中央病院での後発医薬品の採用について << 国立がん研究センター中央病院
中央病院 > 共通部門のご案内 > 薬剤部 > 中央病院での後発医薬品の採用について

中央病院での後発医薬品の採用について



当院では、患者さんや国民全体の医療費の負担の低減を考慮して、後発医薬品の採用を行っています。

先発医薬品が国から承認を得ている適応(効能・効果、用法・用量)について、後発医薬品には欠けている場合もあり、そのような場合は先発医薬品を使用しています。

それ以外の後発医薬品の採用に当たっては、国から得ている承認の内容が当院の医療の必要を満たすかどうか、医薬品の品質、製造販売会社の供給体制や情報提供体制に問題がないか確認したうえで、複数の候補がある場合は競争入札を行って、その中からもっとも経済的なものが選択されるようにしております。

平成27年11月1日現在、当院で採用されている主な後発医薬品は、こちらPDFをご覧ください。