
K386 気管切開術 - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

1位胃瘻造設術は、頭頸部癌放射線治療中の患者の一過性経口摂取困難に対する治療のために行っており、数日で退院することができます。2位経皮的放射線治療用金属マーカー留置術は前立腺癌IMRTの際、正確なセットアップによって有害事象を減らすために行っています。経皮的腎瘻造設術は、子宮頸癌にともなう水腎症の治療のために行っています。頭頸部癌に伴う気道狭窄の治療のために行っています。

皮膚科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 108 0.64 11.89 0.00% 65.13  
K0071 皮膚悪性腫瘍切除術(広汎切除) 11 1.36 23.73 0.00% 62.45  
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 10 0.10 5.10 0.00% 62.00  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) - - - - -  

本集計では入院中に複数の手術を行っていても、主な手術1件のみを対象として集計されています。皮膚腫瘍科で行う全身麻酔下手術のほとんどで一度に複数の手術を行います。2位の皮膚悪性腫瘍切除術(広汎切除)の中には根治的所属リンパ節郭清術が含まれています。

泌尿器科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 130 1.49 5.09 0.77% 69.14  
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 70 2.14 8.97 0.00% 65.93  
K643 後腹膜悪性腫瘍手術 30 3.10 15.37 0.00% 58.17  
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 28 2.71 14.75 0.00% 67.82  
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 27 2.30 10.26 0.00% 68.63  

一入院中に複数の手術を行っていても、主な手術1件のみを集計対象としています。
膀胱癌に対する内視鏡的切除術(TURBT)が件数としては多くなっています。Second TURや膀胱注入療法など標準治療を施行しており、術後在院日数はやや延長しているかもしれません。

前立腺癌に対する手術の8割がロボット支援前立腺全摘です。内・外腸骨、閉鎖リンパ節郭清術を全例で施行。ハイリスクでは拡大リンパ節郭清を実施しているため、在院日数は全国平均よりわずかに延長する傾向があります。

3位:小径腎腫瘍に対して凍結治療が選択されることが多く、腎摘手術術・腎部分切除術総数は疾患症例数に比較すると少なくなる傾向があります。腎の手術はすべて開放手術で行われています。

婦人科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 121 2.72 12.26 0.00% 53.43  
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 62 2.74 11.61 0.00% 55.18  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 51 0.98 1.45 0.02% 40.39  
K877 子宮全摘術 32 2.88 9.81 0.00% 51.56  
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 16 2.56 12.56 0.00% 53.31  
  • 1位:子宮頸がんや子宮体がんに対する手術で骨盤リンパ節郭清/生検が含まれます。
  • 2位:卵巣・卵管・腹膜がんに対する手術で、子宮・卵巣・卵管・大網・リンパ節を切除します。
  • 3位:子宮頸部上皮内癌に対して子宮頸部を摘出する手術です。

血液内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 10 25.20 16.20 0.00% 58.20  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

当科は、造血幹細胞移植科と密接な連携を保ちながら造血器悪性腫瘍の診断と治療を担当しており、骨髄移植前の末梢血幹採取を行うこともあります。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)(TSV:0KB)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる - -
180010敗血症同一 - -
異なる - -
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 262 1.78%
異なる - -

播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症と手術・処置等合併症のうち入院契機が異なるものについては10件未満のため表示を省略しています。
手術・処置等の合併症262件の内訳としては、乳癌術後の乳房再建(113件)、手術や生検後の出血(40件)、術後の創部や挿入物からの感染・膿瘍(40件)、吻合部の狭窄・閉塞(26件)、薬物(造影剤等)によるアナフィラキシーショック(10件)、および10件以下のものが、術後の瘻孔、縫合不全・手術創離開、挿入物の破損、人工関節のゆるみ、人工関節の調整、気管孔狭小、胆管ステント閉塞、術後の顔面神経麻痺でした。

更新履歴