コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 医療チーム > 緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

緩和ケアチームの紹介

緩和ケアはがんの診断時からあらゆる時期において、患者さんの身体的、心理社会的、スピリチュアルな苦痛を緩和し、患者さんとご家族のQuality of life(生活の質)を向上させ、生きる力につなげる医療で、その役割は、患者さんの苦痛緩和や精神的安定にとどまらず、生命予後の延長につながるといわれています。医師、看護師、薬剤師、心理療法士など多職種からなる緩和ケアチームが主治医、担当看護師などと協働して、患者さんやご家族を支援します。

緩和ケアチームの役割

  • 身体的症状(痛み、悪心嘔吐、呼吸困難、倦怠感、浮腫など)のマネジメント
  • 精神的症状のマネジメント(不安、気持ちのつらさ、せん妄、不眠など)
  • 意思決定支援とアドバンスケアプランニング
  • スピリチュアルペイン
  • ご家族など介護をする方のサポート
  • 療養(終末期を含む)の相談
  • 医療者の支援
  • 緩和ケアの普及啓発・教育

スタッフ

緩和医療科医師、精神腫瘍科医師、専従看護師、専任薬剤師、心理療法士、ホスピタルプレイスタッフ、鍼灸師で構成し、相談支援センター、リハビリテーション、アピアランス、放射線診断科、歯科、臨床倫理支援室、患者サポート研究開発センターなど関連する他部門と連携して診療を行っています。

お知らせ(勉強会など)

緩和ケアチームでは定期的に勉強会や教室を行っています。

患者さん向け

患者サポート研究開発センターにおける教室(PDF: 331KB)

医療者向け

NCC緩和ケアチーム勉強会年間スケジュール(PDF:1260MB)