コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 分子診断・個別化医療開発グループ > 脳腫瘍連携研究分野

脳腫瘍連携研究分野

トップイメージ

研究室の紹介

当研究室は、さまざまな悪性脳腫瘍において遺伝子変異の解析を中心としたTranslational Researchを進め、臨床への応用を目指した基礎研究を推進することを目的としている。

脳腫瘍は、希少がんであり、がん全体の5%以下である。一方もっとも悪性度の高い脳腫瘍である膠芽腫(Glioblastoma, GBM)は5年生存率が10%以下と全てのがんの中でも最も予後の悪い難治性のがんのひとつである。また小児脳腫瘍は小児悪性新生物の中では約20%を締め、白血病についで2番目に多いがんである。2016年5月に世界保健機構(WHO)による脳腫瘍分類が改訂され、それによると本分類に含まれる原発性脳腫瘍は155種類と、極めて多岐にわたる。これらの腫瘍はそれぞれ病態も予後も異なるため、正確な診断を行い、個々の症例にあった新たな治療法を開発していくことは極めて重要である。特に新しいWHO分類では分子診断が正式に診断基準に取り入れられたため、これを日常の診療にどのように取り入れていくかは大きな課題である。当研究室ではアンメットメディカルニーズ(希少がん・難治がん)の一つである成人と小児の悪性脳腫瘍に対し、WHO診断基準にもとづく分子診断法を開発し、全国的な脳腫瘍研究のネットワークを構築して分子診断が臨床に応用できる体制を作るとともに、分子解析により得られたゲノム情報に基づく個別化治療の実現と、新規標的治療の開発を目指している。

これらを可能にするためには、臨床と基礎研究の密接な連携に基づくTranslational Researchが不可欠である。当研究室は国立がん研究センター中央病院脳脊髄腫瘍科とは手術検体のリアルタイムの遺伝子解析や合同リサーチカンファレンス、レジデントのリサーチトレーニングなどで密接な連携をしている。また、胚細胞腫ゲノム解析コンソーシアム (iGCT Consortium)、日本小児分子脳腫瘍グループ (JPMNG) など全国的な脳腫瘍ネットワークを組織し、また日本小児がん研究グループ (JCCG)、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG) など成人・小児のがんの臨床研究グループと連携してオールジャパンの体制で脳腫瘍研究に当たっており、研究の成果をいち早く臨床に応用できる共同研究体制づくりを目指している。 また当研究室は旧難治進行がん研究分野の研究グループを迎え、ALKやp53の機能と関連したがん治療抵抗性に関する研究を行っている(プロジェクト5)-7))。

国立がん研究センター中央病院脳脊髄腫瘍科で行われている脳腫瘍の診断と治療について詳しく知りたい方はこちらのリンクでご覧になれます。