コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 検診センター > がん検診を希望される方へ > 検診内容のご案内 > 検査項目 > 子宮頸部細胞診

子宮頸部細胞診

概要

婦人科用の内診台で行う検診です。子宮頸部の細胞をブラシで採取し、それを顕微鏡で観察することによってがん細胞の有無を知ることができます。この検診によって、子宮頸がんの診断ができます。

長所・短所

比較的低侵襲で、微小ながん細胞の存在がわかります。

注意事項

検査後、刺激で少量の性器出血がある場合がありますが、心配はありません。生理中の場合、十分な検診ができない場合がありますので、その場合は、後日、改めて検診を実施させていただきます。妊娠中でも行われることのある検査ですが、念のため妊娠の可能性のある方はお申し出ください。