コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 放射線技術部 > 放射線診断技術室 > 核医学検査

核医学検査

当院で使用している装置の紹介

SPECT-CT装置

図:SPECT-CT装置

SIEMENS Healthineers 社製
SymbiaT6 1 台
SymbiaT16 1 台

右写真はSPECT-CTの装置です。 人体からの放射線を検出するためのガンマカメラが上下に設置されています。これを360度回転することで断層像も得ることが可能です。また、ガンマカメラの奥のリング状の部分にはCT装置が設置されています。


PET-MRI装置


図:PET-CT装置

GE Healthcare社製
DiscoveryTM PET/CT 600 3 台

左写真はPET-CT装置です。 装置中央のリング状の部分にCTを撮影する部分と放射線を検出する機械があります。

PET-CT装置

図:SPECT-CT装置

GE Healthcare社製

SIGNA PET/MR 1 台

右写真はPET-MRI装置です。リング状の機械の外側にはMRIを 撮影するための磁石が設置されています。その中に人体からの放射線を検出するための機械があります。右の棚にあるコイルという機械を部位や目的に合わせて付け替えて 検査を行います。

 


核医学検査とは

核医学検査とは、放射性同位元素(RI)を用いて行う検査です。体内に

RIを含む薬品を投与し、放出される放射線(ガンマ線)を検出することで、対象部位の形状・機能を調べます。RIの種類によってPET検査とSPECT検査に分かれます。

PET検査


図:PET全身画像

PET検査の代表はブドウ糖にフッ素の放射性核種のフッ素18を合成した18F-FDGを使ったFDG-PET検査が挙げられます。FDGは体内でブドウ糖と同じ様な動きをするため、エネルギーをより多く使う活発ながん細胞などにはFDGが非常に多く集まります。

右の画像はPETの全身画像です。FDGがより集まっているところが濃い黒色で表示されます。

下の画像はCT画像とPET画像とそれらを重ね合わせたPET/CT融合画像です。重ね合わせることで、FDGの集積した部位の正確な同定ができます。

 

骨シンチグラフィー

image
図:骨シンチグラフィー画像

SPECT検査の代表は骨シンチグフィーです。リン酸から作られた薬剤を使用することによりX線検査による形態診断だけでは分かりにくい骨転移、微小骨折などの 病変を検出することができます。

注射後2時間から3時間後に撮影を行います。撮影時間は約30分くらいです。

乳腺センチネルリンパ節シンチグラフィー

image
図:乳腺センチネルリンパ節シンチグラフィー
(赤丸で囲ってあるところがリンパ節)

乳がんの手術の前に行われる検査の1つです。乳房から注射された薬剤がリンパ節に流れていく様子を画像にします。

撮影は基本的に注射直後と3時間後に それぞれ5分ほど撮影を行います。体位は仰向けで片方の手を挙げて頂きます。

I131ヨウ化ナトリウム治療

image
図: I131ヨウ化ナトリウム治療の画像

ヨード131という放射性医薬品を用いた甲状腺がんに対して行われる治療です。 投薬後は放射線が甲状腺に集まるため、 数日は専用の部屋で入院して頂きます。退院の際は、患者様の線量を測定し、普段通りの生活を送っても 問題ないことを確認させて頂きます。測定後は検査室にて全身画像を約1時間ほど撮影します。

ゾーフィゴ静注

当院において20168月から開始されたラジウム-223と呼ばれる放射性物質を利用した治療です。この治療は去勢抵抗性前立腺がんの骨転移に対して行われます。このラジウム-223が骨転移巣に集まりアルファー線という放射線の一種を放出することで治療を行います。

治療は薬剤を静脈注射して終了です。投薬量を決定するするため、注射前に体重測定を行います。

検査の流れと注意事項

骨シンチグラフィー検査を受けられる方へ

地下2階 核医学検査受付にお越しいただき、1階 受付で発行された計算カードをお出しください。受付にて中待合室へご案内します。なお、採血がある場合は先に採血をお願いします。

処置室へご案内し、検査薬を注射します。

2時間から3時間後に撮影になりますので、診察や他の検査がある場合は済ませていただいて構いません。

撮影時間が近づきましたら外待合室でお待ちください。担当者がお声掛けします。なお撮影を始める前に排尿していただきます。


図:撮影中の風景

撮影機器寝台に仰向けになっていただきます。撮影中は動かないようお願いします。右の写真は撮影中の様子です。人体からの放射線をしっかりと画像にするためにガンマカメラという機械をできるだけ体に近づけて撮影していきます。

 

撮影は概ね30分程度で終わります。検査終了後は基本的に普通の生活を送れますが、

検査後数時間は人混みや子ども・妊婦にむやみに 近づくのは控えてください。

注意事項

  • 食事・飲み物の制限はありません。ただし他の検査がある場合にはそちらに従ってください。
  • お薬に使用期限があります。注射予約時間をお守りください。
  • 撮影前に排尿をしていただきます。
  • 撮影前に大きな金属類は外してください。(時計、眼鏡、ベルト、小銭等)
  • 影中、カメラが近づいてきます。ただしお体に触れることはありませんのでご安心ください。

PET-CT及びPET-MRI検査を受けられる方へ

地下2階 核医学検査受付にお越しいただき、1階 受付で発行された計算カードをお出しください。 受付にて検査アンケートをお渡しいたしますのでご記入してください。受付にて確認後、身長と体重を計測し中待合室へご案内いたします。なお、採血がある場合は先に採血をお願いします。

処置室へご案内し、問診と血糖値の測定を行います。問題が無ければFDGを注射します。


図:待機室の様子

待機室にて約1時間”安静に”していただきます。PC・ゲーム・会話も控えてください。右の写真は待機室の写真です。それぞれの個室にテレビとタオルケットがあります。楽な姿勢でお待ちください。

約1時間後、担当者が声をお掛けします。撮影を始める前に排尿を済ませてください。


図:撮影中の風景

装置の寝台に仰向けになっていただきます。右の写真は検査中の様子です。基本的には足側から頭側に撮影を行います。CT画像を撮影した後にPET画像を撮影するため、検査中は体を動かさないようにお願いします。

撮影は概ね30分程度で終わります。 検査終了後は基本的に普通の生活を送れますが、

検査後数時間は人混みや子ども・妊婦にむやみに近づくのは控えてください。

注意事項

image image

  • 検査の4時間前から糖分を含む食品・飲料を摂取しないようお願い致します。正しい検査結果が得られない可能性があります。
  • 検査に関するアンケートにご記入いただきます。検査・診断以外の目的には使用しません。
  • 注射後は安静にして頂くようお願いいたします。前日の激しい運動は診断に悪影響を及ぼすため控えてください。
  • 検査中はトンネル状の機械に入ります。狭い場所が苦手な方はあらかじめご相談ください。
  • 検査について不明な点がございましたら、お気軽にお尋ねください。

また、PET-MRIを受けられる方はMRI検査の諸注意が必要となりますので、MRI検査の注意事項もご一読ください。

医療従事者の皆様へ

SPECT-CT装置

SIEMENS Healthineers 社製
SymbiaT6 1
SymbiaT16 1

PET-CT装置

GE Healthcare社製
DiscoveryTM PET/CT 600 3 台

PET-MRI装置

GE Healthcare社製
SIGNA PET/MR 1 台