コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 検診センター > がん検診を希望される方へ > 検診内容のご案内 > 検診コース > 総合検診(大腸CTコース)

総合検診(大腸CTコース)

当センターの全身がん検診コースです。大腸の検査がCTになるプランです。検診1日目は身体測定や血液検査、喀痰検査をはじめ、腹部超音波、胸部CTなどを行い、2日目に胃・食道・大腸の内視鏡検査を行います。胃・食道内視鏡検査において、内視鏡カメラを経口から挿入することが困難な場合は、経鼻内視鏡に振り替えて実施する等が可能です。

  • PET/CTをご希望の方は、検診1日目にPET/CT検査を行います。
  • 男性は腫瘍マーカーで前立腺がんをお調べいたします。
  • 女性は検診1日目に上記検査のほか、子宮頸部細胞診、HPVウイルス検査、乳房視触診、マンモグラフィ(またはトモシンセシスと選択可)、乳腺超音波検査を行います。

総合検診(大腸CTコース)検診の流れ

各項目の内容に関する詳しい情報を関連リンクよりご覧いただけます。

検診1日目

総合検診(大腸内視鏡コース)検診の流れ 検診1日目

検診2日目(来院2回目)

総合検診(大腸内視鏡コース)検診の流れ 検診2日目

検診3日目

検査のための来院はありません。大腸CT検査のための前処置をご自宅や職場などで行っていただきます。検診2日目終了時にお渡しする検査食をお召し上がりください。

検診4日目(来院3回目)

kenshin_sogo_03_03.gif

総合検診(大腸CTコース)の注意事項

  • 受診2週間から4週間前に、がん検診受診日に持参していただく書類、注意事項などを郵送いたしますので、お手元に届きましたらお早めに内容のご確認をお願いいたします。
  • PET/CT検査は、オプションとしてお選びいただけます。予約時にお申し出ください。
  • 4日目(来院3日目)の大腸の検査では腸管をきれいにするための前処置を行います。

受付開始時間

  • 受診日確認書に記載してある受付時間に合わせてお越しください。なお、8時15分までは診療棟1階検診フロア内には入館できませんのでご注意ください。

薬・健康補助食品について

  • 高血圧・心臓病・喘息・糖尿病などで治療を受けている方は、検診受診について事前に主治医にご相談の上、常時服用の薬は通常どおり服用してください。
  • 糖尿病で治療中の方は、事前に当センターで受診する(絶食する)旨を主治医に説明し、薬剤についての指示を受けてください。低血糖になりやすい方や血糖降下剤(ベイスン、グルコバイなど)を服用している方は、低血糖を予防するものをご持参ください。
  • ただし、血液をさらさらにする薬(ワーファリン、パナルジン、アスピリンなど)を服用中の方は出血の危険性が増すため、組織検査(生検)を控えますのでお申し出ください。組織検査(生検)が必要と思われる所見がある場合は、後日面談が設定され、そこで対応可能な医療機関を紹介させていただきます。
  • ビタミン類・サプリメントの服用は、尿検診に影響がございますので、前日の朝よりご遠慮ください。

飲食について

検診コース1日目

午前受付をなさる方へ
  • 検診前日より、アルコール類は飲まないでください。
  • 前日の夕食は脂肪・油分の多いものを避け、夜9時までにお済ませください。また、前日の夕食以降は何も食べないでください。
  • 検診当日の朝食は摂らないでください。
  • 検診当日の水分補給は、水または白湯で行ってください。
  • 検診当日のお飲物では、糖分や乳製品は摂らないでください。
  • 来院後の飲水は、検診に支障を来す場合がありますので、なるべくお控えください。
午後受付をなさる方へ
  • 検診前日より、アルコール類は飲まないでください。
  • 朝食は、当日朝7時までに、消化の良い食事で、軽めにお済ませください。
  • 検診当日の水分補給は、水または白湯で行ってください。
  • 検診当日のお飲物では、糖分や乳製品は摂らないでください。
  • 朝食以降は何も食べないでください。
  • 来院後の飲水は、検診に支障を来す場合がありますので、なるべくお控えください。

検診コース2日目

  • 検診2日目以降に消化管検診を受診される方は、1日目のインフォームド・コンセント(注1)でご案内いたします。
    注1:インフォームド・コンセントとは、検診や研究に対する説明と同意を行うことです。
  • 摂取を控えていただく食品がありますので、事前にお送りする資料をご参照ください。
  • 当日の水分補給は、水・お茶などできるだけ多めにお摂りください。ただし、牛乳(ヨーグルトなどの乳飲料含む)・コーヒー・実のあるジュース(生ジュース含む)・アルコール類は摂らないでください。

検診コース3日目(来院の必要はありません。)

  • 事前にお渡しする検査食をお召し上がりください。詳しくは、検査食と一緒にお渡しする書面をご確認ください。
  • 夕食は19時頃までにお召し上がりください。

喀痰細胞診(事前の容器採取)について

  • 検診前々日・前日・当日の計3回、起床後に喀痰採取用の容器に痰を採取してください。
  • つばと痰は別物です。つばではなく、のどに絡まる痰を採取してください。
  • 無理に出そうとすると喉を痛めてしまう恐れがあります。少しでも出た方は、1回分でもお持ちください。なお、どうしても採取できない方は、検診終了後1週間以内(必着)に、来院にて直接提出いただければ、一連の検診として実施させていただきます。

女性の方へ

  • 妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方は、必ず事前にお知らせください。
  • 可能な限り、生理期間を避けてご予約ください。
  • 靴下をお持ちいただくことをお勧めいたします(貸し出し用に数足のご用意はあります)。

受診当日にご持参いただくもの

  • 受診日確認書(受付でご提出ください)
  • 検診受診のための説明書
  • 研究協力のための説明書(当センターより郵送されている方)
  • 問診票(ご自宅で記入のうえお持ちください)
  • 検診費用
  • 健康保険証
  • 生活習慣などに関するアンケート(当センターより郵送されている方、ご自宅で記入のうえお持ちください)
  • 本籍地のお控え(初回検診の方のみ、当日窓口での記入をお願いしています)
  • 喀痰容器
  • 診療券(過去に国立がん研究センター中央病院を受診したことがある方)
  • お薬手帳(お薬を服用されている方)
  • 利用承諾書・利用証明書・利用確認書・資格確認書・申込承諾書・会員証・予約券のいずれか(当センターとご契約いただいている団体の方)
  • ペースメーカーを装着の方は、手帳をご持参ください。

その他

  • 胃・食道内視鏡検診において、内視鏡カメラを経口から挿入することが困難な場合は経鼻内視鏡への変更、または当センターの判断により別の日程に変更の上、胃X線検診に振り替えて実施することがあります。
  • 検診料金のお支払いには現金、クレジットカード(MUFG、UFJ、NICOS、VISA、DC、Master、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ)、デビットカードがご利用いただけます。
  • 健康保険証や診療券は、万一検診の途中で具合が悪くなった際に、中央病院へ紹介をするために必要となりますが、窓口でのご提示は必要ありません。ただし、ご契約いただいている団体により、ご所属確認のため受付時に提示をお願することがあります。
  • 検診着・ガウン・館内履きをご用意しております。
  • 消化管検診時には鎮痙剤、鎮静剤を使用することがあります。薬の影響で目がチカチカしたり眠くなったりするため、自動車での来院はご遠慮ください。
  • 内視鏡で生検が追加された場合、別途料金「10,000円(税抜)」を追加させていただきますので、あらかじめご了承ください。
  • PET検査ありの検診につきましては、当日および前日にキャンセルされた場合、49,000(税抜)のキャンセル料が発生いたしますので、あらかじめご了承ください。
  • PET/CT受診の方は、前日は過度の運動はお控えください。