コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 臨床研究支援部門 > 各種研修のご案内 > 「医師主導治験プロジェクトマネジメント(PM)トレーニングコース研修生募集」のご案内

「医師主導治験プロジェクトマネジメント(PM)トレーニングコース研修生募集」のご案内

国立がん研究センター中央病院では、下記のとおり医師主導治験プロジェクトマネジメント(PM)トレーニングコースの研修生募集を行います。

目的

当院は医療法上の臨床研究中核病院であり、臨床研究中核病院に関する事業の一環として、医師主導治験をはじめとする研究者主導臨床研究を支援するために必要な人材の教育・研修のため、外部施設から研修生の受け入れを行い、わが国の臨床研究の体制整備を推進します。

参加者は、本研修を通じて臨床研究のプロジェクトマネジメントに関する実践的な知識や経験が習得できます。

背景

  • 医師主導治験をはじめとするアカデミアの研究者主導臨床研究では、人的・時間的・資金的なリソースの制約があります。製薬企業では臨床開発、薬事、安全性といった業務を複数部門がありますが、アカデミアではそれらの業務をすべてPM (治験調整事務局等)がまとめて担うことが多いため、PM遂行には、多くの専門知識が必要となります。
  • 医薬品開発のPMについてのノウハウは製薬企業にも蓄積されていますが、企業からアカデミアへの人材交流は少なく、多くのアカデミアが独自に人材育成をしております。
  • 多くの医療機関におけるPMスタッフ育成の現状は、OJTによる育成が主体です。がん領域では、医師主導治験をはじめとする研究者主導臨床研究の実施が不可欠であり、さまざまなタイプの臨床研究が実施されています。当院では2004年よりこれまでに20課題の医師主導治験の調整事務局の経験があり、これはわが国の中でもトップクラスの実績で、これらの経験による十分なノウハウを有しております。
  • 本トレーニングコースでは、医師主導治験のPMを中心として、適性や希望により先進医療下の臨床試験や国際共同試験のPMを経験することも可能です。
  • 臨床研究中核病院に申請予定の医療機関で臨床研究支援の実務を担当される予定の方や、わが国のアカデミア主導の治療開発の担い手としてさらに上を目指す意欲のある方はぜひお問い合わせください。

応募資格

医療機関に所属するもの

  • 申請時に、所属機関の長ならびに所属部門の長が、医師主導治験の体制整備に理解を有していることを確認致します。
  • 条件によっては、製薬企業、SMO、CROやその他の研究機関からの参加も可能とします。当院にて審査を行った上で受け入れの可否を決定し、契約書を締結した上で受け入れます。

原則として2年以上の臨床研究に関する実務経験を有するもの

研修期間

原則1~2年(応相談)

研修場所

国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院 臨床研究支援部門
所在地:東京都中央区築地5-1-1

募集人数

若干名(随時募集)

研修費用

無料

給与

研修期間が1年未満の場合には研修生の給与は派遣元医療機関の負担となります。

研修期間が1年以上の場合には、最初の半年間の研修生の給与については派遣元医療機関の負担となりますが、研修開始後半年時点で研修生の能力評価を行い、規準を満たせば国立がん研究センター中央病院が50%を負担することも可能です。

その他、研修に係る交通費や滞在費については原則として派遣元医療機関でご負担いただきます。なお、研修期間中の研修生の所属については派遣元医療機関となり、研修終了後は派遣元医療機関に復職することが条件となります。

応募方法

所定の申込書に必要事項を記入し、下記の問い合わせ先へご送付ください。

提出書類の返却はいたしません。

応募の際に頂く個人情報は、当募集の目的以外に使用することはありません。

選考方法

国立がん研究センター中央病院臨床研究支援部門に設置する選考委員会にて書類および面接による選考を行います。

選考結果は、面接後原則2週間以内に、通知いたします。

問合せ先

国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院 臨床研究支援部門
担当:秦、中村
東京都中央区築地5-1-1
電話番号:03-3542-2511 内線:5664
Eメール:NCCH_CTM●ml.res.ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。