コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 放射線技術部 > 放射線診断技術室 > 乳房X線検査 (マンモグラフィ)

乳房X線検査 (マンモグラフィ)

マンモグラフィとは

マンモグラフィとは、乳房専用のX線撮影のことです。乳房を板で挟み込み、薄く伸ばして撮影します。乳房を薄く伸ばすと、正常な乳腺の重なりが少なくなるため、乳房内に白い影(腫瘤性病変)があった場合、より鮮明に観察が可能となり、見つけやすくなります。またマンモグラフィでは、乳房を触ってもしこりがわからないようなタイプの乳がんも、砂粒のような非常に細かい影(微細石灰化病変)として見つけることができます。マンモグラフィは、特にこの石灰化を見つけることが得意な検査です。マンモグラフィとは乳房全体をくまなく写し出すために、片方の乳房に対して複数の方向(MLO:内外斜位方向とCC:頭尾方向)から撮影を行います。

manmo.png

なぜ乳房を圧迫するのか?

  • 腫瘤と正常な乳腺の重なりが少なくなるため、がんが見つけやすくなります。
  • 乳房全体が均一に広がるため、ムラがなく見やすい画像が得られます。
  • ボケが少なく、鮮明な画像が得られます。
  • 身体や呼吸による動きを防止できます。
  • 被ばくがより抑えられます。

装置の紹介

 

MAMMOMAT.jpg
シーメンスヘルスケア株式会社
MAMMOMAT Inspiration

当院で使用しているマンモグラフィの装置は、デジタル処理により乳房内を適正な画質で表示させることができ、診断に適した画像を得ることができます。

X線を作り出す部品の一部であるターゲット/フィルタに、Mo/Mo、Mo/Rh、W/Rhの3通りの組合せを備えています。乳房の中にある乳腺組織の量は個人差が非常に大きく、病変の見つけやすさ・見つけにくさに関係します。この3通りのどれかひとつを使って、個々の乳房にあった組み合わせをプログラミングすることにより、より低線量で優れた画像を得ることができます。

また、安全・安心な検査を保障するために、日々装置の動作チェックや画像の確認を欠かさず、定期的な点検も実施しており、しっかりと装置の管理を行っています。

撮影した画像は院内のネットワークによりサーバーに送られるため、検査室から離れた場所にいる医師も、すぐさま画像を確認することが出来ます。

この装置を用いて、乳房の断層画像が得られる乳腺トモシンセシスや、乳房に針を刺して乳腺組織を採取する ステレオガイド下マンモトーム生検も行っています。

 

検査の流れ・注意事項

受付(4階 放射線診断科受付)

1階受付で発行された計算カードをお出しください。マンモグラフィ待合室にご案内いたします。

ご案内

担当技師が更衣室にご案内いたします。計算カードをお預かりします。検査時間は15分前後です。

更衣

上半身の衣類はすべて脱ぎ、専用の検査着にお着替えください。メガネやアクセサリー(ネックレス、イヤリング)を外してください。制汗剤やパウダーは、使用しないでください。いぼ、ほくろ、ご自分で気が付かれたしこり等がありましたら、担当技師にお伝えください。

撮影

一つの乳房に対し、方向を変えて2回の撮影をおこないます。

呼吸や身体の動きによってブレた写真では正しい診断が難しくなるため、撮影の瞬間は息を止めていただく事があります。

確認

医師が診断するのに適した画像がきちんと撮れているかをチェックします。

 

検査終了

お着換えが終わり次第、次の工程もしくは会計にお進みください。

  • 乳房X線検査専用検査

    マンモグラフィ専用のピンク色の
    ケープ型検査着の着用イメージ

  • 更衣室

    更衣室の画像

注意事項・検査を受けられる方へ

  • 食事、その他の特別な制限はありません。
  • 検査の都合で開始時間が若干遅れる場合があります。ご了承ください。お着換えが終わり次第、次の工程もしくは会計にお進みください。医師が診断するのに適した画像がきちんと撮れているかをチェックします。
  • 検査時間は15分前後です。
  • 豊胸術施行後の方は、内容物破損の可能性や診断可能な範囲が限られるため必ず申し出てください。問診の上、実施可能か判断します。
  • ペースメーカーを装着されている方は、撮影時の圧迫により位置がずれることや、リード線に支障を来す恐れがありますので、原則検査を受けることはできません。
  • 体内に金属を埋め込んでいる方は担当技師にお伝えください。

当院では検診マンモグラフィ撮影診療放射線技師の認定を受けた診療放射線技師が12名在籍しており、マンモグラフィ検査に携わっています。また、医師・臨床検査技師と共に定期的なカンファレンスをおこない、乳癌に関する知識の習得にも日々励んでおります。

乳腺トモシンセシスとは

乳腺トモシンセシスは、乳房の断層画像が得られる検査です。マンモグラフィと同様に乳房を圧迫して撮影を行います。マンモグラフィは、病変と周囲の正常組織が重なってしまう欠点がありましたが、乳腺トモシンセシスでは、乳房を薄い断面の画像で得ることができます。乳腺内がより観察しやすくなり、乳腺の重なりが少なくなることで正常乳腺と病変との区別が容易にできる、精度の高い検査が可能となります。

乳腺トモシンセシスは、X線が発生するX線管球を移動させながら撮影することにより、薄い断面ごとの撮影が可能となった最新撮影技術です。X線管球が動いている間は、約40秒間を要し、この間は乳房を挟まれたままとなります。高精度な検査である分、圧迫時間がマンモグラフィに比べて長く、痛みを感じることがあります。乳腺トモシンセシスでは、マンモグラフィの画像とトモシンセシスの画像が同時に取得できる検査となります

  • m00.png

  • m01.png

  • m03.png

    CC(頭尾方向撮影)
  • m04.png

    MLO(内外斜位方向撮影)

マンモグラフィの画像では、乳腺が多く病変を特定することが難しいですが、乳腺トモシンセシスの画像で、「左乳房にスピキュラを伴う腫瘤として認める」という診断した症例です。

ステレオガイド下マンモトーム生検とは

manstome.jpg

ステレオガイド下マンモトーム生検とは、組織検査の一つです。

マンモグラフィを撮影することで病変の位置を確認しながら、乳房に針を刺して乳腺組織を直接吸引採取します。採取した乳腺組織(石灰化)を顕微鏡で詳しく調べることで、乳がんなのかどうかを調べます。

マンモトーム生検は、マンモグラフィの検査をして乳房内に石灰化が見つかり、精密検査が必要と判断された方(マンモグラフィ検診でカテゴリー3以上と判定された方)に対して行われます。

傷口は5ミリメートル程度の小さな切開創で済むうえに、診断精度が高い検査です。患者さんの負担は比較的少ないですが、乳房に局所麻酔をして針を刺す検査ですので、検査の直前には医師による詳細な説明を受けて頂きます。さらに看護師と診療放射線技師を加えた体制で、検査に対応しています。

採取した組織の中にターゲットの石灰化がしっかりと含まれているかを、マンモグラフィを撮影して 確認をした画像です。黄色矢印の白い粒(黄色矢印)が石灰化で、これを顕微鏡で詳しく調べます。

マンモトーム生検は、マンモグラフィ検査で使用しているものと同じで、図の真ん中にある装置を使います。また、乳腺組織を吸引採取する時に、針の中に吸引をかける装置が左の装置です。右にある椅子に座って検査を受けて頂きます。

m05.png

赤丸は、これから採取しようとしている石灰化です。これをターゲットにして針を刺します。 この画像のように、マンモグラフィを撮影することで位置を確認しながら石灰化を採取します。

m06.png

採取した組織の中にターゲットの石灰化がしっかりと含まれているかを、マンモグラフィを撮影して 確認をした画像です。黄色矢印の白い粒(黄色矢印)が石灰化で、これを顕微鏡で詳しく調べます。

医療従事者向け 装置の紹介

MAMMOMAT Inspiration(シーメンスヘルスケア株式会社) 2台

  • ステレオガイド下マンモトーム対応
  • 乳腺トモシンセシス対応