診断と治療 << 国立がん研究センター
希少がんセンター > 診断と治療

診断と治療

希少がんの診断はときに困難で、治療も確立されていないケースが多くあります。当センターでは希少がんを数多く診断・治療してきた経験を活かし、診療にあたっています。

画像診断
がんを早期発見したり、腫瘍の形・位置・広がりを調べるために画像診断を用います。超音波検査、レントゲン、CT、MRI、核医学検査について説明しています。
 
病理診断
希少がんは病名の確定が難しく、正しい治療のためには病理診断がかかせません。組織を採取し顕微鏡で観察して確定診断を行う、病理診断について説明しています。
外科手術
直接腫瘍を取り除き根治を目指す、肉腫、脳腫瘍、頭頸部腫瘍、後腹膜腫瘍、婦人腫瘍、皮膚腫瘍の外科手術について解説しています。
 
薬物療法
ここでは肉腫(サルコーマ)に対しての薬物療法の解説、それぞれの肉腫で効果が期待できる治療薬について紹介します。
放射線治療
放射線治療の対象となる場合や治療の種類を治療実績を含めて解説しています。陽子線治療についても紹介しています。
 
IVR
希少がんの治療や症状緩和のために画像診断装置を用いながら特殊な器具を用いて行うIVRについて解説しています。
内視鏡検査・治療
希少がんの診断・治療においても内視鏡を用いることがあります。当施設で実施している内視鏡検査・治療について解説しています。
 
造血幹細胞移植
造血幹細胞移植の概要、治療の方法、副作用と合併症などについて解説しています。

空
リハビリテーション
ここでは骨の肉腫や軟部の肉腫、脳腫瘍や口腔がんの場合のリハビリテーションについて解説しています。