コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 基盤的臨床開発研究コアセンター > 機能解析・疾患モデルコア > 創薬標的・シーズ評価部門

創薬標的・シーズ評価部門

トップイメージ

研究室の紹介

画期的な医療シーズになりうる研究成果をみきわめ、新しい治療法の開発を促進することが当部門の研究の目的です。

本部門の特色は、希少がんを研究対象にしている点にあります。

希少がんは症例数が少なく臨床検体が得難いことから、臨床試験や基礎研究のための基盤的システムの開発が求められています(肉腫の培養細胞の現状)。

創薬標的・シーズ評価部門は研究所・希少がん研究分野、動物実験支援施設、中央病院・骨軟部腫瘍科や病理科の医師と連携をとり、臨床やトランスレーショナル・リサーチで何が求められているかを調べ、求められているものに応えることができる研究リソースの開発を行っています。

我々は、「質の高い臨床検体を研究に使える」「臨床・基礎のがんの専門家が集結している」という国立がん研究センターの特色を活かし、評価系の確立とその運用に向けて次の2つの研究課題を推進しています。