コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 検診センター > がん検診を希望される方へ > 検診内容のご案内 > 検査項目 > マンモグラフィ(乳房X線検査)

マンモグラフィ(乳房X線検査)

マンモグラフィ検査機器の写真
マンモグラフィ検査機器
(乳腺トモシンセシスと同一機器を使用)

概要

マンモグラフィとは、乳房をはさんで圧迫しX線を照射して撮影する検査です。乳房を圧迫して乳腺の重なりをとることで、乳房内の観察が容易となり病変が見つけやすくなります。乳房の厚さが薄くなることによりX線の被曝軽減が可能となります。更に当センターでは最先端のデジタル乳腺X線装置を用い、従来のアナログ撮影に比べ少ない線量で高精度の画像が得ることが可能です。

長所・短所

マンモグラフィは検診での有効性が確立された検査法ですが、乳房の圧迫時に痛みを感じることがあります。また、乳腺が発達した若い方では腫瘤の観察が困難な場合があります。

注意事項

豊胸術施行の方は、内容物破損の可能性や診断可能な範囲が限られるため必ず申し出てください。問診の上、実施可能か判断します。また、ペースメーカー装着の方は、撮影時の圧迫により位置がずれることや、リード線に支障を来す恐れがありますので、原則検査を受けることはできません。