アピアランス支援センター << 国立がん研究センター中央病院
中央病院 > 共通部門のご案内 > アピアランス支援センター

アピアランス支援センター

1.アピアランス支援センターとは?
2.ご利用方法
3.研修のご案内


シンボルマーク
当センターのシンボルマークはオレンジクローバーです。
オレンジクローバーは、輝く患者さんを支えるハートの集まりです。

イラスト

最近、「アピアランスケア」「アピアランスサポート」「がん患者のアピアランス支援」等と表して、ウイッグや化粧品販売、あるいはメイクアップやヘアケア等の技術サービス提供や技術講習会が行われている例が散見します。当院アピアランス支援センターはこれらの物販・サービス提供団体とは一切関係がありませんのでお知らせいたします。

がん研究センター中央病院アピアランス支援センターとして、特定の製品を推奨することはありません。 「アピアランス支援センターで紹介されている」「使われている」「アピアランス支援センターで研修を受けた」などの文言で商品をすすめられた場合は、アピアランス支援センターにご一報ください。

1.アピアランス支援センターとは?

がんの治療に伴う外見の悩みに対処して、患者さんの「生きる」を支える部門です。
外見に関してこんな心配はありませんか?
  • 治療すると言われたけど、実際にどんな外見の変化が生じるのか不安
  • どういう準備をしたらいいかわからない
  • 色々な情報があるけど、何が正しいかわからない
  • 誰に聞いたらいいかわからない
  • 男性なのでさっぱりわからない
  • 実際に症状が出たけど、どう対処していいのかわからない
  • 病気だからといって、遊びも仕事もあきらめたくない ・・・など
手術・抗がん剤・放射線などのがんの治療は、傷あと・脱毛・皮膚の変色・爪の変化など、患者さんの身体にさまざまな外見の変化をもたらします。病気を治すために仕方のないこととわかっていても、外見が変わってしまうのは、患者さんにとって大きなストレスになります。実際に、抗がん剤治療中の患者さん638名に、身体症状の苦痛度トップ20を尋ねたところ、外から見える身体症状が多く含まれていました。とりわけ、女性患者さんにとっては、長い間医療が注目してきた口内炎や発熱より、痛みもかゆみも伴わない、まつげや眉毛の脱毛の方が苦痛という結果だったのです。治療中、外見が気になって外に出られない、という意見もありました。

抗がん剤治療による副作用の苦痛度ランキング
(2009年、通院治療センターで抗がん剤治療をうけている患者さん638人に聞きました)
男性(264名)
順位 症状 順位 症状
1 全身の痛み 11 不眠
2 吐き気 12 味覚障害
3 発熱 13 治療部分の痛み
4 口内炎 14 食欲の低下
5 しびれ 15 顔のむくみ
6 便秘 16 湿疹
7 下痢 17 かゆみ
8 頭痛 18 頭髪の脱毛
9 だるさ 19 息切れ
10 足のむくみ 20 足の爪がはがれた
  女性(374名)
順位 症状 順位 症状
1 頭髪の脱毛 11 足のむくみ
2 吐き気 12 顔の変色
3 しびれ 13 手の爪が割れた
4 全身の痛み 14 口内炎
5 便秘 15 手の爪がはがれた
6 まつ毛の脱毛 16 不眠
7 だるさ 17 手の爪が二枚爪
8 まゆ毛の脱毛 18 発熱
9 足の爪がはがれた 19 顔のしみ
10 味覚障害 20 顔のむくみ
薄いオレンジ部分は、外から見られる身体症状です

そこで、患者さんの外見に関する不安や悩みを少しでも軽くして、治療中も今までどおり、自分らしく過ごしていただくために、アピアランス支援センターがオープンしました。

当センターでは、患者さんの相談を受けるだけでなく、皮膚科医・形成外科医・腫瘍内科医が併任となり、心理士・薬剤師・看護師・美容専門家も含めたチームを形成して、新しい問題にも対応していきます。また、外見に関するケアの方法は、十分なエビデンスがないので、研究にも積極的に取り組み、患者さんに還元していきたいと思っています。

およそ外見の変化に関する悩みなら、性別や年齢は問いません、男性もお子さんもお気軽にご相談ください。日常生活のみならず、各種イベント(結婚式・成人式・入学式etc)のコーディネートもいたしますので、簡単にライフイベントをあきらめず、快適な治療生活を送っていただきたいと願っています。

スタッフ

他に、オレンジクローバーバッチをつけたオレンジキャスト(学生インターンシップ)もメンバーです。

2.ご利用方法

1)アピアランス支援センターの3つのプログラム

外への一歩に繋がるコスメティックインフォメーション (1)コスメティックインフォメーション
毎週火曜日・木曜日13時〜、
年齢・性別不問
(2)男性限定の外見相談
第4水曜日13時〜
(3)その他の特殊相談(不定期)


※予約は不要です。
※場所:アピアランス支援センター
(病院1階エレベーター右、オレンジクローバーが目印です)
※参加は無料です。

2)個別相談

※予約制です。
電話または直接センターでご予約ください。
・電話予約受付時間 平日10時〜16時 03-3547-5201(内線2522)
・センター予約受付時間 月〜木:12時〜13時

※場所:アピアランス支援センター・病棟
※当院の患者さんは無料です。

3)自由見学時間

※月〜木:12時〜13時を開放しています。
ウィッグ(男性・女性)や皮膚変色をカバーする化粧品だけでなく、人工乳房やエピテーゼなどおよそ外見の変化に対応する物品を自由に見ることができます。販売はしておりません。

アピアランス支援センター風景 アピアランス支援センター風景 アピアランス支援センター風景

がん研究センター中央病院アピアランス支援センターとして、特定の製品を推奨することはありません。
「アピアランス支援センターで紹介されている」「使われている」などの文言で商品をすすめられた場合は、こちらにご一報ください。

3.研修のご案内

アピアランス支援センターでは、2016年夏に発行された「がん患者に対するアピアランスケアの手引き」の「日常整容編」を基に、広くがん治療に携わる医療者を対象としたアピアランスケアについての講習会を開催致します。医療従事者に求められるアピアランスケアの意義について理解を深めるとともに、エビデンスに基づくアピアランスケアの考え方や具体的なヘアケア・スキンケアなどの日常生活でのケア方法に関する知識の習得を目指します。

※今回の研修会は全国がん診療連携拠点病院以外の医療機関の方もご参加いただけます。

【タイトル】
がん患者のアピアランスケア:
〜日常整容について、具体的な臨床実践につなげるために〜

【開催日時】
2017年1月14日(土) 
午前の部 9:00-13:00 (受付開始8:30)
午後の部 14:00-18:00 (受付開始13:30)
※ 午前・午後とも同じ内容です。実習はなく、講義だけとなります。

【会場】
国立研究開発法人 国立がん研究センター築地キャンパス 国際研究交流会館

【参加資格】
医療機関において、がん治療やがん相談に携わっている医療スタッフ(医師・看護師・薬剤師・臨床心理士・社会福祉士・精神保健福祉士など)。

【募集人数】
定員 200名/回 
※参加者には、テキストの代わりとして「がん患者に対するアピアランスケアの手引き」(金原出版)をご持参いただきます。

【お申込み受付期間】
2016年10月20日10時〜11月18日24時

【参加費】
5,000円(税込)

<お申込み方法>
【WEB申込み】のみとなっています。
下記の<詳細・お申し込みはこちらから>より研修会案内のページに進みお申込みください。

<申込みの手順>
1) <詳細・お申し込みはこちらから>よりご希望の研修会案内をクリックしてください。
2) 移動先ページの中ほどにある【WEB申込み】をクリックすると、「国立がん研究センター がん情報サービス 教育研修管理システム」のページに進みます。初めての方は、ここで教育研修管理システムにログインするための「新規アカウント」の登録をしてください。
※既にアカウントを登録している方は、それを利用しログインしてください。
3) 登録したアカウントを用いてログインをします。
初めてログインするときには、登録に付与されたパスワードを変更する必要があります。画面の指示に従い、パスワードを変更してから、システムにログインしてください。
4) ログイン後、受講申し込みのページに移動します。
画面の指示に従い必要事項を記入し、申込みを行ってください。

<お申込みの際の注意>
※スマートフォンやタブレットなどからでは申込みできません。
推奨環境を確認の上、パソコンから申込みを行ってください。

推奨環境: ・OS:Windows 7 SP1 以上 / Windows 8 以上
ブラウザ: ・Microsoft Internet Explorer 8以上
※ご利用のパソコン環境により、確認方法が異なりますので、詳細はパソコンに添付されているマニュアル等をご参照ください。
※不明な点があれば下記の問い合わせ先までご連絡ください。

<お問い合わせ>
国立がん研究センター中央病院 アピアランス支援センター
〒104−0045 中央区築地5−1−1
TEL:03−3547−5201 内線2522(平日10:00〜17:00)
E-mail:

<詳細・お申込みはこちらから>
アピアランスケア研修会 2017特別篇 午前の部がん情報サービスへのリンク
アピアランスケア研修会 2017特別篇 午後の部がん情報サービスへのリンク