コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 患者サポート研究開発センター > 常設プログラムの紹介

常設プログラムの紹介

看護相談

病気がわかったばかりのときの心配事、はじめての手術や抗がん剤治療などの療養生活で必要なこと、治療や療養の場所を決める戸惑い、いろいろな不安・悩みやつらい症状を和らげるケアや対応策について、看護師が一緒に考え、お手伝いします。

周術期サポート

安心して手術を受けていただけるよう医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士からなる周術期管理チームが術前準備のサポートをします。手術に関することは何でもご相談ください。

相談支援センター

生活や、社会制度、仕事などについて相談できます。
相談支援センターの紹介(関連リンクをご覧ください)

リハビリ

筋力強化や呼吸指導、生活上の工夫などを紹介します。

薬剤師外来

抗がん剤の効果・副作用・注意事項などについて相談できます。

栄養相談

お食事のことについてなんでも相談できます。

リンパ浮腫ケア外来

がんやがんの治療にともなう体のむくみに対して、資格のあるセラピスト(看護師)が直接ケアを行い、日常生活の中の対応策を一緒に考えます。

アピアランス相談

がんの治療にともなう外見の変化について相談できます。
アピアランス支援センターの紹介(関連リンクをご覧ください)

緩和医療科

痛み、吐き気、息苦しさなど、治療によって生じるつらい症状について相談できます。

精神腫瘍科

ストレスへの対処法、気持ちの落ち込みや不安、眠れないなどでお困りの患者さんやご家族が対象です。病気や治療とうまく付き合えるよう、ご相談に乗ります。
精神腫瘍科のプログラム一覧(関連リンクをご覧ください)

麻酔科

手術を安全に受けて頂けるようお身体の具合をチェックし、麻酔に関する説明を行います。麻酔についてご相談できます。

歯科

治療によるお口の合併症の予防や対応、お口の困りごとは何でも相談できます。地元のがん連携歯科医院をご紹介することができます。