コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > アピアランス支援センター > アピアランス(外見)ケアとは?

アピアランス(外見)ケアとは?

私たちは、アピアランスケアについて「医学的・整容的・心理社会的支援を用いて、外見の変化を補完し、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケア」と定義しています。「外見の変化を補完」とありますが、治療で外見が変化しても必ずアピアランスケアを行わなければならない、ということはありません。

治療により変化した外見であっても、ご自分が気にならなければそのままで過ごしても何ら問題はありません。そういう方もたくさんいます。

ただ、もしあなたが、外見が変化したことで「周りの人からどう思われるか気になる」「自分らしさがなくなったような気がする」「治療をする気になれない」などと思うのであれば、ぜひ私たちに相談してください。

またその方法も、必ずしも「治療前と同じ姿に戻ること」ではありません。誰でも、TPOや周囲の状況、年齢、流行などに合わせ、髪型や化粧、服装などを変えることはあり、外見は一定ではありません。治療前と全く同じ姿でなくても、周りの人のことが気にならなくなったり、自分らしさを実感できる姿であればよいのです。ウイッグや化粧を使わなくても、ちょっとしたきっかけで、安心できることもあります。

私たちは、時には皮膚科や形成外科の治療と連動したり、化粧品など日常のお手入れ用品を使った方法、あるいは心理学的な手法など、様々な方法を用いて、患者さんの外見に関わるつらさを軽くすることを目指しています。

アピアランスケアに関しては、各種がん治療のように定型化された方法はまだ確立されていません。そのため、私たちは患者さんそれぞれの「気になっていること」を伺いながら、患者さんと共に最善の方法を選ぶようにしています。

マーク

当センターのシンボルマークはオレンジクローバーです。
オレンジクローバーは、輝く患者さんを支えるハートの集まりです。

イラスト