コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > その他情報 > 災害関連情報 > 東日本大震災関連情報 > 国立がん研究センター災害派遣チームによる各地の放射線測定結果

国立がん研究センター災害派遣チームによる各地の放射線測定結果

平成23年3月17日から20日

 空間線量個人被ばく線量(積算値)
  屋外 土壌 室内 伊丹 跡田 木村 島田
蓮田11時37分 70        
佐野12時35分 130        
上河内13時33分 230        
那須高原14時39分 1,600        
安達太良15時46分 3,100        
福島松川16時2分 2,100        
福島県庁前17時 4,000 0 0 0  
 空間線量個人被ばく線量(積算値)
  屋外 土壌 室内 伊丹 跡田 木村 島田
福島県庁前 9時4分 3,500 8 8 8  
川俣高校10時4分 4.8マイクロシーベルト/時   7,000
1.30μSv/h
       
川俣高校13時10分     7500
1.33μSv/h
       
川俣高校18時 7.2マイクロシーベルト/時   6200
1.30μSv/h
25 24 30  
 空間線量個人被ばく線量(積算値)
  屋外 土壌 室内 伊丹 跡田 木村 島田
二本松 1,000            
阿武隈高原 550            
勿来高校10時45分 200   110 38 40 42  
勿来高校17時30分 136   87 41 43 45  
 空間線量個人被ばく線量(積算値)
  屋外 土壌 室内 伊丹 跡田 木村 島田
福島県庁前7時14分 5,000 24,300          
川俣高校9時20分 3,000 16,700 465 49 52 54  
川俣高校11時50分 3,800   450 56 60 62  
上河内SA 150 2,300          
中央病院帰着時             28

空間線量はGMサーベイメータ(CPM)
個人被ばく線量はポケット線量計(マイクロシーベルト)による

  • 18日:川俣高校の空間線量でマイクロシーベルト/時単位の結果は、災害対策本部より貸与の空間線量計にて測定
  • 帰路上河内SAにおけるタイヤ(泥)の測定値は600cpm
  • 島田医師は、宮城病院を拠点に別動