コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 臨床研究支援部門 > 研究企画推進部 > 国際研究支援室

国際研究支援室

国際研究支援室とは

国際研究支援室

国立がん研究センター中央病院が主導する国際共同研究の計画、準備、実施、評価、報告に関する全般的な調整事務局業務を行っています。当院はAMED国際共同研究実施基盤整備事業の実施推進拠点となっており、アジア4か国での未承認薬を用いた国際共同試験のプロジェクトマネジメントや、JCOGとEORTC(European Organisation for Research and Treatment of Cancer)との国際共同研究、JCOGとIRCI(International Rare Cancer Initiative)の国際共同研究などを支援しています。

また、当院は経済協力開発機構(OECD)のglobal science forum (GSF)が進める臨床研究に関する国際的パートナーシップの枠組みであるClinical Research Initiative for Global Health (CRIGH)プロジェクトに参加しています。国際研究支援室では生命倫理室と協力してCRIGHの中のResearch Ethicsのプロジェクトを主導しています。

当院以外の研究機関が主導する国際共同研究に関するコンサルテーションを受け付けています。コンサルテーションを希望される研究者の方は以下の問い合わせ先までご連絡ください。

国立がん研究センター中央病院 臨床研究支援部門 研究企画推進部 国際研究支援室

担当:渡邉、秦
東京都中央区築地5-1-1
電話番号:03-3542-2511 内線5664
E-mail:NCCH_CTM●ml.res.ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)

スタッフ

主任

秦 友美

メンバー

濱田 崇司、渡邉 万紀子、山本 精一郎(併任)、片岡 幸三(外来研究員)、寺田 参省(非常勤)

主な活動(実績)

当院で実施している国際共同研究(介入研究のみ)
◎:国際研究支援室が直接支援している研究

種類国内試験種別試験名(英語)試験
status
海外
グループ
相手国
◎ 自施設医師 主導 ◎ 自施設医師 主導 医師主導治験 A Randomized, Double Blind, Placebo Controlled, Phase 3 Trial for Hormone Receptor Positive, HER2 Negative Locoregionally Recurrent or Metastatic Breast Cancer(NCCH1607) 準備中   韓国、台湾、シンガポール
海外 医師主導 海外 医師主導 医師主導治験 NRG-GY004:A Phase III study comparing single-agent olaparib or the combination of cediranib and olaparib to standard platinum-based chemotherapy in women with recurrent platinum-sensitive ovarian, fallopian tube, or primary peritoneal cancer 登録中 NRG 米国、カナダ
◎ 国内 他施設主導 臨床試験 EORTC-1527-GITCG-IG/JCOG1609INT DREAM: Diffusion-Weighted Magnetic REsonance Imaging Assessment of Liver Metastasis to Improve Surgical Planning 登録中 EORTC ベルギー、フランス
◎ 自施設医師 主導 臨床試験 (先進) 臨床試験(先進) A Global Study To Evaluate The Potential Benefit of Adjuvant Chemotherapy for Small Bowel Adenocarcinoma (JCOG1502C) 登録中 IRCI
(International Rare Cancer Initiative)
英国、フランス
海外 医師 主導 医師主導治験 Randomized, Double-Blind, Phase III Trial of Olaparib vs. Placebo in Patients with Advanced FIGO Stage IIIB-IV High Grade Serous or Endometrioid Ovarian, Fallopian Tube, or Peritoneal Cancer treated with standard First-Line Treatment, Combining Platinum-Taxane Chemotherapy and Bevacizumab Concurrent with Chemotherapy and in Maintenance 登録中   欧州
海外 医師 主導 臨床試験 NSABP/NRG B-51: A Randomized Phase III Clinical Trial Evaluating Post-Mastectomy Chestwall and Regional Nodal XRT and Post-Lumpectomy Regional Nodal XRT in Patients with Positive Axillary Nodes Before Neoadjuvant Chemotherapy who Convert to Pathologically Negative Axillary Nodes After Neoadjuvant Chemotherapy 登録中 NRG 米国、カナダ、アイルランド、イスラエル、韓国、プエルトリコ
海外 医師 主導 臨床試験 A study evaluating the pregnancy outcomes and safety ofinterrupting endocrine therapy for young women with endocrineresponsive breast cancer who desire pregnancy 登録中 International Breast Cancer Study Group (IBCSG) 米国、オーストラリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、オランダ、ポルトガル、スペイン、スイス
海外 医師 主導 医師主導治験 Treatment of Children with All Stage of Hepatoblastoma with Temsirolimus(IND#122782, NSC#683864) Added to High Risk Stratum Treatment 登録中 COG(Children’s Oncology Group) 米国
海外 医師 主導 臨床試験 International Study for Treatment of Standard Risk Childhood Relapsed ALL 2010 (IntReALL SR 2010) A randomized Phase III Study Conducted by the Resistant Disease Committee of the International BFM Study Group 登録中 BFM study group 欧州
自施設医師 主導 臨床試験 Stage and Site Specific Sensitivity of Fecal Immunochemical Tests for Large Advanced Adenoma and Cancers - A Prospective Multi-National, Multi-Center Study 試験終了   台湾
国内 他施設主導 臨床試験 A Multinational, Randomized, Phase III Study of XELIRI with/without Bevacizumab versus FOLFIRI with/without Bevacizumab as Second-line Therapy in Patients with Metastatic Colorectal Cancer. 登録終了   韓国、中国
国内 他施設主導 臨床試験 A phase II trial of neoadjuvant imatinib for large gastric GIST in Asia 登録終了   韓国、台湾
自施設医師 主導 臨床試験 Prospective cohort study evaluating the long-term outcome after endoscopic submucosal dissection for colorectal neoplasia 登録終了   オーストラリア
◎ 自施設医師 主導 臨床試験 Randomized Phase III Study of mFOLFOX7 or CAPOX plus Bevacizumab versus 5-Fluorouracil/Leucovorin or Capecitabine plus Bevacizumab as First-line Treatment in Elderly Patients with Metastatic Colorectal Cancer 登録中 NCCTG 米国
海外 医師 主導 医師主導治験 A PHASE II EVALUATION OF TEMSIROLIMUS (CCI-779) (NCI SUPPLIED AGENT:NSC# 683864, IND# 61010) IN COMBINATION WITH CARBOPLATIN AND PACLITAXEL FOLLOWED BY TEMSIROLIMUS (CCI-779) CONSOLIDATION AS FIRST-LINE THERAPY IN THE TREATMENT OF STAGE III-IV CLEAR CELL CARCINOMA OF THE OVARY  試験終了 GOG 米国、韓国
◎ 国内 他施設主導 臨床試験 REGATTA: A randomized controlled trial comparing gastrectomy plus chemotherapy with chemotherapy alone in advanced gastric cancer with a single non-curable factor 試験終了 KCGA(Korean Gastric Cancer Association) 韓国
海外 医師 主導 医師主導治験 A Phase III randomized controlled clinical trial of CARBOPLATIN and PACLITAXEL(OR GEMCITABINE) alone or in combination with BEVACIZUMAB (NSC #704865, IND #7921) followed by BEVACIZUMAB and secondary cytoredutive surgery in platinum sensitive, recurrent ovarian, peritoneal primary and fallopian tube cancer. 試験終了 GOG 米国、韓国