コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 基盤的臨床開発研究コアセンター > 機能解析・疾患モデルコア > 細胞培養部門

細胞培養部門

研究室の紹介

希少がんや難治がんの既存の細胞株は十分ではなく特に日本(アジア)人の検体に由来する細胞株は限られている。任意の症例よりPDX株・細胞株を樹立できる技術開発が進めば、個々の症例のクリニカルシークエンスと薬剤感受性の因果関係を検証する事ができる。

将来的には個々のがんに対する薬剤感受性をin vitroで確認してから患者に投与することも期待できる。そこで、手術、生検、治療などで得られた臨床検体よりがん細胞を分離し、細胞株あるいはPDX株として樹立する技術開発を進めている。発がん・予防研究分野で開発された初代ヒト上皮細胞培養技術を元に、手術摘出検体中のがん細胞ならびに正常細胞の凍結保存法、分離・培養技術の改良を進める。

対照となる正常の膵管上皮細胞、胆道細胞、肝実質細胞、胃上皮細胞、大腸上皮細胞などについては長期培養や遺伝子導入による不死化(株化)に成功している。In vivoの細胞環境をin vitroで再現させることができれば、全ての細胞種をin vitroで自由に増幅できるはずであるとの仮説に基づき、2D培養, 3D培養によりその実現を目指す。