コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 看護部 > 教育体制・キャリア支援 > キャリアパス全体像

キャリアパス全体像

当院の看護師のキャリアパス全体像です。当院では、がん看護臨床実践能力を高めながらレベル別に教育を受け、管理者・研究者・教育者・専門看護師などとして、またジェネラリストとして貢献できる看護師を目指します。

がん看護臨床実戦能力の4側面

  • 看護職員として必要な基本姿勢と態度
  • 技術的側面
  • 管理的・教育的側面
  • 専門的側面

各レベルの目標

レベルI:新人

助言のもと専門職業人として行動できる

レベルI:卒後2年目

基本的な看護が自立して実践できる

レベルII:卒後3年から4年目

個別性に応じた看護実践ができる

レベルIII:卒後5年から7年目

  1. 多角的な視点に基づいた看護実践ができる
  2. がん看護の役割モデルとなる

レベルIV:卒後8年目以上

  1. 熟達した看護が実践できる
  2. がん看護に関する広い視野を持ち役割に応じた活動ができる

最終目標

ジェネラリスト:がん看護実践能力の高い看護師

  • 管理者
  • 研究者
  • 教育者
  • CN(認定看護師)・CNS(専門看護師)

看護師のキャリアパス図