市民公開講演会「がんについて」講演記録 << 国立がん研究センター中央病院
中央病院 > 中央病院からの情報提供 > 市民公開講演会「がんについて」講演記録

市民公開講演会「がんについて」講演記録

国立がんセンター中央病院が主催した、がんに関する基礎的研究の成果か ら予防・診断・治療などに関する講演記録の一覧を掲載しています。

これまでの講演記録

・ 第27回 2009年12月13日 「がんの痛みで苦しまないで−がんの痛みは正しい治療で緩和できます−」
「肺がんで亡くならない「コツ」をみつけましょう」
・ 第26回 2009年07月04日 「がんを知り、がんに挑む−研究の場から−」
「大腸がんの最新抗がん剤治療−増えた選択肢と治療効果の改善−」
・ 第25回 2009年01月24日 「がん治療における放射線治療の役割」
「緩和ケアから学んだがん看護」
・ 第24回 2008年06月28日 「がん情報を利用しましょう!」
「血液がんの治療選択とセカンド・オピニオン」
・ 第23回 2007年12月01日 「がんを知って、がんと生きる」
「国のがん対策と国立がんセンターの目指すところ」
・ 第22回 2007年06月09日 「看護師が話す緩和ケア」
「チームで支える患者中心のがん緩和ケア−看護・介護の大切さ−」
・ 第21回 2006年12月09日 「大腸がん手術からみたがん治療における外科の役割」
「元気に音楽やっています!−手術と化学療法を経験して思うこと−」
・ 第20回 2006年06月03日 「がん医療の進歩 : 過去・現在・未来」
「放射線治療と仲良くつきあうために」
・ 第19回 2005年12月03日 「がん検診でどこまでわかるか−がん予防・検診研究センターの役わりとPET−」
「がんの化学療法(抗がん剤による治療)−肺がんを中心に−」
・ 第18回 2005年06月18日 「がんの発生要因と予防方法」
「インターベンショナル・ラジオロジー−針穴から入って行う治療−」
・ 第17回 2004年11月27日 「がんの予防・検診の最新情報−どのような検診をどのように受けるべきか−」
「がんの免疫療法と造血幹細胞移植」
・ 第16回 2004年06月12日 「がん研究の現状と展望」
「肝臓・胆道・膵臓のがんについて」
・ 第15回 2003年11月29日 「消化管がん(食道がん・胃がん・大腸がん)の内視鏡的治療」
「がんの医療相談について−セカンドオピニオンの実際−」
・ 第14回 2003年06月14日 「がんの分子標的治療−新しいがん治療の開発動向−」
「がんの放射線治療−陽子線治療の解説も含めて−」
・ 第13回 2002年12月07日 「肺がんとかかりつけ医」
「食道がんの治療−および患者の立場からみたがんの早期診断−」
・ 第12回 2002年06月01日 「がんと野菜」
「がんと遺伝子」
・ 第11回 2001年12月01日 「がん−この内なる敵と皆さんと共に戦う−」
「生活習慣病としてのがん−がん専門医が考える「健康」とは−」
・ 第10回 2001年06月30日 「生きがいとユーモア」
「がん医療における情報利用の現状」
・ 第9回 2000年10月28日 「がんとストレス−がんと上手に取り組むためには−」
「がん治療の選択の難しさ−前立腺がんを例として−」
・ 第8回 2000年06月03日 「がん先端医療の現状と将来」
「がん研究の最前線−遺伝子研究を中心として−」
・ 第7回 1999年12月11日 「発がんとがん予防−がんはどこまで予防できるか−」
・ 第6回 1999年06月05日 「ごあいさつ」
「日常生活におけるがん予防の現実性」
「QOL(生活の質)を考えた治療の方法」
・ 第5回 1998年05月30日 「抗がん剤の有効性と危険性」
・ 第4回 1997年10月25日 「病気の真実を知ることの意味−インフォームド・コンセントとは−」
・ 第3回 1997年01月18日 「がんに打ち克つには−私の経験から−」
・ 第2回 1996年06月01日 「食事とがんの関連性−がんの予防因子を中心に−」
「がんの治療はどこまで進歩したか」
・ 第1回 1995年11月04日 「がん画像診断はどこまで進歩しているか」

関連図書