コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 看護部 > 看護の力 > チーム医療における看護の力

チーム医療における看護の力

初診時からの継続支援

準備中です

患者教室

がん患者さんの治療や療養は、入院病棟よりも、外来や在宅などで継続される期間が長くなっていく傾向にあります。当院ではそうしたがん患者さんやご家族に対して外来でのサポートを充実させるため、専門看護師・認定看護師が主体的に患者さん向けの教室や相談室を企画し、実施しています。患者教室には、看護師だけでなく、医師や薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養士、心理士などと協働して多職種チームで開催しているものもあります。

抗がん剤治療教室

がん化学療法看護認定看護師が中心になって開催し、抗がん剤治療の注意点や副作用対策をお話しています。最近増加している経口抗がん薬治療を受ける方には、がん専門薬剤師も一緒にご説明しています。

リンパ浮腫教室

リンパドレナージセラピストの資格を持った看護師が、患者さんが自分でできるセルフマッサージの指導をしています。上肢のリンパ浮腫の教室には乳がん患者さんの参加が多く、乳がん看護認定看護師が活躍しています。

膵がん・胆道がん教室

医師・看護師・薬剤師・ソーシャルワーカー・栄養士など多職種で開催しています。膵がんや胆道がんの患者さんとご家族に安心して治療や療養生活を送ってもらえるように、それぞれの得意分野で積極的に力を発揮して、チームで患者さんとご家族を支えている教室です。

生活の工夫カード

生活の工夫カード

「生活の工夫カード」は、当院の外来に通院中の患者さんを対象に行った「生活上の不便さ調査」のアンケート結果を参考に作成しました。この調査で、がんという病気そのものから生じる不快な症状と、がんの治療(手術・抗がん剤治療・放射線治療など)の影響などから、患者さん方が生活上のさまざまな場面で困ったり、不便さを感じたりしていることがわかりました。それと同時に、患者さんなりにたくさんの工夫もされていること、「これは名案!」と思える対策を取っていることもわかりました。

がんやがんの治療のために生じている不都合なことと、それに対して工夫できることを、多くの人と共有できれば、がん患者さんの「暮らし」をもっと快適にできるのではないかという思いで、「生活の工夫カード」が生まれました。

当センター創立50周年記念イベント「がんの今と、これから」の「がん患者さんの暮らしが広がるアイデア展」で展示したところたくさんの反響をいただき、現在も1階ロビーの皆さんの目に付きやすい場所に置いてあります。カードの減り具合などから、患者さんが何に困っていらっしゃるのかがうかがえます。

患者さんの声をたくさん生かし、看護師の立場からの知識や技術を補強して、患者さんと看護師が一緒につくった29種類のカードが、多くの方に役立ててもらえることを願っています。

「生活の工夫カード」は中央病院のページからダウンロードできます。