コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > アピアランス支援センター > 患者さんへ

患者さんへ

これから治療が始まる方、治療による外見の変化が始まって困っている方


コスメティック・インフォメーションの参加風景

「コスメティック・インフォメーション」にご参加ください。コスメティック・インフォメーションは火曜日と木曜日の13時から約1時間行うグループプログラムです。

なぜ脱毛が起きるのか?ウイッグの選び方は?スキンケアはどうすれば?爪への影響は?など、患者さんが疑問や不安に思うことを、看護師や臨床心理士が丁寧に説明していきます。

プログラムの最後には、自由にウイッグを試着する時間もあります。

これから治療が始まる方は、あれこれ用意してしまう前にまずこのプログラムにご参加ください。

利用の方法

予約は不要です。火曜日・木曜日の12時55分までにアピアラス支援センターに直接お出でください。

他の人がいないところで相談したい方

「個別相談」をご利用ください。

他の患者さんのいるところでは相談したくない、あるいは、コスメティック・インフォメーションは日時が合わずなかなか参加できない、という方は、個別相談もできます。

一般的なアピアランスケアの相談の他、結婚式や卒業式・入学式の出席、成人式、就職活動などライフイベントに合わせた外見の相談も承ります。


利用の方法

事前に予約が必要です。電話番号:03-3547-5201 内線:2522、または外来や病棟のスタッフにお申し出ください。

女性患者と一緒では相談しにくいと思っている男性の方

アピアランス支援センターロゴマーク

「男性限定相談日」をご利用ください。

女性の患者さんと一緒にコスメティック・インフォメーションに参加したり、相談することに抵抗のある男性患者さんも多いので、相談日を設けています。この機会をご利用ください。

日程がご都合とあわない場合は「個別相談」をご利用ください。


利用の方法

毎月第四水曜日の13時から15時まで。予約は不要です。時間内にアピアランス支援センターに直接お出でください。

注:女性の患者さんがセンター内に先にいることがあります。その場合は、女性の患者さんが退出してから相談を承りますのでご了承ください。

「センター内のウイッグやケア用品ちょっと見てみたい」という方

センター内の様子

「オープン・タイム」をご利用ください。

月曜日から木曜日の12時から13時はセンター内のウイッグや化粧品、人工乳房など展示品を自由に見たり、試すことができます。センター内にはアピアランス支援センターのスタッフもいますので、疑問があれば質問もできます。

「コスメティック・インフォメーションに参加したけれど、もう一度製品を見てみたい」「コスメティック・インフォメーション」に参加したいが、都合が合わない」などという方にお勧めです。

注:リンパ浮腫関連の用品は、リンパ浮腫ケア外来へご相談ください。

 

アピアランスセンター外観

 


利用の方法

月曜日から木曜日の12時から13時まで。予約は不要です。時間内にアピアランス支援センターに直接お出でください。

10代・20代の患者さん

20(トゥエンティ)

10代・20代の患者さんに向けたアピアランスケアの冊子「20(トゥエンティ)」を準備しています。

皆さんと同じ年代のがん患者さんの実経験をもとに、外見のことだけでなく、治療中の生活や、学業・仕事、友達や親など周りの人の関係など、治療中のヒントがたくさん載っています。

まずはこの冊子を読んでみてください。

また、復学・復職・卒入学式・受験・就職活動・成人式などでの外見の問題の対処方法もアピアランス支援センターで相談できます。外見のことで気になることがあれば、何でも相談してください。

利用の方法

オープン・タイム(月曜日から木曜日の12時から13時)にアピアランス支援センターに来室するか、外来や病棟のスタッフにお尋ねください。相談支援センターや病棟でも配布しています。