コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 基盤的臨床開発研究コアセンター > 病理・免疫コア > 免疫創薬部門

免疫創薬部門

免疫創薬部門メンバー

研究室の紹介

多様な免疫抑制環境を構築して宿主の免疫系から逃避することはがんの生物学的特徴の一つであり、免疫療法・化学療法に対する治療抵抗性・耐性獲得の原因ともなっている。

この多様性は、がんの微小環境において、がん細胞・間質細胞と免疫細胞がお互いに影響しあうことにより構築される。

当研究分野は、難治固形がん(膵がん・大腸がん・肺腺がん・小児がんなど)を対象に、 次の2つの研究課題に取り組んでいる。

  1.  腫瘍免疫システムの解明:がん組織において、免疫抑制性環境を構築するがん細胞・間質細胞・免疫細胞の相互作用(免疫抑制ネットワーク)を明らかとする。
  2.  新たな免疫療法の開発:生体内でのがん細胞と宿主細胞との相互作用を解明に基づき、遺伝子導入技術などを駆使して、免疫抑制ネットワークを遮断する新たな免疫治療法の開発を行う


現在、研究プロジェクトを一緒に進めていただける方を募集しています。
研究内容に興味をお持ちの方は、いつでも遠慮なくお問い合わせください

  • Eメール:kaoki●ncc.go.jp(●を@に置き換えてください) または ckudo●ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)