コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 分子標的研究グループ > がん分化制御解析分野

がん分化制御解析分野

トップイメージ

研究室の紹介

発がんの初期段階からその進展、遠隔転移に至る過程において、幹細胞及び類似の特質を持った細胞の悪性化が、各がんの造腫瘍性、治療抵抗性、転移能獲得等に重要な役割を果たすとの考えに立ち、大腸がんを中心とした固形難治がんを対象として、そのような細胞の動態の解析を進める。手法としては、がん幹細胞、又は正常幹細胞のin vitro培養系を樹立し、その生物学的、生化学的解析を中心に研究を行なっている。最近では、シングルセル発現解析によるがん組織多様性、幹細胞特性の本態解明や、CRISPRライブラリを用いた機能スクリーニング等にも取り組んでいる。