コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 新領域創成プロジェクトグループ > 腫瘍免疫研究分野

腫瘍免疫研究分野

トップイメージ

研究室の紹介

免疫系は自己・非自己を識別し微生物などの非自己を排除するだけでなく、広範な生命機能に関わり宿主の恒常性維持に重要な働きをしていることが近年明らかになってきました。
しかし、過剰な免疫応答はアレルギーや自己免疫疾患を引き起こし、不十分な免疫応答は慢性感染症、発がんへとつながります。
がんにおいては、免疫系は異常細胞を排除し発がんを抑制していますが(免疫監視)、がん細胞はやがて自身の免疫原性を低下させること (免疫選択) などに加えて、様々な免疫抑制機構を獲得すること(免疫逃避)で、免疫系に対して寛容を成立させて臨床的な「がん」となります。腫瘍免疫研究分野は、基礎免疫学に加え、ゲノム科学、代謝学および各種のオミクス解析を統合することで、がん微小環境での抗腫瘍免疫応答の本態を解明し、新たながん免疫療法の開発に向けた基礎的研究を進めています。
特に、がん微小環境に多数存在する制御性T細胞などの複雑な免疫抑制ネットワーク機構を、動物モデルやがん患者さんの検体を用いた研究を進めることで解明し、がん免疫監視から免疫寛容を制御している分子基盤を明らかにすることを目指しています。

主な研究内容

全体の紹介がん微小環境でのT細胞活性化および抑制機構の解明がん微小環境での代謝と免疫応答の関連の解明がん微小環境へのT細胞浸潤機構の解明がん免疫療法でのT細胞応答モニタリングによる抗腫瘍免疫応答の本態解明