コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 基盤的臨床開発研究コアセンター > 機能解析・疾患モデルコア > 動物実験部門 > 研究プロジェクト

研究プロジェクト

分子標的薬の非臨床試験において、従来法としての樹立されたがん細胞株ベースのin vitroおよびin vivo評価系を用いる場合に比べ、手術で摘出されたがん組織由来の評価系を用いることにより、臨床試験における薬効の予測確度が上がるとされています。

当部門では、がん組織からオルガノイド(がん幹細胞を含む多様な細胞から構成される3次元培養細胞塊)および担がんモデル動物(ヒトのがん組織・がん細胞を移植した免疫不全マウス)の樹立とそれらを用いる分子標的薬候補物質の探索・選別を行っています。

樹立された評価系については、多層的オミックス解析により遺伝子変異型や代謝系の特性などを明らかにした上で症例ごとの候補物質の反応性を比較することで、臨床試験において症例を層別化するためのマーカーを探索することも可能になっています。

基礎研究面では、がんの発生に関係する環境要因と遺伝要因の解析を目的とした実験系として、がん関連遺伝子改変マウスの正常組織から樹立したオルガノイドを用いて、あるいはレンチウィルスによる遺伝子導入と組み合わせ、ヌードマウスでの皮下腫瘍形成能で確認する「in vitro発がん再構成」の手法を確立し、当該技術を用いる研究を推進しています。

今後、これらオルガノイドを用いて発がん環境要因としての化学物質が細胞に及ぼす分子変化の解明を目指す研究を進めます。