コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 検診センター > がん検診を希望される方へ > 検診内容のご案内 > 検査項目 > ヒトパピローマウイルス検査

ヒトパピローマウイルス検査

概要

子宮頸がんの原因は高リスク型ヒトパピローマウィルス(HPV)の持続感染であることが明らかにされました。HPV検査は子宮頸部の高リスク型HPV感染の有無を調べる検査です。子宮頸部をブラシで擦過して得られた検体をもとに、細胞診とHPV検査を行います。この併用は30歳以上の女性に勧められます。HPV検査陽性のみでは治療の対象にはなりませんが、両検査とも陰性の場合は検診間隔を延長できる可能性があります。